このページの先頭

洛和会丸太町病院

交通アクセス

透析シャント治療

 

透析を受けている方に、次のような兆候が見られた場合、血管エコーを施行します。

  • 透析効率の低下
  • 穿刺が困難になってきた
  • 拍動スリルの触知不能
  • 手足など末梢(まっしょう)の浮腫(むくみ)
  • シャント瘤が形成され、腫瘤が触知できる
  • 中心静脈の狭さく、閉塞による静脈圧上昇
  • スティール症候群(脱血による末梢側での循環障害)による手指の冷感

狭さくが認められれば、シャント血管を造影し、必要に応じてバルーンによる治療を行います。広げている時間は5分間程度ですが、痛みを伴うことがあります。

透析シャント治療

サイトマップ




交通アクセスマップ

〒604-8401
京都市中京区七本松通丸太町上ル
075(801)0351(代)

詳しくはこちら

ページトップ