このページの先頭

丸太町リハビリテーションクリニック

体外衝撃波疼痛治療装置「ドルニエ Epos Ultra」について

当クリニックでは、体外衝撃波疼痛治療装置「ドルニエ Epos Ultra」を用い、リハビリテーション治療と組み合わせて、足底腱膜炎の治療を行っています。

体外衝撃波疼痛治療装置とは?

衝撃波治療装置といえば、腎臓結石の治療に使用する破砕装置が知られていますが、体外衝撃波疼痛治療装置もその一つで、体外から痛みの部分に衝撃波を当てて痛みの伝導を抑える治療装置です。

特に、保存療法を6カ月以上受けても効果がみられない難治性の足底腱膜炎の痛みを抑えるのに有効です。

2012(平成24)年から足底腱膜炎への治療が保険適用となり、それまでは保存療法または手術を選択するしかなかった患者さまに、治療の選択肢が増えました。

足底腱膜炎とは

足の裏に、膜のように張っている腱組織"足底腱膜"と骨の付着部で炎症が起きることで足が痛む病気です。
特に踵(かかと)の周辺が痛むことが多く、踵を地面に着けたときに強く痛みを感じます。ランニングやジャンプを繰り返し行うスポーツ選手に多い病気ですが、中高年の方でも、長時間の歩行や立ち仕事が原因となって発症します。

 

体外衝撃波疼痛治療の主な特徴

施術例
  • 低侵襲で安全かつ有効な治療です。
  • 麻酔の必要もなく外来で治療が可能です。
  • 予測される副作用が全くないわけではありませんが、その発生率は非常に低いです。
  • 治療時間は約30分程度です。
  • 傷跡が残りません
  • 薬剤を使わないので、スポーツ選手にはドーピングの心配がありません

 

※通常は1回の治療で効果がみられますが、場合によっては、3回ほど治療を行うこともあります。

※2回目の治療を行う際には、6カ月の間隔が必要となります。

 

費用について

5,000円(1割負担)~15,000円(3割負担)の治療費がかかります。

※施術料金のみ(診察料金、検査料金などは別途かかります)

※一度診察したうえで、適応の場合のみ予約できます。ドルニエの予約は、電話では受け付けておりません。

お問い合わせ

丸太町リハビリテーションクリニック

京都市中京区西ノ京車坂町12

TEL:075(802)9029

月~土曜日:午前8時30分~午後5時
※日曜日・祝日・年末年始(12月30日~1月3日)を除く

 

洛和メディカルスポーツ京都丸太町