洛和グループホーム

洛和グループホーム

グループホームとは

グループホームの正式な呼称は「認知症対応型共同生活介護」といって、少人数(9人以下)の"認知症"の方が、介護スタッフと "共同生活"をしている施設(家)です。
認知症により、これまでできていたさまざまなことができなくなったことで、家族(または第三者)の援助が必要となり、一人暮らしや家族との共同生活が非常に難しくなった方々のために用意された地域密着型サービスです。
認知症であっても、まだ残っている生活機能(能力)が多くあり、それらを引き出し、日々使うことによって、今までできなかったことが驚くほどできるようになることがあります。特に、ご自身のもっている能力がほかの人の役に立っていると感じることで、自尊心が保たれ、人や物や出来事に「なじみの関係」をつくりやすく、混乱することなく穏やかに暮らすことができます。
住み慣れた地域に溶け込んだ"グループホーム"での共同生活により、これまで同様に、安心して、その人らしく暮らし続けることができます。

ご利用いただける方

  • 施設の所在する市内・町内に住所を有する方
  • 介護保険認定で「要支援2」または「要介護1以上」の認定を受けた方
  • 「認知症」と診断された方
  • 常時医療行為を必要とされない方(詳しくは、よくあるご質問をご覧ください)

 

住み慣れたわが家のような共同生活

洛和グループホームでは「ともに支えともに生きる」をテーマに、専門スタッフとともに、家庭のような共同生活のなかで「その人らしさ」を引き出し、24時間365日生活支援を行います。
入居者さまそれぞれが個室をもち、スタッフと一緒に、食事づくりや洗濯、掃除、買い物などの家事をしたり、庭いじりや趣味に興じたりして、可能な限り、今までと変わらない暮らしを続けていただいています。
スウェーデンやアメリカといった認知症ケア先進国から、ユニットケアやバリデーションテクニックなどを取り入れて、常にケアの質向上に励んでいます。

家庭的な雰囲気での暮らし

共用空間(リビングなど)では、利用者さまが安心して過ごせるよう、ご家庭で使用されているような身近な家具などを配置しています。
居室には、入居される方がご自宅で使用されていた家具などを持ち込んでいただき、できる限りご自宅に近い環境になるように整えています。

 

地域の皆さんとともに

医療との連携

地域の協力医療機関や開業医、訪問看護ステーションとの連携を密に行い、利用者さまが安心して生活できるように、医療面でのサポートを行っています。また、ご本人やご家族が最期までグループホームで過ごしたいと希望された場合は、状況に応じて看取りケアを行っています。

地域との連携

ご近所のお店で買い物をしたり、町内会に入り、地域行事にも参加しています。また、支援を受けるだけではなく、地域の一員として、小学生の下校時の見守り隊などにも参加しています。

介護・認知症ケアのことならご相談ください

洛和グループホームでは、介護と認知症の専門知識をもった職員が地域の方が気軽に相談できる体制を整えています。また、地域の福祉の拠点としての活動を展開しています。職員の知識や経験を生かし、地域住民に向けて認知症サポーターの講座などを定期的に開催しています。

グループホームの入居に関するご相談はこちら

洛和会入居相談センター

0120(045)507
受付時間:午前9時~午後5時 ※日曜日・祝日を除く

お問い合わせ・資料請求

グループホーム一覧

洛和ヴィラ天王山