高齢者あんしん相談センターとは

地域包括支援センターは、2005(平成17)年6月末の介護保険法改正に伴い創設された公的な相談機関です。
センターには「主任ケアマネジャー」「保健師(看護師)」「社会福祉士」の3つの専門職種が所属し、介護、医療、福祉というそれぞれの得意分野を生かし、連携を取り合いながら支援にあたります。

地域包括支援センターの業務内容は、大きく分けて以下の4つです。

1)総合相談・支援事業

2)介護予防ケアマネジメント事業

3)権利擁護事業

4)包括的・継続的ケアマネジメント支援事業

総合相談窓口

いつまでも元気に
自立した生活を支援します!
いつまでも元気
  • 要支援に認定された方の介護予防ケアプランを作成します。
  • 体力に自信がないけれど、いつまでも元気でいたい方の「介護予防の計画」を作成します。
相談したい
お気軽にご相談ください!
ご相談ください
  • 介護保険や区の保健、福祉サービスの相談・申請
  • 認知症の介護や予防、支援
  • 友だちをつくりたい
  • ご本人のほかご家族や地域の皆さまも、お気軽にご相談ください。

自分らしく暮らす
皆さまの権利を守ります!
権利を守ります
  • 悪質な訪問販売や消費者被害の防止
  • 認知症の方などへの成年後見制度の活用の相談
  • 高齢者虐待の防止・相談・対応
  • 財産管理や契約の相談
安心して暮らす
さまざまな方面から皆さまを支えます!
  • 住み慣れた地域で安心して暮らすために、ケアマネジャーへの助言や医療機関・行政などと連携して、皆さまを支えます。
皆さんを支えます

↑↑ このページの先頭へ戻る ↑↑