このページの先頭

洛和会丸太町病院

交通アクセス

薬剤部 院内のチーム医療・地域のチーム医療

薬剤師が専門性を生かし、積極的に参加することで、チーム医療に貢献しています。

医療安全管理委員会

全国の医療機関で報告された医療事故の約半数が、医薬品投与に関係するといわれています。薬剤師としての薬の知識を生かし、医師、看護師、コメディカルや事務職と協力して、医療の質と安全確保に取り組んでいます。
安全な薬物療法の提供のために、「医薬品の安全使用に向けて」と称した医薬品情報を、主に看護師を対象に、月3回発行しています。

褥瘡委員会

褥瘡(じょくそう)は、さまざまな原因で発生する皮膚潰瘍です。薬剤師は適切な薬剤の選択のアドバイスを行っています。

栄養サポートチーム(NST)

入院患者さまの栄養管理を行うために、栄養サポートチームを設立しています。薬剤師は、静脈栄養・経腸栄養・薬剤に関する提言を、医師・看護師・栄養士などに行っています。
また、栄養状態が悪いと褥瘡発生のリスクも高くなるため、栄養サポートチームと褥瘡チームが協力して活動を行っています。

糖尿病委員会

糖尿病医師、総合診療科医師、看護師、管理栄養士や臨床検査技師など、多数のスタッフとの協力により、クリニカルパスの作成、指導方法の向上をめざしています。

院内感染対策チーム(ICT)

主な活動内容として、ICT定期ラウンドへの参加による感染対策への助言を行っています。

病棟カンファレンス

薬物治療モニタリング(TDM)病棟で他職種(医師・看護師・理学療法士・医療ソーシャルワーカーなど)が参加するカンファレンスに薬剤師も参加することで、患者さまの状態を理解、治療方針を把握し、退院後の服薬管理も正しく行えます。

地域のチーム医療

薬剤管理指導(服薬指導)入院中に行った薬物治療についての大切な情報は、退院後も保険薬局やほかの医療機関・介護施設で継続して同じ治療ができるように、退院時服薬指導書(写真右)としてお薬手帳に詳細を記載し、連携をとっています。

サイトマップ




交通アクセスマップ

〒604-8401
京都市中京区七本松通丸太町上ル
075(801)0351(代)

詳しくはこちら

ページトップ