このページの先頭

洛和会丸太町病院

交通アクセス

医療技術部門(コメディカル)のご案内

洛和会丸太町病院の医療技術部門では、さまざまな医療技術者が働いています。専門知識と研さんを積んだ技術を生かし、医師・看護師と連携して、より質の高い医療をめざしています。

薬剤部

洛和会丸太町病院の調剤室として、医師の処方せんに従って、入院患者さま、外来患者さまの医薬品を調剤するとともに服薬指導および多種多様な医薬品情報を収集・提供しています。

薬剤師

処方された薬に関する副作用や、ほかの薬との相互作用などについて、患者さまの体質やアレルギー歴、これまでの服薬状況をまとめた記録と照合したり、個々の患者さまに合わせた服薬指導、薬物血中濃度の解析や医師への医薬品情報の提供を行っています。

薬剤部

 

リハビリテーション部

日常生活への復帰や社会的適応能力の回復を図るために、入院・手術後早期からはじめる「入院リハビリテーション」から、自宅に戻られた後の「通院リハビリテーション」「訪問リハビリテーション」まで、患者さまの状態に応じたリハビリテーションを行っています。

リハビリテーション部

理学療法士(PT)

病気やけがにより、日常生活に支障を来した方々に対して、起き上がり、 立ち上がり、歩行などの基本的な動作能力の回復を図るリハビリテーションを行っています。「運動療法」「物理療法」「日常生活活動訓練」などに加え、車いす、杖などの使用に関する助言なども行っています。

作業療法士(OT)

身体または精神に障害のある方や、それが予測される方に対し、機能回復・維持および開発を促すために、作業活動を用いて治療・指導・援助を行い、日常生活での自立から職場復帰までをサポートしています。

 

臨床検査部

当検査部では、痛みがなく、何度も検査を繰り返すことが可能である超音波検査において、心臓・腹部・全身の血管・体表領域など、さまざまな分野で、最新のエコー機器を用いて高精度の画像診断を提供しており、日本超音波医学会認定の超音波検査士、血管診療技師認定機構(日本血管外科学会・日本脈管学会・日本静脈学会の3学会構成機構)認定の血管診療技師の資格をもつ専門スタッフを中心に、迅速な対応を心がけています。また、心電図・心機図・脳波・肺活量検査および患者さまの血液・尿・喀痰(かくたん)などを用いて行う検体検査においても、正確で詳細な情報を提供しています。

臨床検査技師

心電図、脳波、肺機能、超音波検査など、身体の働きを調べる生理機能検査、血液、尿、喀痰などの成分を調べる検体検査、安全な輸血のための検査や血液製剤の管理、体の臓器や細胞を調べる病理検査を行い、病気の予防や医師が患者さまの身体の状態を知るのに必要な検査情報を提供しています。

 

CE部

CE部の業務として、医療機器の保守および修理、心臓カテーテルにおける医師のサポート、生命維持管理装置(血液浄化装置、補助循環装置、ペースメーカーなど)の操作および保守、データベースの作成および管理を経験豊かな臨床工学技士(Clinical engineer)が担当しています。

臨床工学技士

臨床工学技士とは、高度かつ複雑な医療機器の安全性や信頼性を確保するため、医学的な知識のみならず、工学的な知識と技術をもつ専門家です。医師の指示のもと、生命維持管理装置の操作を行うことができます。

CE部

 

放射線部

単純X線検査、X線CT検査、MRI検査、X線透視検査、骨塩定量検査などの画像診断に加え、カテーテルを使った心臓や四肢の血管内治療などのサポートを担当しています。また、CT、MRI装置は地域の先生方にも広くご利用いただけるよう、万全の体制を整えています。(24時間ご予約を承ります)

診療放射線技師

最新の装置を駆使し、安全に信頼性の高い画像を提供できるよう日々努力しています。医師、看護師とのチーム医療により、患者さまが検査や治療に専念できるよう心がけています。

 

栄養管理室

治療のうえで、健康を維持・増進するためにも欠かせない食事サービスの食事内容の管理、栄養管理・指導教育などに、管理栄養士・栄養士が取り組んでいます。

管理栄養士・栄養士

特定多数人に対して継続的に食事を供給する施設で、利用者さまの身体の状況、栄養状態、利用の状況などに応じた特別の配慮を必要とする給食管理および栄養改善上必要な指導などを行っています。

 

栄養管理部

サイトマップ




交通アクセスマップ

〒604-8401
京都市中京区七本松通丸太町上ル
075(801)0351(代)

詳しくはこちら

ページトップ