このページの先頭

洛和会音羽病院

交通アクセス

CE部 業務概要

 

医療技術の提供

医師の指示の下、生命維持管理装置の操作・保守を行っています。

業務 概要(保守・操作対応) ※症例など
人工心肺業務 人工心肺装置、心筋保護装置、経食道超音波診断装置、自己血回収装置、不整脈治療装置、冷凍手術器、体外式ペースメーカー、心拍出量計、生体情報モニター、急速輸血装置 など
透析業務 持続的緩徐式血液浄化装置、個人用透析装置、RO装置、透析液溶解装置など
※HD、HDF、CHDF、DHP(薬物吸着、L-CAP、G-CAP、PMX)、PE、DFPP、腹水ろ過濃縮
カテーテル業務 IABP、PCPS、血管内エコー装置、ポリグラフ(多現象監視装置)、電気刺激装置、造影剤注入装置、体外式ペースメーカー、プログラマー(ペースメーカー)などの操作支援
ペースメーカ業務 体内式ペースメーカー・除細動器・交換支援、プログラマー など
※植込み・交換・緊急対応、ペースメーカー外来 など
内視鏡業務 上・下部消化管内視鏡関連装置
手術室業務 生体情報モニター、麻酔器、電気メス、超音波手術装置、電気刺激装置、手術用顕微鏡(脳外、整形、眼科)、内視鏡鏡装置(胸腔、腹腔)、手術台、血液ガス分析装置 など 
直接介助業務:手術清潔操作の支援
※全診療科に対応
 ⇒ 詳しくは「業務実績」へ
人工呼吸器業務 人工呼吸器(ベネット840、ザビーナ、ハミルトンC2、SLE5000、Bipapシリーズなど)、在宅用人工呼吸器 など

 

安全・品質・危機マネジメント

院内で使用される医療機器を、専用の管理ソフトウェアで運用しています。また、医療機器の定期的な点検の実施や、医療従事者への取り扱いなどの講習会も積極的に開催しており、安全性・機能性を含めた総合的な医療品質向上に取り組んでいます。
また、医療機器だけでなく、医療材料や医療設備などの経営資源が適切に投下・運用されるように、客観的な対応で支援しています。さらに、コストや診療報酬などの経営に参画し、病院経営の健全化に努めています。

業務 概要

医療機器管理業務

(システム登録台数:約2,000台)

購入支援 現状調査、仕様調査、試用管理、選定
貸出・返却管理 輸液ポンプ、人工呼吸器などの機器を貸出・返却管理
トラブル対応 クレーム対応、そのほか問い合わせに対応
保守管理 点検(購入時点検、始終業点検、定期点検、臨時点検など)、修繕、オーバーホール、保守計画
部材管理 定期消耗部品、そのほか部品
機器稼働管理 機器の稼働状況を管理
費用管理 修繕費用、部材費用、保守費用管理(Total Cost of ownership管理)、Sunk Cost(埋没費用)の低減
無線機器管理 生体情報モニター送信機のチャネル管理、無線機器の出力測定
マニュアル管理 取り扱い説明書、添付文書、メンテナンスマニュアル、カタログ
取り扱い教育・指導 操作者へ機器取り扱いの教育・指導を支援
購入予算管理支援 購入予算計画の支援
医療器具管理業務 病棟や手術室などで使用される医療用器具の修理や購入支援、トラブル対応
医療材料管理業務 手術室などで使用される医療材料の試用評価、選定・導入・購入支援
病院設備関連 医療用ガス・アウトレット・タンクなどの保守管理、トラブル対応
業者立ち会い管理 手術室、カテーテル室などへの業者の出入りを一括管理
広報活動 CE新聞による医療機器などの情報提供(毎月発行)、医療機器・器具に関する回収情報の把握、医療情勢の情報収集・調整など
養成校実習研修 臨床工学技士をめざす養成校の学生研修・教育
(年間を通じて受け入れ可能)
諸活動 各種委員会の参画(医療安全、感染、材料・医療機器購入など)、技士会活動、臨床工学技士養成校・看護学校非常勤講師、学会発表、業務改善支援など

 

サイトマップ




交通アクセスマップ

〒607-8062
京都市山科区音羽珍事町2
075(593)4111(代)

詳しくはこちら


京都府子宮頸がん検診啓発キャンペーン

ページトップ