RAKUフォトコンテスト

~地域の皆様へ感謝を込めて~

洛和会ヘルスケアシステムでは、地域の皆さまへ感謝するとともに、
皆さまとのつながりをより深めるためにインスタグラムを通じて「RAKUフォトコンテスト」を開催します。
募集テーマに沿った写真をハッシュタグを付けて投稿いただき、優秀作品などに賞品を贈らせていただきます。

新型コロナウイルス感染症が拡大する中、当会の各施設では地域の健康と安心を守る拠点であり続けるため、
全職員が日々、全力で業務に取り組んできました。
そんな私たちを、温かい支援の輪で支えてくださった皆さまへ、感謝を込めた企画です。

多数のご応募をお待ちしております。

募集作品のテーマ

あなたの大切なもの

新型コロナウイルス感染症が拡大する中、外出を控えるなど生活を見直した人が多かったと思います。新しい生活スタイルの中で改めて感じた「あなたの大切なもの」を教えてください。モノでもあっても、コトであっても結構です。自由なスタイルで写真に撮って投稿してください。

<例えば…>子どもたちの笑顔、一家そろっての食事(バーベキューなど)、通学路の並木、貸し農園で家族そろっての収穫、スポーツ大会で頑張る子ども、勢ぞろいした孫たち、孫の描いた私の絵、マラソン大会でゴールする夫と息子…など、自由に何点でも撮って投稿してください。

賞 品

最優秀賞 1名 非接触体温計・体組成計・アロマディフューザーのセット 最優秀賞 1名 非接触体温計・体組成計・アロマディフューザーのセット
優秀賞 4名 洛和70thデジタル血圧計
山科賞 1名 もてなすくんグッズ

※画像・イラストはイメージです。

山科賞について

もてなすくん

今回のRAKUフォトコンテストでは、もてなすくん実行委員会さまにご協賛いただき、人気のもてなすくんグッズを賞品としてご提供いただきました。

※もてなすくんとは京野菜の山科なすをモチーフにしたゆるキャラです。
名前は「おもてなし」と「なす」から名付け、山科へお越しいただいた方をおもてなししています。

協賛
もてなすくん実行委員会
山科三条街道商店会(http://sanjokai.jp/
山科商店会(https://www.yamashina-shotenkai.com/

10月10日~12月26日もてなすくんクイズラリー開催中

もてなすくんクイズラリーチラシ1
もてなすくんクイズラリーチラシ2

応募方法

  1. 洛和会公式インスタグラムアカウント(@rakuwakai)をフォロー。

    STEP1

    フォロー

    STEP2

    # をつけて投稿

  2. ハッシュタグ「#RAKUフォトコンテスト」をつけて写真を投稿。
  3. 地元商品に応募したい場合は、ハッシュタグ「#山科賞」を追加する。
募集期間
2021年10月17日(日)~11月30日(火)

応募について

  1. お一人様、何回でもご投稿いただけます。
  2. 以下の場合、投稿を無効と致します。
    • アカウントが非公開
    • ハッシュタグがない、もしくは間違えている
    • 条件を満たしていない写真、投稿
  3. 投稿されたすべての作品の著作権は当会に帰属します。また、応募された方は投稿作品について、著作者人格権を主張しないことに同意するものとします。
  4. 未成年の方の投稿には、保護者の方の同意が必要です。投稿された場合は、同意事項のすべてに保護者が同意したものと見なします。
  5. 投稿は応募者ご本人が撮影された画像に限ります。
  6. 投稿にかかる通信料は、応募された方の負担となります。
  7. 作品内で確認できる対象物によって肖像権や著作権等の第三者の権利侵害があった場合、当会は一切責任を負いません。
  8. すべての投稿は、当会が広報・PR・広告宣伝等の用途に限り、作品の一部を修正または改変して無償で使用できるものとします。
  9. 投稿テーマの内容と合っていないもの、第三者の権利を侵害するおそれのあるもの、その他当会が不適切だと判断した作品は掲載を削除致します。

スマホで“映える”写真の撮り方

「これは映える!」と思って撮った写真が、イマイチだったことはありませんか? ちょっとしたコツを掴めば、意外と簡単にグレードUPできるかもしれません。ぜひお試しください!

1.構図のポイント

写真の印象を決めるのは、「構図」といっても過言ではありません。
ここでは取り入れやすく効果的な3分割法をご紹介します。

まず、スマホにグリッドを表示します。
設定アイコンから、カメラを選び、グリッドをONにすれば設定完了です。(機種によって多少異なります)

スマホにグリッドを表示スマホにグリッドを表示スマホにグリッドを表示
※画像はiphoneでの設定例です。

3分割法

設定したグリッドを活用します。
グリッドの交点(赤丸部分)に撮りたいものを配置します。ここを意識するだけでも、少しプロっぽい写真が撮れます。

他にも「○○構図」と名付けられた構図はたくさんありますので、興味のある方はぜひ調べてみてください。

2.視点を変えてみる

同じモチーフでも視点を変えるだけで、印象が変わってきます。

(1)真上から撮る

真上から撮る

(2)下から撮る

下から撮る

(3)引きで撮る

引きで撮る

(4)アップで撮る

アップで撮る

3.ピントは大丈夫?

ピントを合わせたい場所を画面上でタップします。
ピントが合った後は、なるべくスマホを動かさないように撮ります。
スマホのピント機能は大雑把なので、「ピントを合わせて撮る」を数回くり返すと、良い写真が撮れる確率がUPします。

4.露出補正機能を使ってみる(※対応していない機種もあります)

写真を撮る際、なんとなく暗い、明るすぎると感じる時は、露出補正機能を使ってみましょう。
画面をタップすると四角と太陽のようなマークが表示されます。全体を明るくしたければ太陽マークを上の方へ、暗くしたければ下の方へ移動させます。

以上、すぐ実践できる写真撮影のポイントを集めてみました。
写真にルールはありませんが、イメージ通りに撮れるとうれしいですね。 ぜひご活用ください!

お問い合わせ

洛和会企画広報部門
TEL:075(594)8488(午前8時30分?午後5時 ※日曜日・祝日を除く)
FAX:075(501)4583