このページの先頭

洛和会ヘルスケアシステムの介護サービスの特色

京滋地区の居宅介護支援事業所をはじめ、医療介護サービスセンター、京都市から委託を受けた2つの京都市地域包括支援センターおよび京都市中京区地域介護予防推進センターが総合窓口となり、洛和会ヘルスケアシステムの全介護サービス機関と綿密な連携を取りながら、個々の利用者さまに最適な介護サービスを提供します。

個別ケアを基本に、あらゆる介護ニーズに対応

洛和会ヘルスケアシステムの介護は、「ご自宅での生活と同じように過ごしていただける、利用者さまお一人おひとりの個性に合った個別介護」が基本です。
介護老人保健施設や介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)、グループホームなど、利用者さまが共同生活する施設サービスではユニットケアやグループ別ケアで、個別対応に近いサービスを行っています。

医療のバックアップで安心の介護

洛和会ヘルスケアシステムでは、介護部門を医療部門が全面的にバックアップしています。
往診や訪問看護など、全ての介護施設、在宅サービスにおいて、洛和会ヘルスケアシステムの医療ノウハウが生かされています。
介護施設内や送迎時の緊急事態に対応するため、定期的に普通救命講習を開催し、万一に備えています。
(⇒普通救命講習の記事はこちら)別ウインドウ

ノーマライゼーションに基づく支援

高齢者や障害のある方も、健常者と同じように当たり前の生活ができる社会をめざす「ノーマライゼーション」。
この考えに基づいて、利用者さまお一人おひとりが地域社会の一員として、住み慣れた地域で生活できるよう、支援を行っています。

チームで支える、地域に根ざした介護

洛和会ヘルスケアシステムの介護・医療関連の職員のみならず、地域の介護・医療関係者の方々と連携する“チーム”で利用者さまを支え、地域の皆さまとともに伝統文化を大切にする、地域に根ざした介護の提供をめざしています。

さまざまなアクティビティ ケアでQOL(生活の質)を向上

心を通わせ合うコミュニケーション手法

利用者さまお一人おひとりが歩んで来られた人生を尊重し、日常の生活のなかで、もてる力を発揮できるように、英国大学院公認のアートセラピストや音楽療法士、園芸療法の専門家による、さまざまなセラピーを積極的に活用することで、互いの理解を深め、心身の機能回復を図っています。

 

さまざまなアクティビティケアでQOL(生活の質)を向上
▲ アートセラピー

"らくわ体操"で転倒予防

転倒予防にもなる筋力トレーニングは、柔軟性や筋力を高めたり、バランス能力を向上させるだけでなく、心理面も活性化することがわかっています。洛和会ヘルスケアシステムでは運動療法士と作業療法士、理学療法士が協力して「らくわ体操」を創作。高齢者の皆さまの筋力アップを図り、介護の必要がない健康な体づくりをめざしています。

口腔ケアでQOL(生活の質)の向上

洛和会音羽病院の歯科医師・歯科衛生士と連携し、口腔ケアをケアプランのなかに積極的に組み込んでいます。
また、いつまでもおいしく食事をしていただくために「お口の健口体操」を行っています。

家族支援

介護をされているご家族への支援として、ご家族同士の情報交換や、スタッフへの相談が気軽にできる「家族交流会」を年に数回行っています。

地域に開かれた介護施設

介護老人福祉施設や介護老人保健施設には、毎年、数多くの小中学生が体験学習に訪れています。お昼時には食堂を一般に開放したり、地域の盆踊りや夏祭りの会場としても、利用いただいています。また、グループホームの入居者さまは、町内の一員として自治会の活動にも積極的に参加しています。

第三者評価が支える介護クオリティー

京都府で本格導入された、介護サービスの第三者評価の審査を試行段階から受け、サービスの質の向上に努めています。
審査の結果は、京都介護・福祉サービス等 第三者評価サイト別ウインドウで公開されています。

認知症ケアにおけるオピニオンリーダー

介護保険が導入される2年前の1998年、京都市内初のグループホームを山科区に開設しました。
認知症のある方とともにアットホームな「家」づくりを心がけ、家庭と変わらない生活を送れるように支援しながら、生きがいをもてることをめざし、着実に効果を上げてきました。
以来、この分野におけるオピニオンリーダーとして確固とした地位を築き、2004年には京都で開催された国際アルツハイマー協会の「第20回国際会議・京都2004」で運営・推進など、全面的に協力しました。
近年は、地域の方々や小中学生たちへの啓発活動として「認知症を考える会」と題し、絵本コンサートや講演会を開催しています。

  • 看護ブログ

サイトマップ

交通アクセスマップ

詳しくはこちら

〒600-8461
京都市下京区仏光寺通油小路東入木賊山町171
075(353)5802(代)

ページトップ