リハビリ

部門紹介

リハビリテーションとは、病気やけが、加齢により、心身の機能が低下した状態になったときに、その能力の回復や維持、障がいの悪化予防を行うことです。日常の何気ない動作が不自由になったときに、「自分の力でできるようになりたい」と思うことは自然なことです。ほかの専門職種と連携・協力し、病気や障がいがあっても、住み慣れた街で自分らしく暮らしたいという思いを支援します。
洛和会ヘルスケアシステムでは、急性期から在宅支援、介護予防事業まで、医療部門と介護部門で幅広くリハビリテーションを展開しています。

 

配属施設

医療部門
病院(急性期~維持期)
クリニック(整形外科)
介護部門
介護老人保健施設
介護老人福祉施設
障害者支援施設
訪問リハビリテーション
短時間デイ(リハ特化型)
デイサービス
地域介護予防推進センター

 

スタッフ数<2015(平成27)年12月現在>

  • 理学療法士:148人
  • 作業療法士:50人
  • 言語聴覚士:20人

 

取得認定資格

  • 認定理学療法士
  • 認定作業療法士
  • 3学会合同呼吸療法認定士
  • 日本糖尿病療法指導士
  • 介護支援専門員
  • 認知症ケア専門士
  • 医療環境管理士
  • 福祉住環境コーディネーター2級
  • 手話通訳士
  • 日本医師会医療安全推進講座終了