このページの先頭

洛和会丸太町病院

交通アクセス

冠動脈治療(PCI)

冠動脈の狭さくや閉塞に対しての治療には、薬剤による治療のほかに、胸を開けて外科的に行われる冠動脈バイパス術やカテーテルによる冠動脈形成術があります。技術の進歩により、多くの症例でカテーテル治療が可能になりましたが、症例によっては手術が適応となる場合もあります。

 

カテーテル治療とは、糸のように細いガイドワイヤーを冠動脈内に挿入し、それに沿わせてバルーン(風船)や補強材であるステント(金属の筒)を病変部まで誘導します。そして圧力をかけて病変を押し広げて治療を行います。

 


▲バルーン


▲ステント

病変を押し広げても、生体の修復反応により、再度細くなることがあります。これを「再狭さく」と言い、バルーンだけの場合は30~40%、ステント療法を行った場合でも20%程度の確率で起こります。最近は、その再狭さくを防ぐ薬剤を塗布したステントが主流であり、再狭さくを5%以下に抑えることができます。また、病変を削り取る治療法もあります。
病変の太さや形態、薬の問題などを考慮して、治療法を使い分けます。


▲血管内超音波(IVUS)により病変の詳細な状態を把握します

動脈硬化により細くなった血管医療後

サイトマップ




交通アクセスマップ

〒604-8401
京都市中京区七本松通丸太町上ル
075(801)0351(代)

詳しくはこちら

ページトップ