スマートフォンの方はこちらから

学校法人 洛和学園 洛和会厚生学校

保護者の方へ

卒業後もステップアップ!
アフターケアも万全で、進路設計をバックアップします!

看護学科
本校を卒業した先輩看護師は、5年の現場経験を終えると、職場のリーダーとして活躍します。洛和会ヘルスケアシステムの病院、介護施設では、現在、本校の卒業生の30人が師長や主任など、現場の主要なポストについています。
また、日本看護協会の認定資格である「認定看護師」や「専門看護師」への推薦も受けられるようになります。卒業後すぐに大学へ編入する先輩や、保健師や助産師などの資格取得をめざす先輩看護師も多くいます。洛和会ヘルスケアシステムは自己研鑽(けんさん)を図る看護師に対して、さまざまな福利厚生でバックアップします。
最近の主な進学先・編入先:神戸大学、滋賀県立大学、神戸市立大学、滋賀県立看護大学

看護学科詳細

助産学科
正常な妊娠・出産・産褥(さんじょく)の支援は、医師がいなくても助産師だけで行えます。日本全国で助産師が助産院を開業し、活躍しています。また、病院・医院などに勤めている医師や看護師と協力して、産科病棟でも活躍しています。
産科医が減少するなか、助産師の活動に期待が寄せられており、病院のなかでも助産師外来や院内助産(院)など、助産師独自の仕事ができるように行政から支援を受けています。
また、思春期の性教育や更年期の保険相談、避妊の指導など、女性の生殖に関わる健康の支援にも取り組んでいます。
生命の誕生に関わる仕事なので、高い倫理観と知識・技術が必要です。母子の命に関わるため、責任も大きいですが、やりがいのある仕事です。

助産学科詳細

視能訓練士学科
視能訓練士の資格の取得後は、病院の眼科外来や眼科診療所に勤務することがほとんどです。多くの機器を備えた眼科が増えており、専門知識を有する視能訓練士の役割は大きくなっています。
学校で学んだ検査技術を、積極的に磨くだけでなく、日進月歩の医療技術、新しい機器の使い方なども、勉強会や学会に参加して身につけていきます。各専門分野の眼科学会をはじめ、視能訓練士学会の主催する卒後教育や地域の勉強会も開催されています。視能訓練士が何人もいる職場はまれですので、学会は、同窓会と出会い情報交換のできる楽しい機会でもあります。
臨床での5年の経験を経て、臨地実習施設の指導者として後輩の指導にあたる立場になります。また、視能訓練士養成施設で教育を担当する道もあります。

視能訓練者護学科詳細