このページの先頭

洛和会音羽病院

交通アクセス

薬剤部

 

薬剤師は専門である薬学的な立場から、薬物療法が有効かつ安全に行われるための責務を担っています。安全医療の推進、医薬品の適正使用が求められ、近年では業務も以下のように多様化しています。

 

調剤

調剤医師の処方せんに基づいて薬を調製することはもとより、用法・用量、相互作用、併用禁忌などのチェック、医師への積極的な疑義照会により有効性・安全性が確保できるようめざしています。

 

薬剤管理指導(服薬指導)

服薬指導薬物治療の有効性・安全性を確保するために、医薬品の用法・用量の適正化を図るとともに、 服薬説明・指導を通じて重篤な副作用や相互作用を回避または軽減するよう努めています。

 

医薬品情報管理

医薬品情報管理医薬品に関する情報収集を行い、医療従事者への適正な薬品情報の提供を通じて、医療 の向上と効率化を図っています。

 

院内製剤

院内製剤とは「患者の病態やニーズに対応するため、医師の求めに応じ、経済性あるいは安定性の面から市販されていない薬剤を薬剤師が院内で独自に調製し、製剤化している薬」を意味します。院内製剤の作成を通じて、市販の医薬品では対応できない患者さまの病態やニーズに応えることで、患者さまのQOL(Quality of Life:生活の質)の向上に寄与しています。

 

化学療法

化学療法当院では抗がん剤が有効かつ安全に使用されるよう、レジメン(投与する薬剤の種類や量、期間、手順などを時系列で示した計画書)の作成や管理を行っています。さらに、そのレジメンに基づき、個々の患者さまの状態に合わせた対応や副作用のモニタリングを行い、目標回数の化学療法が施行されるよう支援しています。また患者さまの治療に提供する抗がん剤は、私たち薬剤師が安全キャビネット内で迅速かつ安全に調整しています。

 

院内感染対策チーム

院内感染対策チーム医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師、事務職員などの医療従事者から構成される感染対策チームでは、定期的な会議や院内の巡回を行い、互いに情報交換をし合うことで、感染対策に努めています。
薬剤師は、抗菌薬や消毒薬の使用状況の把握や、抗MRSA薬のTDM(治療薬物モニタリング)による投与設計など抗生剤の適正使用の推進に取り組んでいます。

 

緩和ケア

主に一般病棟の患者さまを対象とした緩和ケアチームの活動も行っています。
疼痛などの身体的症状マネジメントのみならず、患者さまと、患者さまを支える方々のさまざまな苦痛の緩和をめざし、医師、歯科医師、看護師、理学療法士、作業療法士、歯科衛生士、管理栄養士、臨床心理士、MSW(メディカルソーシャルワーカー:医療相談員)など、多職種と協働しています。

また、知識の向上や緩和ケアの啓発を目的とした勉強会や交流会なども開催しています。

 

NST

NSTNST(栄養サポートチーム)は、主に医師、看護師、薬剤師・管理栄養士などの多職種から構成されるチーム医療の一つです。

薬剤師は患者さまの栄養管理状態を改善するために、カンファレンスや回診に参加し、食事・栄養剤、輸液の内容を見直したり、ビタミン・ミネラルの投与のアドバイス、患者さまの好みや嚥下機能に合わせた食事形態の提案などをしています。また、栄養に関する知識の向上を目的に、勉強会なども開催しています。

 

糖尿病療養指導

糖尿病療養指導当院薬剤部には、現在3人の日本糖尿病療養指導士が在籍しています。糖尿病チームに参画する薬剤師は、医師、看護師、管理栄養士、理学療法士などの他職種と連携し、月2回開催している糖尿病教室の講師を務めたり、糖尿病患者会の糖友会での年間行事の運営に携わっています。また、カンファレンスの場を通じて、日々患者さまにとってより良い糖尿病治療が提供できるよう話し合っています。

 

手術室 医薬品管理

手術室 医薬品管理当院の手術室では、薬剤部員が、手術用医薬品の使用量の確認と補充を毎日行っています。手術用医薬品を術式ごとにセットすることにより、医薬品の安全使用と、麻酔科医師・手術室看護師の負担軽減に努めています。

 

褥瘡(じょくそう)回診

形成外科医師、皮膚・排泄ケア(WOC)認定看護師、薬剤師、管理栄養士、理学療法士で、褥瘡対策チームとして院内回診を行っています。
この回診で、創傷としての褥瘡の診断・治療方針が決定し、リンクナース(褥瘡対策チームと病棟の看護師との橋渡し役)へ指示が出されます。診断・治療開始の場に立ち会うことで、薬剤師として外用薬の選択を提案することもあります。また、栄養不良患者さまへはNSTチームとも相互に協力して対策を講じています。

 

医療安全への取り組み

「クスリはリスク(危険)」という言葉があるように、医薬品はその使用方法を間違えると思いがけない医療事故をもたらしてしまいます。

当院では、医薬品が有効かつ安全に臨床使用されるよう「医薬品安全使用業務手順書」や「医薬品取り扱い基準」を整備しています。また、医療安全管理室と連携をとり、スタッフ向けに、医療安全研修会を毎月実施しています。

 

そのほかの取り組み

これまで紹介した取り組みのほか、腎臓病教室を開催するなど、CKD(慢性腎臓病)患者さまの薬物療法を支援したり、市民講座の講師を担当したりしています。また、症例検討会を実施し、より良い薬物療法の提供をめざしています。

 

所属長のひとこと

所属長次長

三浦 誠(みうら まこと)

 

患者さまの治療に使用される医薬品は年々増加する一方で、また、その効果や副作用は多種多様です。私たち薬剤師は、患者さまの薬物治療が有効かつ安全に行われるために、「薬の専門家」として日々患者さまの治療に携わっています。また、患者さまへのより良い治療が未来にわたり提供できるよう、病院薬剤師はもちろんのこと、薬学生の教育や薬学部との共同研究なども行っております。

 

スタッフ(2016年6月現在)

薬剤師:38人(非常勤3人)

  • 感染制御認定薬剤師:2人
  • がん薬物療法認定薬剤師:1人
  • 小児薬物療法認定薬剤師:1人
  • 日本糖尿病療養指導士:3人
  • 栄養サポートチーム専門療養士:2人
  • 京都糖尿病療養指導士:1人
  • 認定実務実習指導薬剤師:3人

 

薬剤助手:10人(非常勤5人)

薬剤部

取り扱う主な機器・設備

  • 全自動錠剤分包機
  • 散剤分包機
  • 処方・注射オーダリング・システム
  • クリーンルーム(垂直型層流方式、空気清浄度クラス1,000)
  • 自動薬袋発行機
  • 安全キャビネット

 

2015(平成27)年の業務実績

調剤関連業務
外来 内・外用薬処方せん枚数 15,512枚
注射薬処方せん枚数 424枚
入院 内・外用薬処方せん枚数 111,513枚
注射薬処方せん枚数 123,665枚
無菌製剤調整件数(内、抗がん剤関連件数) 2,908件(2,133件)
疑義照会実施件数 2,917件(処方変更率79.0%)
薬剤管理指導業務関連
服薬説明回数 9,722件
薬剤管理指導請求件数 7,748件
退院時指導加算件数 1,160件
麻薬管理指導件数 160件
薬物血中濃度解析件数 65件
教育関連
長期実務実習
受け入れ
1期:2人
2期:4人
3期:4人
早期体験学習
受け入れ
18人
共同研究数 6件

 

薬剤師の育成、専門性向上

薬剤師の育成医療技術が進歩し、次々と新薬が発売されるなか、患者さまに最良の医療を提供すべく、薬剤師は日々勉強を続けています。
薬剤部では、がん治療や感染症治療などのチーム医療へ貢献すべく、新人のうちからチーム医療に参画しながら教育を行っています。

スタッフ教育のみならず、当院は薬学生長期実務実習受入施設の認定を受け、複数の大学から薬学生を受け入れ、病院薬剤師をめざす学生が一人でも増えるよう、実務指導をしています。

 

また、当院と京都薬科大学は2013年3月に、当院の薬剤師および薬学生の教育を推進するために学術包括協定を締結し、共同研究などを通じた教育活動も行っています。

薬剤部

 

共同研究や日常の研究成果は学会で積極的に発表しています
第25回日本医療薬学会(神奈川)2015.11
「総合診療科病棟における退院支援カンファレンスでの取り組み」 福島 奈津美ほか
第25回日本医療薬学会(神奈川)2015.11
「救命救急病棟へ入院した患者における持参薬のコンプライアンス調査」 倉田 歩ほか
第25回日本医療薬学会(神奈川)2015.11
「アファチニブの使用状況と副作用管理」 櫻井 登代子ほか
第20回日本緩和医療学会学術大会(横浜)2015.6
「緩和ケアにおいて輸液の実施がもたらす浮腫リスクの指標探索」 齋藤 俊子ほか
第50回京都病院学会(京都)2015.6
「当院におけるベンゾジアゼピン系薬剤の処方実態について」 井村 成未ほか
第50回京都病院学会(京都)2015.6
「当院における調剤補助者(薬剤助手)教育の取り組み」 福島 奈津美ほか
日本臨床腫瘍薬学会2015(京都)2015.3
「G-CSF製剤のバイオ後発品への切り替えによる影響」 伴 具也ほか
第36回日本病院薬剤師会近畿学術大会(和歌山)2015.1
「当院における簡易懸濁法の実態調査」 湊悠衣ほか
第29回日本静脈経腸栄養学会学術集会(横浜)2014.2
「脂肪乳剤の投与速度と検査値変動の関係について」 尾濵 直子ほか
第29回日本環境感染学会総会学術集会(東京)2014.2
「当院における抗緑膿菌活性を有するβラクタム系抗菌薬の処方動向について」 永山 浩司ほか
第35回日本病院薬剤師会近畿学術大会(京都)2014.2
「当院における院内製剤『中性リン酸緩衝液』の使用実態」 岩内 大佑ほか
第61回日本化学療法学会西日本支部総会(大阪)2013.11
「PK-PD理論に基づいたSBT-ABPC投与が高齢者の臨床検査値へ及ぼす影響」 三浦 誠ほか
第23回日本医療薬学会(仙台)2013.9
「PK-PD理論に基づいたPIPC-TAZ投与が高齢者の臨床検査値へ及ぼす影響」 藤 裕美ほか
第1回日本糖尿病協会療養指導学術集会(京都)2013.7
「片麻痺で知覚神経障害を有する患者へのインスリン自己注射指導」 起塚 美沙ほか
第28回日本環境感染学会総会学術集会(横浜)2013.3
「職員に対する感染予防啓蒙活動に向けての取り組み ~感染防止対策加算1を取得して~」 三浦 誠ほか

 

 

サイトマップ




交通アクセスマップ

〒607-8062
京都市山科区音羽珍事町2
075(593)4111(代)

詳しくはこちら


京都府子宮頸がん検診啓発キャンペーン

ページトップ