このページの先頭

洛和会音羽病院

交通アクセス

放射線部 MRI検査

 

当院では磁気共鳴(MR)専門技術者(※)が検査を担当しています

※磁気共鳴(MR)専門技術者とは

解剖学・臨床医学の基礎知識を有し、MRI装置の性能を最高度に発揮させる教育を受けた専門技術者です。

3テスラMRI装置について

▲シーメンス社製3テスラMRI装置
 「MAGNETOM Skyra」

2013(平成25)年末に最新鋭高性能3テスラMRI装置を導入しました。これにより、最新3テスラ装置と高性能1.5テスラ装置の2台体制となり、今まで以上に精度の高い正確な検査を、少ない待ち時間で受けていただくことが可能となりました。

 

高画質、高精細な画像でより正確な検査を

「テスラ」とは磁力の単位です。磁気を使った健康商品などのCMで「○○ガウス」と言っているのを聞いたことがあると思いますが、「テスラ」は「ガウス」よりずっと大きな単位で、「1万ガウス=1テスラ」です。
MRI装置は、装置自体が大きく強力な超伝導磁石(リニアモーター新幹線と同じしくみ)になっており、この磁力が「3テスラ」あるのが3テスラMRI装置です。

MRI検査は、磁力の強さが画像の精度に関係しており、原理的には、3テスラMRI装置は、1.5テスラMRI装置の2倍のS/N比(=画質)を撮影することができ、3テスラMRI装置は、これまでの1.5テスラMRI装置よりも、さらに高画質・高精細な画像で、正確な検査を行うことが可能です。
※体内に金属が入っている方や、検査する部位によっては、1.5テスラMRI装置の方が適している場合があります。

  • ▲1.5テスラMRI装置の脳血管画像

  • ▲3テスラMRI装置の脳血管画像

    1.5テスラの画像に比べ、非常に細い血管まで観察できます。

  • ▲1.5テスラMRI装置の膝の半月板画像

  • ▲3テスラMRI装置の膝の半月板画像

    1.5テスラでは診断が難しいわずかな半月板損傷(丸印内に水平に見える白い腺)が観察できます。

 

広々とした検査スペース

3テスラMRI装置は、従来60cmだった患者さまが検査で入る穴の直径が70cmとなっています。

このため、非常に大きい体格の方でも検査が可能ですし、仰向けに寝るのがつらい方は、横向きで検査を受けていただけます。また、閉所恐怖症の方でも比較的安心して検査を受けていただけます。実際に検査を受けた閉所恐怖症の患者さまからは、「広くて明るいから大丈夫でした」というお声をいただいています。

さらに、快適に検査を受けていただけるよう、送風・照明コントロールを備えており、ご希望の患者さまはBGMを聞きながら検査を受けていただくことも可能です。

  • ▲体重100kgの大柄な男性(仰向け)
    まだまだ広さに余裕があります。

  • ▲体重100kgの大柄な男性(横向き)
    大柄な方でも横向きに寝ての検査が可能です。

  • ▲女性2人が並んだ場合
    女性なら2人並んでも入れる広さです。
    ※広さを表現するために2人で入っていますが、実際の検査では2人で入ることはありません。

  •  

 

明るい検査室内(LED照明)

LED電球にはADコンバーターという部品が内蔵されており、これから出る雑音がMRI検査に影響を与えるため、これまではMRI検査室の照明には使用できませんでした。このため、MRI検査室は常に薄暗いイメージがありましたが、当院の3テスラMRI検査室では、特殊な方式でLED照明を使用可能にしたため、非常に明るく、また、環境に優しい検査室になっています。
このページのトップへ

対応疾患

主な部位

頭頸部(血管含む)、全脊椎、上腹部、骨盤内臓器、関節、乳房

主な疾患

脳梗塞、椎間板ヘルニア、靱帯・半月板損傷、肝胆膵腫瘍、子宮・前立腺腫瘍

 

検査費用の目安(3割負担の場合、診察料含む)

  • MRI検査・・・約7,500円
  • 造影MRI検査・・・約11,500円

※費用は保険や諸条件により変動します。詳しくはお問い合わせください。

※この費用は、当院で検査を受けられた場合の金額です。国が定める診療報酬制度により、病院によって費用が異なりますので、ご注意ください。

このページのトップへ

検査の流れ・所要時間

  • 受付
  • 問診
  • 検査準備(約5分、造影検査の場合は注射を含めて約10分)
  • 検査(約20分、造影検査の場合は約30分)
  • CD・フィルム渡し
  • 会計

※検査部位、撮影範囲により検査時間が前後します。

 

予約方法(医療関係者向け)

地域連携窓口で承っております。

⇒詳しくはこちら

このページのトップへ

よくある質問

Q:何度も続けてMRI検査を受けても大丈夫ですか?

A:

大丈夫です。MRI検査は放射線を使いませんので、被ばくの心配はありません。そのため、経過観察の検査にも適しています。

Q:義歯・コンタクトレンズをしているのですが、外さないといけませんか?

A:

義歯は必ず外してください。
コンタクトレンズは、カラーコンタクトレンズのみ外してください。

Q:補聴器を外すと全く聞こえないのですが、外さないといけませんか?

A:

補聴器をしたまま検査を受けると、補聴器が破損します。
検査説明は補聴器をした状態で行いますが、検査時は必ず外してください。

Q:体内に金属を入れる手術をしたことがありますが、MRI検査を受けられますか?

A:

最近された手術でしたら、ほとんどの場合は検査が可能です。ただし、金属の影響で一部画像が不明瞭になる場合があります。しかし、昔された手術であったり、入っている金属の種類が不明な場合は、検査ができない場合があります。

手術を受けられた病院や医師にご相談ください。

なお、できるだけ安全に検査を行うために、体内金属のある患者さまの検査は、影響の少ない1.5テスラMRI装置で行っております。

Q:MRI検査を受ける前に食事をしてもいいですか?

A:

上腹部(肝臓、膵臓、胆嚢、MRCPなど)、骨盤部(子宮・卵巣、前立腺など)の検査のみ、絶食をお願いします。それ以外の部分でしたら、単純・造影どちらの検査の場合でも、食事をしても大丈夫です。

サイトマップ




交通アクセスマップ

〒607-8062
京都市山科区音羽珍事町2
075(593)4111(代)

詳しくはこちら


京都府子宮頸がん検診啓発キャンペーン

ページトップ