創立70周年記念サイト創立70周年記念サイト

洛和会ヘルスケアシステムは「医療」「介護」「健康・保育」「教育・研究」の総合ネットワークです。

洛和会ヘルスケアシステム採用サイト洛和会ヘルスケアシステム採用サイト

教育研修 看護職

理念・方針・目標

洛和会ヘルスケアシステムの看護理念

  1. 一.患者の「その人らしさ」を第一に考え、倫理観とあたたかい視点を持ち、患者が満足できる看護を提供します。
  2. 一.地域との交流・連携を深め、医療と介護、地域を看護でつなぎます。
  3. 一.「気づき」、「考え」、「前進する力」を備えた看護職に成長します。
スローガン

「看護でつなぐ…」

目指す看護師像(育成したい看護師像)

「看て、触れて、考え、創造する看護師」

教育理念

  1. 1.看護の対象に人間性を重んじた温かくきめ細やかな関わりができる看護師を育成する。
  2. 2.看護を提供していく上で、自分の考え・判断を持ち、主体性のある看護師を育成する。
  3. 3.専門職としての自覚を持ち、自己の成長を心掛ける看護師を育成する。

教育方針

  1. 自らの経験を生かしながら、主体的に学び、学んだ内容をもとに、さらにより良い看護を創造する力を習得する。

教育目標

  1. 1.すべての看護職員が看護実践能力の維持・向上を図ることができる。
  2. 2.すべての看護職員がチームの一員であることを自覚し、チーム医療における役割を担うことができる。

看護師のイラスト

「個々の”なりたい”の実現」を支援する
ユニークな新人看護師育成制度

看護師としてのキャリアの第一歩

あなたの看護師としての夢を当会で実現してみませんか?
当会には、新卒訪問看護師育成制度をはじめ、あなたが成長できる教育・キャリア支援制度があります!!

(1)新人合宿研修

  • ・IPW(他職種連携協働)の実践の基盤を作り、チーム力・組織力の強化につなげます。
  • ・全職種の新人250人が入社日より5泊6日の合宿に参加し、学びと遊びを共有する中で仲間をつくります。

(2)新卒訪問看護師育成制度

新卒から訪問看護を目指し、2年間で訪問看護師として必要な専門性と総合力を養います。

地域包括ケアに対応できる総合力を身につけた訪問看護師を2年間で育成する制度です!
  • ・さまざまな看護の現場をローテーションし、経験を重ねられる仕組みを取り入れた洛和会ヘルスケアシステム独自の新卒者向け制度です。
  • ・高い目的意識と必要な知識や技術を備えた訪問看護師を育てるために、こまやかな教育計画を用意しています。
1年目 
ローテーションスケジュール(例)
2年目 
ローテーションスケジュール(例)
4月 内科系病棟 訪問看護
5月
6月
7月 訪問看護ステーション 訪問診療
8月 病院外来
9月 難病・障がい者病棟
10月 ICU/CCU・手術室・ERよりいずれか選択
11月 特定介護付き有料老人ホーム
12月
1月 外科系病棟 MSW 居宅 地域包括
2月 訪問看護
3月

新人の学びと成長をサポートするシステム

主な院内教育内容と部署でのサポート

新人看護師到達目標
  1. 1.助言を受けながら、日々の受け持ちの患者さんに安全で確実なケアを提供できる。
  2. 2.職業人としての自覚を持ち、倫理に基づいて行動することができる。
  3. 3.問題意識を持って、主体的に学習に取り組むことができる。
時期 集合研修 OJT(部署)・サポート
4月
  • ・新人職員合宿研修
    教育研修 全職種共通 >
  • ・新規採用者オリエンテーション、基礎看護技術研修(講義と演習)
  • ・電子カルテの取り扱い
1年を通して、担当のプリセプター・実地指導者があなたの成長をサポートします!
パートナーシップ・ナーシング・システムで、常に先輩看護師とともにケアを行います。 まずは、基本的な看護技術から習得していきます。
5月
  • ・ME機器の取り扱い (輸液ポンプ・シリンジポンプの基本操作と安全管理)
部署内研修で、部署特有の看護技術や検査についても学びます。
1回目、師長との個別面談(到達度を確認します。)

基本的技術の習得状況を見ながら、受け持ち患者数や重症度が上がっていきますが、常に、先輩看護師とともにケアを行います。

・夜勤オリエンテーション開始(一般病棟)
夜勤は、プラス1で入り、まずは、夜勤帯でのケアの流れをつかみます。2回の夜勤オリエンテーションを終え、独り立ち可能かどうかの評価を受け、独り立ちとなります。 夜勤の導入は個人に合わせて行います。
6月
  • ・心電図モニターの取り扱い (心電図モニターの基本操作と安全管理)
  • ・フォローアップ研修(振り返り) ※「振り返り」と呼ばれる定期的なピアサポートを合わせたリフレッシュ研修をこまめに行い、一人一人の状況を看護部全体で見守り、現場で通用する力と豊かな人間性を育むことを大切にしています。
7月
  • ・急変時シミュレーション
8月
  • ・褥瘡予防ケアと創部管理の基本
9月
  • ・フォローアップ研修(振り返り)
  • 2回目、師長との個別面談(到達度を確認します。)
12月
  • ・多重課題シミュレーション
1月
  • ・ケーススタディのまとめ方
2月
  • ・フォローアップ研修(振り返り)
3月
  • ・ケーススタディ発表会

(1)お姉さん制度(※)

※洛和会ヘルスケアシステムではプリセプター制度の名称を、「お姉さん制度」としています。

プリセプターは、いちばん身近な相談相手!!

さまざまな不安や疑問を抱く新人看護師を支えるのが、「お姉さん制度」です。
勤務経験3年目くらいの年齢の近い先輩が、新人看護師とペアを組んで、現場での指導を担当し、心配ごとや悩みなど、メンタル面もフォローアップ。安心して何でも相談できる存在です。 そして、勤務5~10年目の先輩看護師が、実地指導者として、専門知識や看護技術面をしっかりとフォローしてくれます。さらに、病棟スタッフも、あなたの成長をバックアップしてくれます。

プリセプター制度の図

(2)パートナーシップ・ナーシング・システムで先輩とともに、ケアを実践!!

パートナーシップ・ナーシング・システムの新人看護師に対するメリット
  • ・わからないことは、その場で先輩に相談できる!
  • ・お互いの知識や技術を補完できる!
  • ・協力しながら、効率的に仕事を行うことができる!

パートナーシップ・ナーシング・システム看護師の1日 >

(3)クリニカルラダーシステムについて

一人一人が仕事を通して能力を開発・育成でき、専門職として自己実現に向かって自己育成を図ることができるように、ラダーシステムを導入しています。

1)院内クリニカルラダーシステム

洛和会ヘルスケアシステムの病院部門における、人材の採用、育成、登用、キャリア開発、目標管理など、看護部門の総合的な人材開発を目的とし、階層別の看護実践能力、あるべき職務像と人材像について総合的観点から段階的に捉えた評価システムです。
洛和会ヘルスケアシステム共通のクリニカルラダーと各病院の特性を踏まえたキャリアラダーにより構成されています。

ラダーレベル

2)充実した院内研修

講師は、専門看護師、認定看護師、特定行為研修を修了した看護師!!

研修は、時間内に実施!! より実践に即した研修内容!!

事前学習はe-ラーニングを活用し、集合研修は、短時間でより実践的な内容(シミュレーションや演習中心)を行います。また、研修時間も参加しやすいように、勤務時間内の業務が一段落する時間帯に行っています。
e-ラーニング導入で、短時間で効率よく学べるようになり、研修参加がスムーズになりました。

[研修の様子]

【新人看護師対象研修】

看護技術演習

臨床現場で、実施する頻度の高い看護技術(採血、静脈留置、導尿、BLS、ポジショニングなど)を中心に、シミュレーターを用いて、実地指導者クラスの先輩看護師とともに、手技を確認します。

急変時の対応や多重課題などのシミュレーション研修

心電図モニター、輸液ポンプなどの医療機器の取り扱い

研修の様子1

【ラダーⅡ対象研修】

呼吸器系・循環器系・脳神経系などのフィジカルアセスメント

シミュレーターを用いて、実際に、視診、触診、聴診を行い、すぐに実践に生かせる研修

周手術期看護、人工呼吸器装着中の患者の看護、循環管理・体液管理の基本 など

研修の様子1

研修の様子2

【師長研修・主任研修】

洛和会ヘルスケアシステムの全師長・全主任がマネジメントなどについて共に学ぶ。

中堅看護師のスキルアップを支援する研修制度

当会では、新人看護師の教育はもちろん、中堅看護師のキャリア支援にも力を入れています!!

(1)中堅看護師スキルアップ研修制度

自己のキャリアは、自分で見て・聴いて・確かめて…決める!!

中堅看護師のキャリア支援を目的に、1カ月~3カ月間の他部署での実務研修を行っています。
例えば、このような中堅看護師にお勧めです!!

「他部署での経験を積んでみたい。でも、いきなり異動するのは勇気が…」
「あの病棟(部署)でどんな看護をしているのだろう? 見てみたい! 体験したい!」
「在宅で患者さんがどのように生活されているのか知りたい! そして、もっとスムーズな退院支援を行っていきたい!」

洛和会ヘルスケアシステムには、救命救急から急性期、慢性期、回復期、訪問看護、そして洛和会音羽病院に隣接する洛和会京都厚生学校には看護学科・助産師学科があります。 それら全てが研修場所です!!

【研修生の感想】
  • ・今まで関わることがあった部署でも、立場が変わると、どのような連携が必要なのかをあらためて考えることができ、勉強になりました。
  • ・慣れ親しんだ環境から一歩踏み出すことは勇気がいりますが、その一歩を踏み出すことで、さまざまな看護が学べ、看護の幅が広がりました。
  • ・部署に戻って、研修で学んだ経験を自分自身が生かすだけでなく、部署にも返し、全員で患者さんのケアの向上につなげていきたいと思いました。
  • ・自分の適性を確認することができました。勇気を出して、研修に行ってよかったと思います。

(2)洛和短期留学制度

全看護職員を対象に、短期間(1~3日間)、自部署で経験できない分野(看護・医療・教育分野)を、見学研修(シャドーイング)することで、今後の業務に生かすことができます。

洛和会ヘルスケアシステムのネットワーク特性を生かし、職種を越えてコミュニケーションを図ることで、幅広い視野を持つことができます。

【洛和短期留学制度 活用例】
  • 急性期の病棟に勤務する看護師が、介護部門(訪問看護ステーション、グループホームなど)へ 在宅でさまざまなサービスを受けながら生活しておられる患者(利用者)さんの様子を実際に見ることで、よりスムーズに在宅ケアにつなげていけました。

奨学金制度

看護師のキャリアを支援する奨学金制度・進学休職制度があります!!

(1)奨学金制度

  • ・認定看護師教育課程
  • ・認定看護管理者教育課程(ファースト、セカンド、サード)
  • ・特定行為研修
  • ・実習指導者研修
  • ・専任教員(看護専門学校教員)養成講習会

そのほか、進学休職制度を用いて、看護系大学院へ進学する人が多数います。

(2)当会で行っている研修

  • ・洛和学園 実習指導者講習会(2015年7月~)
  • ・特定行為研修(2015年10月~)
洛和会音羽病院 特定行為研修について >