このページの先頭

洛和会音羽病院

交通アクセス

ドクターカーの要請について

当院では、24時間365日態勢でドクターカーを運用しています!

ドクターカー専用ホットライン(救命救急センター京都ER直通)
075(593)4165
  • ドクターカーの出動要請は、原則として医師からの要請のみとしております。
  • 一般の患者さまからの要請は受け付けておりません。

地域の安全を確保する中心施設としての洛和会音羽病院に。

ドクターカー各種医療資器材を搭載した高規格救急車です。
医師、看護師、救急救命士が同乗して、救急車内から高度な処置を継続して病院へ搬送します。

ドクターカーの出動範囲・条件

  • クリニックや診療所などの一次医療機関から洛和会音羽病院への病院間搬送
  • 二次医療機関(救急告示病院)から洛和会音羽病院への病院間搬送
  • 山科区および伏見区の醍醐・石田地域ならびに隣接する地域で、往診中の医師からの要請で、緊急に洛和会音羽病院へ搬送する必要があるとき
  • 消防機関からの要請で、救出に時間を要する救助事故や集団災害が起こったとき

 

ドクターカーの要請について

  • ドクターカーの出動要請は、原則として医師からの要請のみとしております。
  • 一般の患者さまからの要請は受け付けておりません。
  • ドクターカーの出動要請をされる場合は、上記専用ホットラインに電話し、患者さまの情報を当院ER担当医師にお伝えのうえ、ご相談ください。

 

ドクターカー運行部署発足について

「救命医療の質の向上」を目指す洛和会音羽病院 救命救急センター・京都ER内に、救急救命士が所属する“救命救急部”が発足しました。
業務として、診察時の救急看護補助業務を行いながら、医師・看護師と連携して、以下の使命を果たして行きます。

  • 地域の医療機関と連携をとりながら、ドクターカーを運用し、地域の救急医療環境の充実を目指します。
  • 大きな災害などの発生時に、京都府や京都市から要請を受け、現場に医療チームを派遣し、 効果的な救急医療を行います。
  • 公設の救急隊員たちへのさまざまな研修機会の提供を通じ、プレホスピタル・ケアの充実に貢献します。
  • 市民の皆さまや職員への応急手当講習会を通じ、バイスタンダーの重要性を啓発します。

 

所属長のひとこと

所属長課長

桑南 伸行(くわみなみ のぶゆき)

 

2015(平成27)年4月1日から救命救急部が発足し、ドクターカー運用がより充実した体制となりました。
24時間・365日、洛和会音羽病院 救命救急センター・京都ER内に救急救命士を配置し、近隣の医院、診療所などの関連施設や他病院から洛和会音羽病院への搬送依頼などにリアルタイムに対応できるようになりました。

 

救命救急部

サイトマップ




交通アクセスマップ

〒607-8062
京都市山科区音羽珍事町2
075(593)4111(代)

詳しくはこちら


京都府子宮頸がん検診啓発キャンペーン

ページトップ