洛和会ヘルスケアシステム

洛和会ヘルスケアシステム トップページ


明るく元気な笑顔が大切
看護師

伊藤 紫帆

洛和会訪問看護ステーション西京桂

入社9カ月 前職/循環器呼吸器内科勤務

訪問看護師として働き始めて半年が経ちました。訪問先ではアセスメントして判断することや、提供・提案など、その場で求められることが大半ですが、困ったことやわからないことなどをほかのスタッフに相談する事ができ、安心して訪問することができています。

利用者さまとの関わりはもちろん、在宅で暮らしていくなかでさまざまなサービスや医療連携が必要であること、地域で支えていることの大切さを実感しています。日々の訪問で自分自身の役割を明確にし、利用者さまにとって、より良い在宅生活になるように、広い視野や視点から引き出して関われるようにしたいと思っています。病棟で経験したことや学びを最大限に生かし、訪問看護師としての経験を積み、新たな学び・成長ができるよう努めていきたいです。

[2016年3月記]

写真
紹介者からのメッセージ

訪問看護になり、まだ1年経っていないとは思えないくらい、ステーションになじんでいます。どんなケースの訪問も「行きますよ」と引き受けてくれて頼もしい限りです。利用者さまも伊藤さんのキラキラスマイルを待っていることでしょう。さらに研修などで看護の腕を磨きステーションを盛り上げる人材となってくれる事を期待しています。

[訪問看護事業統括 課長 二股 美由紀]


利用者さまの喜びの言葉や笑顔が本当に嬉しい
看護師

徳山 喜子

洛和会訪問看護ステーション桃山

入社11年目

前職/
・洛和会丸太町病院(急性期病棟)
・洛和会音羽病院(救命救急センター・京都ER)

訪問看護師になり1年未満であり、まだまだ分からないことがたくさんありますが、頼りになるスタッフに相談しながら解決しています。また、多種多様な研修に参加でき、病棟や救急外来勤務時には経験できなかった分野の疾患や技術などを学べるため、安心して仕事ができています。

訪問看護師は、利用者さまのご自宅に基本的に1人で訪問するため、不測の事態が起きた場合も、自身で判断・対応をしなければならない難しさがあります。しかし、利用者さまやご家族と一対一で接することができ、看護を通して、病院よりもより深い人間関係を築く事ができます。

訪問看護師として、安心して「その人らしい」生活を送っていただくにはどうすれば良いかを考え、看護を提供できる事にとてもやりがいを感じています。

[2016年3月記]

写真
紹介者からのメッセージ

何でも「学び」に変えて吸収して成長する姿は大変頼もしいです。そして、ERでの経験を活かして、利用者さまの健康状態からアセスメントし、悪化を予防しようと懸命に取り組んでいる姿はとってもステキです。

[訪問看護事業統括 課長 二股 美由紀]


 

■ほかの職員の声を見る