このページの先頭

洛和会音羽病院

交通アクセス

院長からのごあいさつ

「地域との連携に向けて」

院長写真利用者さまに安心、信頼を感じていただけるよう、地域の皆さまと幅広いネットワークを構築しています。


厚生労働省は来るべき超高齢化社会に対応すべく、病院の機能分けを数年前から打ち出しており、その方針は与党が変わろうが変化しそうにありません。
2025年には4人に1人が75歳以上になると試算されているのは事実で、病院、特に急性期病院は病院でしかできない治療に専念しなさいという御上の方針はおおむね間違ったものではないと考えています。
わが洛和会音羽病院はその中で高度急性期病院をめざし既に動き始めています。具体的な方策としては難易度の高い手術や悪性腫瘍に対する手術を増やすなど治療の密度を上げ、かつ平均在院日数を短縮する。すなわち、地域との連携パスなどを充実させていき、病院ならではの治療が終了して状態が落ち着いた患者さまはご紹介いただいた医療機関にお返ししてその後のフォローアップをお願いする、といったことです。
当院としましては今後も地域の皆さまのニーズに応え、質の高いヘルスケアサービスを提供し、信頼していただけるように精進していきますので、これからもよろしくお願い申し上げます。

 

洛和会音羽病院 院長 二宮 清(にのみや きよし)

サイトマップ




交通アクセスマップ

〒607-8062
京都市山科区音羽珍事町2
075(593)4111(代)

詳しくはこちら


京都府子宮頸がん検診啓発キャンペーン

ページトップ