このページの先頭

洛和会音羽病院

交通アクセス

放射線部 CT検査

 

CT装置は、X線を使って体の輪切り画像が撮影できる装置です。「コンピューター断層撮影装置」とも呼ばれています。

当院では、2013(平成25)年5月にDual Source CT(128列×2管球)を導入し、64列マルチスライスCTとの2台体制で検査を行っています。

Dual-Source CT「Definition Flash」について

▲CT概略図
90度方向に配置された管球と検出器

 

Definition Flashは、2つの管球と検出器が90度オフセットされた形で配置した最新鋭のCT装置です。

 

CTの2つの管球が、それぞれ異なるエネルギーを使用することにより、これまで困難であった物質の同定(特定すること)や分別が可能になっています。
物質の同定機能を利用することで、肺組織に取り込まれる造影剤の量が同定でき、肺梗塞の初期診断が可能になります。

物質の判別機能を利用すると、以前では分離困難であった、造影剤が取り込まれた血管と骨の判別が可能になり、1枚の画像上で表示できます。

 

このCTを利用することにより、医学的・技術的にもさまざまな検査の応用が可能になっています。


  • ▲物質の同定機能を利用した例

    肺動脈の梗塞により、肺組織内の造影剤の取り込みが低下し、肺梗塞が明瞭に抽出されている

  • ▲物質の判別機能を利用した例

    異なるエネルギーを使用して、骨折時に固定された金属を細かく同定した3D画像

  • ▲物質の判別機能を利用した例

    胸部から足先までの広範囲の血管と骨の3D画像

 

被ばくについて

▲操作画面上で患者さまの被ばく線量を確認できる機構

 

CT検査で一番の問題となるのは「被ばく」です。被ばくにも配慮して設計されたのがこのCT装置です。

被ばく線量は、「管電圧」と呼ばれるX線の強さ、「管電流」と呼ばれるX線の量、被ばくする部位(臓器)により決定します。

今回導入したCTは、管電圧と管電流を患者さまの体型や検査する部位によって適切に判断することにより、最適なX線を選択し、被ばくの低減を図っています。

また、2管球と128スライスを使用することにより、撮影時間を短縮し、被ばくを抑えつつ、高精細な画像を得る検査が可能になっています。

 

▲X-CARE

被ばくの影響を受けやすい眼(水晶体)を避けて検査する機構(矢印部分が、X線が照射されている部分)

▲心臓の冠動脈画像

被ばく線量を1mSv以下に抑えて作成(一般的には、10mSv以上の線量が必要な心臓CT検査)

 

対応疾患

主な部位

頭頸部、肺野、腹部、全身血管、冠動脈

 

主な疾患

脳出血、副鼻腔炎、肺疾患(悪性腫瘍、炎症、石灰化)、急性腹症、心疾患

 

検査費用の目安(3割負担の場合、診察料含む)

  • 単純CT検査・・・約5,400円
  • 造影CT検査・・・約9,700円

※費用は保険や諸条件により変動します。詳しくはお問い合わせください。

※この費用は、当院で検査を受けられた場合の金額です。国が定める診療報酬制度により、病院によって費用が異なりますので、ご注意ください。

 

検査の流れ・所要時間

  • 受付
  • 問診
  • 検査準備(約5分、造影検査の場合は注射を含めて約20分)
  • 検査(約5分、造影検査の場合は約10分)
  • CD・フィルム渡し
  • 会計

※検査部位・撮影範囲により、検査時間が延びる場合があります。

 

予約方法(医療関係者向け)

地域連携窓口で承っております。

⇒詳しくはこちら

 

よくある質問

Q:食事はどうしたらいいですか?

お腹の検査をする場合は、絶食する必要があります。検査の4時間前からの絶食が理想です。検査予約が午前中なら朝食を、午後からなら昼食を抜いてください。

ただし、水やお茶は飲んでいただいて結構です。そのほかの飲み物は、検査に影響する場合がありますので、お控えください。

Q:薬は飲んでもいいですか?

医師から特に指示がなければ、絶食をしている場合でも毎日飲む薬は必ず服用してください。ただし、糖尿病の薬の服用は、必ず主治医にご相談ください。

Q:CT検査とMRI検査とでは、どのような違いがありますか?

CT検査とMRI検査は、それぞれ違う原理(画像を作成する方法)で検査を行っています。CT検査は、放射線の一種であるX線を利用して、画像を作ります。MRI検査は、磁気と電波を利用して、画像を作ります。
それぞれに得意分野が異なっており、病気やけがの種類・患者さまの状態などから総合的に判断し、医師が検査を指示します。
一例を挙げると、けがをして関節の中にある靱帯などの柔らかい部分が傷ついた場合は、MRI検査の得意分野になります。CT検査は、けがをして骨折した場合などに使用します。
CT検査は、微量ではありますが、放射線を利用するため、妊娠している方の場合には、注意して検査する必要があります。また、MRI検査は磁気を利用するので、体内に金属がある方の場合には、注意して検査する必要があります。

Q:最新のCT検査でどのようなことが分かりますか?

心臓の冠動脈と呼ばれる血管の抽出が行えるようになっています。冠動脈とは、体内に血液を循環させる心臓に、栄養を届ける重要な働きを持った血管です。 この冠動脈が、細くなったり、詰まったりしてしまうと、心筋梗塞などの重大な病気を引き起こしてしまいます。

最新のCT装置では、心電図を同期し、心臓の動きを見ながらCT検査をします。これは、以前よりも早く検査ができるという、最新のCT装置の利点を利用したものです。
当院に導入しているCT装置は、2つの管球を使用する事により、より高速に心臓の血管抽出を行うことができます。

Q:CT検査は、どのような原理で画像をつくっていますか?

CT検査は、放射線の一種であるX線を利用して、画像を作成しています。
X線管と呼ばれる機械を用いて、X線を発生させます。このX線が、人体を通過する量を、検出器(カメラ)で感知し、特別なコンピューターで処理して画像をつくっています。
技術的な進歩により、白黒の輪切り画像も、さまざまな方向でつくることができます。
病気やけがの種類によっては、3Dのカラーの立体画像も作成できます。

サイトマップ




交通アクセスマップ

〒607-8062
京都市山科区音羽珍事町2
075(593)4111(代)

詳しくはこちら


京都府子宮頸がん検診啓発キャンペーン

ページトップ