歯科衛生士

部門紹介

歯科衛生士・歯科助手・歯科技工士が、歯科医師の指示のもとにそれぞれの業務に当たっています。
歯科衛生士は、外来での診療補助だけではなく、受診される患者さまの口腔内管理を計画的に行っています。入院中の患者さまの口腔ケアも担当しており、近年は、周術期管理やがん治療の支持療法・緩和ケアにも関わっています。
歯科助手は、診療介助が中心です。総合病院のなかでの業務であるため、患者さまの状態や治療に細心の注意を払い、業務を行っています。
歯科技工士は、有病者の歯科治療に関わる技工はもちろん、口腔外科の症例のサージカルスプリントやシーネの作製にも数多く携わっています。また、インプラントの技工物作製も積極的に行っています。

 

業務概要

歯科のなかで診療科が分かれており、歯科衛生士・歯科助手は、各診療科に分かれて業務を行っています。

口腔外科担当
口腔外科外来の診療補助、口腔外科入院患者の周術期口腔内管理と他科口腔内がん有害事象予防管理(外来患者)、歯科インプラント治療のアシスタントと口腔内メインテナンスを担当します。
歯科麻酔科担当
歯科麻酔科外来の診療補助と他科入院患者の口腔ケアや周術期口腔内管理、緩和ケアを担当します。
歯科技工士
技工物管理の全般を行います。院内作製に加え、外注業者と連携するための対応も行います。外科治療に使用する支援装置やインプラント技工、有病者の治療に必要なさまざまなタイプのマウスピースなど、技工物作製に関する全般を担当します。

どの診療科・職種も常に研さんし、勉強会やミーティングを行って情報共有をしながら、業務に当たっています。

 

スタッフ数<2015(平成27)年11月現在>

  • 歯科衛生士:12人
  • 歯科助手:4人
  • 歯科技工士:2人

 

取得認定資格

  • 日本歯周病学会認定歯科衛生士