お電話

メニュー

当院について

施設基準など

洛和会音羽病院は保険医療機関であり、保険医療機関および保険医療養担当規則に基づき、下記の通り提示いたします。

1.当院における看護職員の勤務体制について

当院は厚生労働大臣が定める基準による看護を行う保険医療機関で、地方厚生(支)局長より「急性期一般入院料1」「特定集中治療室管理料4」「救命救急入院料1」「認知症治療病棟入院料1」「脳卒中ケアユニット入院医療管理料」「地域包括ケア病棟入院料2」の承認を受けております。

看護職員などの配置について

  1. 急性期一般入院料1【2A・3A・4A・5A・1D・2D・3D・4D病棟】
    常時、入院患者の数が7またはその端数を増すごとに、1以上の看護職員を配置
    ※看護職員の時間帯ごとの配置人数は別途各病棟に掲示
  2. 特定集中治療室管理料4【ICU/CCU病棟】
    常時、入院患者の数が2またはその端数を増すごとに、1以上の看護師を配置
  3. 救命救急入院料1【2B病棟】
    常時、入院患者の数が4またはその端数を増すごとに、1以上の看護職員を配置
  4. 認知症治療病棟入院料1【2C病棟】
    常時、入院患者の数が20またはその端数を増すごとに、1以上の看護職員(内、2割以上が看護師)、入院患者の数が25またはその端数を増すごとに、1以上の看護補助者の配置
  5. 脳卒中ケアユニット入院医療管理料【SCU病棟】
    常時、入院患者の数が3またはその端数を増すごとに、1以上の看護師の配置
  6. 地域包括ケア病棟入院料2【3C病棟】
    常時、入院患者の数が13またはその端数を増すごとに、1以上の看護師の配置、入院患者の数が25またはその端数を増すごとに1以上の看護補助者の配置

2.従業員以外の者による看護(付き添い看護)に関する事項

当院では、患者さんのご負担による付き添い看護は不要です。ご家族の方で付き添いを希望される場合は、院内付き添い基準がありますので、主治医または病棟師長にご相談ください。

3.給食に関する事項

当院は、厚生労働大臣の定める入院時食事療養/生活療養(Ⅰ)に関する基準の適合病院であり、地方厚生(支)局長に届け出を行い、食事の質向上に努めております。入院患者の皆さんに提供するお食事は、その病状に応じて医師および管理栄養士が管理にあたり、配膳については、適時(夕食:午後6時)に行い、また適温での提供を行っております。
そのほか、特別メニュー(松食・竹食)については、自費負担にて実施しております。

4.当院が届出している施設基準について

当院は、厚生労働大臣の定める以下の施設基準の適合病院として、地方厚生(支)局長に届け出を行い、当該施設基準にかかる医療を提供しております。

  • 急性期一般入院料1
  • 特定集中治療室管理料4
  •  
  • 脳卒中ケアユニット入院管理料
  •  
  • 救命救急入院料1
  •  
  • 認知症治療病棟入院料1
  •  
  • 地域包括ケア病棟入院料2
  •  
  • 小児入院医療管理料4
  •  
  • 総合入院体制加算3
  • 超急性期脳卒中加算
  • 診療録管理体制加算1
  • 医師事務作業補助体制加算1(20対1)
  • 急性期看護補助体制加算 50対1
  • 看護職員夜間配置加算2(16対1)
  • 療養環境加算
  • 無菌治療室管理加算1
  •  
  • 精神科身体合併症管理加算
  • 栄養サポートチーム加算
  • 医療安全対策加算1
  • 感染防止対策加算1
  • 患者サポート体制充実加算
  • 褥瘡ハイリスク患者ケア加算
  • ハイリスク妊娠管理加算
  • ハイリスク分娩管理加算
  • 総合評価加算
  • 呼吸ケアチーム加算
  • 後発医薬品使用体制加算2
  • 病棟薬剤業務実施加算1
  • 病棟薬剤業務実施加算2
  • データ提出加算2
  • 入退院支援加算1
  • 精神疾患診療体制加算
  • 短期滞在手術等基本料1
  • 高度難聴指導管理料
  • 喘息治療管理料
  • 糖尿病合併症管理料
  • がん性疼痛緩和指導管理料
  • がん患者指導管理料イ
  • がん患者指導管理料ロ
  • がん患者指導管理料ハ
  • 糖尿病透析予防指導管理料
  • 院内トリアージ実施料
  • 地域連携小児夜間・休日診療料1
  • 地域連携夜間・休日診療料
  • 開放型病院共同指導料
  • がん治療連携計画策定料
  • 肝炎インターフェロン治療計画料
  • 薬剤管理指導料
  • 医療機器安全管理料1
  • 在宅患者訪問看護・指導料及び同一建物居住者訪問看護・指導料
  • 持続血糖測定器加算及び皮下連続式グルコース測定
  • HPV核酸同定検査
  • 検体検査管理加算Ⅱ
  • 心臓カテーテル法による諸検査の血管内視鏡検査加算
  • 時間内歩行試験
  • ヘッドアップティルト試験
  • 補聴器適合検査
  • ロービジョン検査判断料
  • 長期継続頭蓋内脳波検査
  • 神経学的検査
  • コンタクトレンズ検査料1
  • 小児食物アレルギー負荷検査
  • 内服・点滴誘発試験
  • センチネルリンパ節生検(単独法)
  • センチネルリンパ節生検(併用法)
  • CT透視下気管支鏡検査加算
  • 画像診断管理加算2
  • 遠隔画像診断
  • ポジトロン断層撮影・コンピューター断層複合撮影
  • CT撮影及びMRI撮影
  • 冠動脈CT撮影加算
  • 外傷全身CT加算
  • 心臓MRI撮影加算
  • 乳房MRI撮影加算
  • 小児鎮静化MRI撮影加算
  • 抗悪性腫瘍剤処方管理加算
  • 外来化学療法加算1
  • 無菌製剤処理料
  • 心大血管疾患リハビリテーション料(Ⅰ)
  • 脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ)
  • 運動器リハビリテーション料(Ⅰ)
  • 呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)
  • がん患者リハビリテーション料
  • 認知症患者リハビリテーション料
  • リンパ浮腫複合的治療料
  • 認知療法・認知行動療法
  • 医療保護入院等診療料
  • エタノール局所注入(甲状腺)
  • エタノール局所注入(副甲状腺)
  • 下肢末梢動脈疾患指導管理加算
  • 人工腎臓1
  • 導入期加算2及び腎代替療法実績加算
  • 医科手術時間外加算1
  • 医科手術深夜加算1
  • 医科手術休日加算1
  • 組織拡張器による再建手術(乳房(再建手術)の場合に限る)
  • 後縦靱帯骨化症手術(前方進入によるもの)
  • 脳刺激装置植込術(頭蓋内電極植込術を含む。)及び脳刺激装置交換術
  • 脊髄刺激装置植込術及び脊髄刺激装置交換術
  • 緑内障手術(緑内障治療用インプラント挿入術(プレートのあるもの))
  • 緑内障手術(水晶体再建術併用眼内ドレーン挿入術)
  • 網膜付着組織を含む硝子体切除術(眼内内視鏡を用いるもの)
  • 網膜再建術
  • 経皮的冠動脈形成術(特殊カテーテルによるもの)
  • 乳がんセンチネルリンパ節加算1(併用法)
  • 乳がんセンチネルリンパ節加算2(単独法)
  • ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建手術(乳房切除後)
  • 経皮的中隔心筋焼灼術
  • ペースメーカー移植術及びペースメーカー交換術
    リードレスペースメーカー
  • 両心室ペースメーカー移植術及び両心室ペースメーカー交換術
  • 植込型除細動器移植術及び植込型除細動器交換術及び経静脈電極抜去術
  • 両室ペーシング機能付き植込型除細動器移植術及び両室ペーシング機能付き植込型除細動器交換術
  • 大動脈バルーンパンピング法(IABP法)
  • 内視鏡下下肢静脈瘤不全穿通枝切除術
  • 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む)
  • バルーン閉塞下逆行性経静脈的塞栓術
  • 腹腔鏡下肝切除術
    部分切除及び外側区域切除
  • 腹腔鏡下膵腫瘍摘出術
  • 腹腔鏡下膵体尾部腫瘍切除術
  • 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術
  • 腎腫瘍凝固・焼灼術(冷凍凝固によるもの)
  • 腹腔鏡下膀胱悪性腫瘍手術
  • 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術
  • 人工尿道括約筋植込・置換術
  • 輸血管理料Ⅰ
  • 自己生体組織接着剤作成術
  • 人工肛門・人工膀胱造設術前処置加算
  • 胃瘻造設時嚥下機能評価加算
  • 麻酔管理料(Ⅰ)
  • 麻酔管理料(Ⅱ)
  • 高エネルギー放射線治療
  • 保険医療機関間の連携による病理診断
  • 病理診断管理加算1
  • 児童思春期精神科専門管理加算
  • 入院時食事療養/生活療養(Ⅰ)
  • 口腔病理診断管理加算1
  • 地域歯科診療支援病院歯科初診料
  • 歯科外来診療環境体制加算
  • 地域歯科診療支援病院入院加算
  • 歯科治療総合医療管理料
  • 在宅患者歯科治療総合医療管理料
  • 歯科口腔リハビリテーション料2
  • 精密触覚機能検査
  • 手術用顕微鏡加算
  • 歯科手術時間外加算1
  • 歯科手術深夜加算1
  • 歯科手術休日加算1
  • 口腔粘膜処置
  • 歯根端切除手術
  • 手術時歯根面レーザー応用加算
  • 歯周組織再生誘導手術
  • 上顎骨形成術(骨移動を伴う場合に限る)(歯科)、下顎骨形成術(骨移動を伴う場合に限る)(歯科)
  • 広範囲顎骨支持型装置埋入手術
  • レーザー機器加算
  • クラウン・ブリッジ維持管理料
  • う蝕歯無痛的窩洞形成加算
  • CAD/CAM冠
  • 歯科技工加算
  • 歯科矯正診断料
  • 酸素の購入単価

5.明細書無料発行の原則義務について

当院では、医療の透明化や、患者さんへの情報提供を積極的に推進していく観点から、お支払いをされる方には、個別の診療報酬の算定項目のわかる明細書を発行しております。明細書には、使用した薬剤の名称や、行われた検査の名称が記載されるものですので、その点をご理解いただき、ご家族の方が代理で会計を行う場合の代理の方への発行を含めて、明細書の発行を希望されない方は、会計窓口にてお申し出ください。
また、公費負担医療費の受給者(全額公費負担の患者さんを除く)で医療費の自己負担のない方についても、2018年4月1日より無料で明細書を発行することが原則義務とされました。

6.入院医療費について(DPC算定病院)

当院は、入院費医療費の算出方式に関し、包括評価方式(患者さんの疾病および診療内容に応じ、1日当たりの医療費を算出する方法)を導入しております。
ただし、入院目的および診療内容により、出来高方式(診療行為ごとに医療費を算出する方法)になる場合もございます。

7.地域支援病院について

当院は、2015年8月31日付で京都府知事より「地域医療支援病院」の承認を受けました。これまで以上に地域の医療機関と連携・協力しながら医療の質とサービスの向上に努め、皆さんに信頼される病院として地域医療に貢献してまいります。

8.初診に係る選定療養費

ほかの保険医療機関などからの紹介によらず、当該病院に直接来院した患者さんについては、初診にかかる費用として5,400円を徴収させていただきます。

9.再診に係る選定療養費

当院からほかの医療機関にご紹介したにもかかわらず、患者さんのご都合により当院に再来される場合2,700円徴収させていただきます。

10.先進医療について

当院では、先進医療技術について、厚生労働省より実施承認を受けております。
先進医療は、保険未収載であり、以下の承認されている先進医療は自己負担(自費)となりますが承認されている項目以外の診察料等は保険診療の対象となります。

多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術 ¥480,000

11.特別の療養環境の提供(室料差額)について

当院は、健康保険法の定める特定療養費の規定に基づいた、療養環境の向上に努めております。以下の病室への入室をご希望されます場合には、1日につき下記の料金をご負担いただくことになります。なお、主治医が治療上必要と認めた場合や院内感染防止のためなど、病院の都合により当該病室に入室された場合、室料差額はいただきません。(表示金額は消費税込み)

個室料金

¥43,200 特別室 D409号室
¥21,600 準特室 D110号室、D111号室、D203号室、D204号室、D308号室、D309号室、D408号室
¥16,200 個室A A414号室、A415号室、D207号室、D208号室
¥10,800 個室B A302号室、A303号室、A304号室、A305号室、A306号室、A307号室、A308号室、A314号室、A315号室、A403号室、A404号室、A405号室、A406号室、A407号室、A408号室、A410号室、A501号室、A502号室、A503号室、A504号室、A505号室、A506号室、A508号室、D106号室、D107号室、D108号室、D109号室、D116号室、D209号室、D210号室、D211号室、D212号室、D213号室、D312号室、D313号室、D411号室、D412号室
¥8,640 個室C A215号室、A216号室、A227号室、A310号室、A311号室
¥7,560 個室D A223号室、A224号室、A225号室、A226号室
¥4,320 個室E C303号室、C304号室
¥1,080 個室F C203号室、C204号室、C205号室、C206号室
¥2,160 準個室
(4人部屋)
A214号室、A217号室、A228号室、A316号室、A317号室、A318号室、A322号室、A416号室、A417号室、A421号室、A422号室、A514号室、A515号室、A521号室

12.金属床総義歯について

総義歯の床に使用する材料に関し、金属を使用する場合は、その種類に応じて、下記の金額をご負担いただくこととなります。
(下記の金額の一部は保険給付の対象となり、差額は自費負担となります)

金属床による総義歯(金合金) 1床あたり ¥324,000
金属床による総義歯(チタン合金) 1床あたり ¥270,000
金属床による総義歯(コバルトクロム合金) 1床あたり ¥216,000

13.保険外負担について

以下の日常生活品およびサービスの提供に関し、その利用品目や利用回数に応じた料金(実費相当額)をご負担いただくこととなります。

(表示金額は消費税込み)

病衣 1日につき ¥110
食事特別メニュー(松) 朝・昼・夕 ¥130・¥360・¥360
食事特別メニュー(竹) 朝・昼・夕 ¥130・¥170・¥170
紙オムツ L 1枚につき ¥280
紙オムツ M 1枚につき ¥220
紙オムツ S 1枚につき ¥170
長時間尿とりパット 1枚につき ¥110
尿とりパット(ワイドタイプ) 1枚につき ¥110
尿とりパット 1枚につき ¥110
リハビリパンツ L 1枚につき ¥280
リハビリパンツ M 1枚につき ¥220
リハビリパンツ S 1枚につき ¥170
ボンボンベッド(付添者用) 1日につき ¥440
寝具一式(付添者用) 1回につき ¥650
院内宿泊施設利用料 1泊につき ¥1,080
付き添食 1食につき ¥650
洗濯代 1回につき ¥810
診察券(紛失の場合) 1枚につき ¥330
ホームケアブラシ(柔らかめ) 1本 ¥170
T字帯 1枚 ¥250
イヤホン 1個 ¥324
松葉杖の貸し出し   ¥5,000
死後処置料   ¥16,200
セカンドオピニオン 30分 ¥10,800
診断書(病院所定診断書) 1通 ¥3,240
自賠責保険診断書 1通 ¥3,240
自賠責保険診療明細書 1通 ¥3,240
京都市交通災害診断書 1通 ¥1,080
生命保険診断書 1通 ¥4,320
簡易保険診断書 1通 ¥4,320
領収証明書 1通 ¥1,080
身体障害者診断書 1通 ¥5,400
身体障害者年金診断書 1通 ¥6,270
健康保険出生手当金請求書 1通 ¥3,780
死亡診断書 1通 ¥5,400
学校生活管理指導表(心疾患/腎疾患/アレルギー疾患/糖尿病) 1通 ¥1,080
登校/登園に関する意見書(登校/登園許可証/治癒証明) 1通 ¥540
与薬/服薬に関する意見書(与薬指示書/服薬指示書) 1通 ¥540
食物アレルギー児における食品除去のための診断書・意見書(新規) 1通 ¥1,080
食物アレルギー児における食品除去のための診断書・意見書(更新) 1通 ¥540

そのほか、実費請求分についてご不明な点がございましたら、A棟/B棟1階の総合受付までお問い合わせください。

14.手術に関する事項

特掲診療料の施設基準にかかる届出術式実施件数は以下の通りです。
(対象期間:2017年1月1日~2017年12月31日)

頭蓋内腫瘤摘出術など 20件 バセドウ甲状腺全摘(亜全摘)術(両葉) 6件
黄斑下手術など 309件 母指化手術など 5件
鼓室形成手術など 1件 内反足手術など 0件
肺悪性腫瘍手術など 30件 食道切除再建術など 2件
経皮的カテーテル心筋焼灼術 83件 同種死体腎移植術など 0件
靭帯断裂形成手術など 10件 区分4に分類される手術の件数 376件
水頭症手術など 36件 人工関節置換術 82件
鼻副鼻腔悪性腫瘍手術など 0件 乳児外科施設基準対象手術 12件
尿道形成手術など 3件 ペースメーカー移植術および
ペースメーカー交換術(電池交換含む)
47件
角膜移植術 0件 冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺を使用しないものを含む)
および体外循環を要する手術
97件
肝切除術など 19件 経皮的冠動脈形成術
  • 急性心筋梗塞に対するもの:3件
  • 不安定狭心症に対するもの:11件
  • そのほかのもの:44件
子宮附属器悪性腫瘍手術など 6件
上顎骨形成術など 70件 経皮的冠動脈粥腫切除術 0件
上顎骨悪性腫瘍手術など 4件 経皮的冠動脈ステント留置術
  • 急性心筋梗塞に対するもの:37件
  • 不安定狭心症に対するもの:51件
  • そのほかのもの:281件

15.分娩件数などに関する事項

当院は、ハイリスク分娩管理加算の施設基準に適合している旨を、地方厚生(支)局長に届け出ております。つきましては、年間分娩件数、配置医師数および配置助産師数を下記の通り掲示いたします。

年間分娩件数(2017年1月1日~2017年12月31日) 418件
配置医師数(産婦人科) 7人
配置助産師数 17人

洛和会音羽病院 院長

〒607-8062
京都市山科区音羽珍事町2



  • 075(593)4111
  • 外来受付時間

    午前8時20分~正午
    午後1時~午後3時30分※診療科により受付時間が一部異なります。

    詳細
  • 面会時間

    午前8時~午後9時30分

    詳細

介護タクシー

介護用品レンタル