このページの先頭

介護老人保健施設 洛和ヴィラアエル

洛和ヴィラアエル

 

血液透析を必要とされる方もご入所いただける老人保健施設です

アエルとは…

アエル(AER)の語源はギリシャ語で「空気の」を意味します。「空気(普段は意識しないけれども、非常に大切なもの)のように、皆さまのお役に立てるように」との願いが込められています。

洛和ヴィラアエルがめざすユニットケア

「少人数ケア(介護)の本質を大切にしたい」

普通の生活を営んでいただくこと
リビング

介護施設という特殊な環境のなかで「どのようにすれば、普通の生活を営んでいただけるか」を常に考えています。お一人おひとりの考えや、これまでの生活習慣などを大切にし、おのおのの利用者さまが望まれる暮らしを営めるように、お手伝いさせていただきます。

なじみの顔ぶれのなかでの生活

各ユニットは12人を中心とする少数編成で、自分のペースで落ち着いた生活を送っていただけます。また、看護・介護職員もすべてユニットごとに配置され、いつもなじみの職員がケアを行いますので、安心して生活していただけます。

コミュニティーの形成を大切にします

利用者さまお一人おひとりが、各ユニットや地域という「コミュニティー」に解け込めるように、お手伝いします。リビングルームでの普段の何気ないおしゃべりやお食事、趣味などの時間、また地域交流行事など、一つひとつのきっかけを大切にして、社会との接点をつなぎます。

さまざまな行事や取り組み
  • ▲アートセラピーの取り組み

    週1回、グループでアートセラピーに取り組んでいます。出来上がった作品は、展示会にも出展しています。

  • ▲外出行事(琵琶湖方面)

    自然環境に恵まれた琵琶湖周辺に、よく出かけます。

  • ▲アエル・クリスマス会

    ボランティアさんに来ていただいて、音楽演奏をご披露していただきました。クリスマスにちなんで、喫茶のおやつは「クリスマスケーキ」と「イチゴのムース」です。

  • ▲アエル夏祭り

    遊びと食べ物の屋台が夏祭りの雰囲気を醸し出します。ご家族や地域の方々にもご参加していただきました。

  • ▲地域のみこし見物

    毎年、地域のおみこしが洛和ヴィラアエルの正面玄関前で旋回します。この時期ならではの地域交流です。

  • ▲アエル敬老会

    ボランティアさんによる演奏と情熱的なフラダンスをご披露していただきました。


プライバシーの確保はユニットケアの基本

リビング

居室は6室が個室(トイレ・洗面付き)で、4人室および3人室もパーティション家具で効果的に間仕切るなど、プライバシーを守る工夫が施されています。また、1人用浴室を各ユニットに配備しており、人の目を気にすることなく、のんびりと入浴をお楽しみいただけます。

※特殊浴槽・バスリフトも完備しており、さまざまな身体状況に対応できます。

安心の医療・介護体制(病院を母体とする安心感)

洛和会音羽病院の救命救急センター・京都ER、および、多種多様な専門診療科が急性期医療を担当します。また、洛和会音羽リハビリテーション病院や隣接する洛和会音羽記念病院が、回復期医療から慢性期医療に至るまでサポートします。

血液透析治療を受けながら安心して日常生活を過ごせます

血液透析治療を受けられている高齢者の方にも、介護を必要とされる一般の高齢者の方と同じように、医療と介護の両面から支援いたします。

下記のように、高齢のご家族の透析治療に不安を感じられている方は、お気軽にご相談ください。

  • 現在、介護保険をもっており、自宅から透析に通っているが、通院がつらくなってきた。入院するほどでもないけれど、どこか生活援助をしてくれる施設はないか。
    →透析治療と生活支援の両面で、医師、看護職員、介護職員、リハビリテーション職員、管理栄養士がお手伝いします。
  • 自宅で透析が必要な家族を介護しているが、自分の体調が思わしくない。一時的にでも家族を見てもらえるところはないか。
    →一時的な入所にも対応しております。(短期入所)
  • 認知症の透析患者でも入所できるところはないか。
    →認知症の方も利用できますので、ご相談ください。
  • いつまで入所できるのか。
    →当施設は、共同生活のなかで、普通の生活を営みながらリハビリを行い、在宅に復帰するための施設です。そのため原則として3カ月を限度に受け入れを行っていますので、ご理解ください。

※当施設は、腹膜透析を行っている方には入所いただけませんので、ご了承ください。

所定疾患施設医療費における治療の実施状況

介護老人保健施設において、入居者さまの医療ニーズに適切に対応する観点から、 肺炎や尿路感染症などの疾病を発症した場合における所定疾患の治療実施状況をご報告いたします。

2013(平成25)年度 76人
2014(平成26)年度 24人
2015(平成27)年度 31人

 

  • 看護ブログ

サイトマップ

交通アクセスマップ

詳しくはこちら

〒600-8461
京都市下京区仏光寺通油小路東入木賊山町171
075(353)5802(代)

ページトップ