このページの先頭

洛和会音羽病院

交通アクセス

京都口腔健康センター

 

京都口腔健康センターでは歯科のなかで診療科が分かれており、歯科衛生士・歯科助手は、口腔外科歯科麻酔科に分かれて業務を行っています。

 

所属長のひとこと

所属長 主席係長

村田 恵美(むらた えみ)

 

「歯医者さんはキライ」「歯科はこわい」という声をよく聞きます。痛みが無ければ敬遠されがちな歯科・口腔外科ですが、病気の早期発見や予防を行うことでお口の機能は健康に保つことができます。 当院では、二次医療機関として歯科が口腔外科と歯科麻酔科の2つの診療科に分かれており、各専門分野に精通した歯科医師が診療に携わっています。その診療補助や歯科医師の指示のもと行う予防処置を通じ、所属スタッフも、患者さまに安心して気持ち良く診療を受けていただけるよう専門性を高めながら、日々研さんに励んでおります。

 

それぞれの職種の仕事

歯科衛生士

口腔外科と歯科麻酔科の担当に分かれ、歯科医師の指示の下に、専門性に特化した歯科予防処置・歯科診療補助・歯科保健指導などの業務を行っています。また、専門的な立場から、口腔の健康を守るための助言と援助を行っています。

口腔外科担当口腔外科の診療補助・口腔外科入院患者さまの口腔内管理、がん治療中の口腔内有害事象の予防管理、インプラント周囲炎などの予防処置

外来での口腔外科処置の診療補助に加えて、口腔外科手術を受けられる患者さまの周術期口腔内管理を担当しています。また、歯科インプラント治療のアシスタント・口腔内メンテナンスも担当しています。そのほかにも、放射線療法や化学療法などのがん治療を受けられている患者さま(特に頭頸部)に起こりやすい口腔内有害事象(口内炎や粘膜炎など)予防のための口腔内管理を行っています。

 

歯科麻酔科担当歯科麻酔科の診療補助と入院患者さまの口腔ケア

歯科麻酔科では、歯科麻酔医が、障がいや認知症などのハンディキャップを有する方や恐怖心から治療の進まない子どもの歯科治療を、全身麻酔や静脈内鎮静法を使い行っています。

歯科衛生士は、その診療補助を行うほか、口腔ケアを通して当院に入院される患者さまが安心・安全で円滑な治療を受けられるよう、サポートを行っています。

 

歯科助手

歯科医師の指示の下に、歯科診療介助を行います。また、薬品の整理、使用する機器の準備・管理など、治療行為以外のさまざまな業務も担っています。

 

歯科技工士

技工物管理の全般を行います。院内作製に加え、外注業者と連携するための対応も行います。外科治療時に使用する支援装置やインプラント技工、有病者の方が身体の治療を受けるために必要なさまざまなタイプのマウスピースの作成など、各診療科との連携を取りながら、幅広い業務を行っています。

 

取り扱う主な機器

  • ぺリオウェーブ
  • メルサージュプロ

 

スタッフ(2017年6月現在)

  • 歯科衛生士:12人
  • 歯科技工士:2人
  • 歯科助手:4人

 

認定資格

  • 日本歯周病学会認定歯科衛生士:1人
  • 日本歯科麻酔学会認定衛生士:4人
  • 日本口腔インプラント学会認定専門衛生士:1人
  • 介護支援専門員:1人
  • 糖尿病療養指導士:4人
研修・学会発表

スタッフ全員で勉強会やミーティングを行い、情報共有をしながら業務に当たっています。また、学会での発表も積極的に行っております。

勉強会 勉強会
学会発表

2016(平成28)年の業務実績

歯科衛生士による口腔内管理患者数:9,471件

  • 予防処置:2,629件
  • 病棟口腔ケア:6,842件

サイトマップ




交通アクセスマップ

〒607-8062
京都市山科区音羽珍事町2
075(593)4111(代)

詳しくはこちら


京都府子宮頸がん検診啓発キャンペーン

ページトップ