このページの先頭

洛和会音羽病院

交通アクセス

病理検査室

 

私たちは、病理診断科との連携のもと、細胞診スクリーニング、病理組織標本の作製などを行い、患者さまの疾病の診断・治療のうえで大きな役割を果たしています。知識と技術の維持・向上のため、各診療科および部門間でカンファレンスなどを行っています。
また、「特定化学物質・四アルキル鉛等作業主任者」を配置し、職場環境、健康面への配慮に努めています。

 

業務紹介

細胞診スクリーニング

細胞診とは、患者さまの体から採取された細胞を顕微鏡で観察し、異常の有無や種類を判断する検査です。主に、尿や喀痰、体腔液(胸水や腹水)に含まれる細胞や、病変部を綿棒で擦り採取した細胞、注射針で穿刺吸引した細胞などが検査の対象となります。細胞診は、検体採取時に患者さまの体への負担が比較的少なく、「がん」の早期発見には欠かせない検査です。
甲状腺などの穿刺吸引細胞診や気管支擦過細胞診などでは、病理検査技師が採取時に同席し、良質な標本作製に努めています。
当院では常勤の細胞診専門医の指導のもと、細胞検査士2人が検査を行っています。


  • 腺がん

  • 扁平上皮がん

  • ニューモシスチス・イロヴェチ

 

※写真にマウスを置くと大きく表示されます。

病理組織標本作製

病理組織診断とは、内視鏡検査や手術などで患者さまの体から採取された病変組織に対して、病理学的診断を行うことです。診断は病理医が行いますが、私たちはそのための組織標本作製を担当しています。
組織検体は、ホルマリンで固定後、病理医により適切な大きさに切り出され、検査技師が顕微鏡で観察できる染色標本を作製します。
また、病理医の指示により、免疫染色や特殊染色などを行っています。
術中迅速病理診断では、手術中に採取された組織の一部である体腔液などの細胞診検体を迅速に標本作製し、病理医の診断結果を10~15分で執刀医に報告しています。手術前に病理診断がついていない場合や、手術方針の決定、病変が取り切れたかどうかの確認などに、術中迅速診断は役立っています。私たちは、迅速かつきれいな標本作製を心掛け、正しい診断というゴールをめざして日々奮闘しています。

腎生検は、ネフローゼ症候群など、多くの腎臓病の診断に不可欠で、その標本作製には、特に高い技術や経験が必要です。私たちは病理医とともに腎生検の診断に積極的に取り組み、良質な標本作製に努めています。検体採取時には病理検査技師が手術室に出向し、適切に組織が採取されているかを腎臓内科医とともに顕微鏡で確認し、必要に応じて切り分け作業を行っています。

 


  • PAS反応

  • PAM染色

  • 蛍光抗体法

 

当院では、2級検査士資格を有した技師が、病理診断に適した標本作製を行い、組織標本判定会(※)にて日々技術の向上に努めています。

※組織標本判定会とは
病理医と臨床検査技師が、顕微鏡下にて、組織標本の適否を判定しています。薄切(切片の厚さ、メス傷などアーチフェクトの有無)、染色性(HEおよび特殊染色)などについて、ディスカッションしています。

病理解剖の介助

亡くなられた患者さまの死因・病因の究明を目的に、ご家族の承諾のもと行う病理解剖では、病理医の指導のもと、剖検介助、および標本作製を行っています。

 

サイトマップ




交通アクセスマップ

〒607-8062
京都市山科区音羽珍事町2
075(593)4111(代)

詳しくはこちら


京都府子宮頸がん検診啓発キャンペーン

ページトップ