創立70周年記念サイト創立70周年記念サイト

お電話

メニュー

診療科・部門のご案内

放射線部

当院は透析を行う病院ですので、放射線検査など必要ないのではと思われる方もいるかもしれませんが、 そんなことはありません。たとえば胸部の撮影はとても大事な検査です。
透析の状態を観察するために心臓の大きさを測定したり、水のたまり具合を 観察したり、安全に透析を行うためには、とても大切な検査の一つです。
放射線部では安全に検査を行えるよう機器管理・線量管理を行っています。
現在は特に、清掃に重点を置き、
うつらない・うつさない・ひろげない!をモットーとしています。

スタッフ紹介

  • 診療放射線技師:3名
  • 所属長
    所属長
  • OP業務責任者
    OP業務責任者
  • 2020年入職
    2020年入職

診断装置

  • 一般撮影装置:1台(胸部・腹部撮影や骨の撮影)
  • 16列マルチスライスCT装置:1台(頭部・胸腹部のCT撮影・シャント造影CTなど)

    ※シーメンスヘルスケア社
    SOMATOM Scope

  • 外科用イメージ装置:1台(手術室でのシャント造影・治療など)

    ※GEヘルスケアジャパン社
    OEC9900

  • ポータブル撮影装置:1台(病室・OP室での撮影)

2019年の実績

  • 一般撮影:11,139件(約928件/月)
  • CT撮影:2,402件(約200件/月)
  • 透視下シャント血栓除去・PTA:695件(約58件/月)

所属長のひとこと

相井 勝

次長
相井 勝(あいい まさる)

透析患者さんは長時間の透析を週に何回もされています。空いた時間は大切です!

当部署の方針
  • 患者さんを待たせない!
  • 丁寧な仕事をする!
  • コミュニケーションをとり信頼関係を!

当院の透析は原則3クール体制(月・水・金)と2クール体制(火・木・土)です。
透析の開始時間に合わせ、早ければ朝6時頃から、遅ければ夜10時頃までスタッフが待機します。仕事の都合や家庭の事情があれば遠慮なくご相談ください。
安心して検査を受けていだだけるよう、日々取り組んでいます。「今は清潔重視!」です。

お問い合わせ

洛和会音羽記念病院 放射線部

TEL:075(594)8019(直通)

〒607-8116
京都市山科区小山鎮守町29−1



トモニンエルボシ


介護タクシー

介護用品レンタル