学校紹介 学校紹介

学校紹介

温かな存在感のある看護師、助産師を育成

洛和会ヘルスケアシステムの全面的バックアップのもと「命への感性を磨いて、あたたかな存在感のある医療従事者を育てたい」という願いを込め、地域医療を担う看護師、助産師の育成支援をめざしています。

スクールガイド2021 スクールガイド2021

資料請求から、無料でお取り寄せいただくことも可能です

学校長あいさつ

共に歩めるのが楽しみです
学校長
松村 理司(まつむら ただし)
学校長 松村 理司(まつむら ただし)

2015(平成27)4月から洛和会京都厚生学校の学校長をさせていただいております。 1991(平成3)年に、市立舞鶴市民病院 副院長、2004(平成16)年に洛和会音羽病院 院長、2013(平成25)年に洛和会ヘルスケアシステムの病院の総長に就任しており、管理者生活は四半世紀に及んでおりますが、学校長は「初役」です。前期高齢者の仲間入りをしている身ですが、よろしくお願いいたします。

早速ながら、フロレンス・ナイチンゲールの『看護覚え書』を再読してみました。「おせっかいな励ましは患者のためにならない」との指摘は、至言だなと改めて思わされます。新しい看護論も少しはひもといてみたいものです。

20世紀の医療に比べて、21世紀の医療は切れ味が悪くなります。超高齢社会では、生活習慣病が疾病構造の中心になるからです。iPS医療が今後どれほど盛んになっても、生老病死に奇跡が起こるわけはありません。看護や介護の出番が増え続けるのは宿命です。 関連職員の方々や学生たちとしばらく共に歩めるのが楽しみです。

理念・沿革

理念・目的・目標

教育理念
豊かな人間性をもち、科学的思考を基盤とした、対象の立場を広く、深く判断し、対象の生き方と自立を支援する科学的看護の実践者の育成をめざす。
教育目的
人間を総合的に理解し、人間愛と人権意識に根ざした、対象から信頼される専門的パートナーシップを備えた看護職を育成する。 科学的看護の実践を行うために、必要な専門的知識および技能を身につけ、多様な対象の個別性に対応できるよう、知識を自ら探求し、解決していく姿勢をもった看護職を育成する。
教育目標
  1. 人間愛を基盤に、倫理観を備え、調和のとれた人間性を身につける。
  2. 科学的思考に基づいた看護が実践できる能力を養う。
  3. 専門職業人としての責任と役割を理解し、常に自己研さんする態度を養う。

沿革

1985(昭和60)年 京都府内で初の医療法人付属看護学校として開校(2年課程全日制 定員35人)
1992(平成4)年 第1看護学科(3年課程全日制 定員40人)開設 ・2年課程を第2看護学科とする
1994(平成6)年 第2看護学科の定員を40人に増員
2000(平成12)年 第1看護学科を看護学科とし、定員を80人(2クラス)に増員 ・第2看護学科を廃止
2004(平成16)年 看護学校創立20周年
2005(平成17)年 京都の看護学校で初めて、ISO9001:2000認証を取得
2011(平成23)年 助産学科・視能訓練士学科 開設 ・学校名を洛和会京都厚生学校へ変更
2014(平成26)年 学校法人への移行 学校法人洛和学園 洛和会京都厚生学校

電子カルテを使った授業

電子カルテは、これまで医師が手書きしていた紙のカルテを、パソコンなどを使い、データで記録するものです。 医師のオーダーが直接反映されるため、カルテの転記ミスによる医療事故のリスクが回避できます。また、看護師の雑務が軽減され、複数の部署が同時にカルテを見られることから、業務の能率アップを図ることができます。

現在、病院では電子カルテが主流になっています。 本校では、洛和会ヘルスケアシステムの病院で実際に使われている電子カルテを授業に活用しています。学生一人ひとりに、電子カルテを見るためのIDが発行され、看護記録をどのように入力するのかを実践的に学ぶことができます。

同時に、個人情報保護の重要性や、患者さんの病気や治療に関する守秘義務についても、しっかりと学びます。

IT環境(情報処理室)

IT環境(情報処理室)

情報処理室では、基本的なパソコンの使い方を学ぶ「情報処理」の授業や、電子カルテのトレーニングを看護実習に行く前に受けます。また、授業時間以外にも自由に使用することができ、レポートを書いたりインターネットで調べものをしたりと、いつも学生がパソコンに向かっています。

洛和図書館

洛和図書館
洛和図書館2
洛和図書館3
洛和図書館4

洛和図書館は、洛和会京都厚生学校に隣接しており、医療、看護、介護などに関する専門書や雑誌など、蔵書数は図書約10,000冊、雑誌約19,000冊にのぼります。洛和会音羽病院で働く医師や看護師などが利用していますが、医療についてわかりやすく書かれた本も多く、学生も自由に閲覧できます。 午前8時30分から午後5時まで司書が常駐し、学習や実習に必要な専門書を紹介したり、本の選び方の相談にのります。