このページの先頭

洛和会音羽病院

交通アクセス

救急のご案内

洛和会音羽病院が救命救急センターに指定!

救急救急

洛和会音羽病院は、2012(平成24)年3月30日に、厚生労働省の基準をクリアし、京都府から「救命救急センター」に指定されました。

「救命救急センター」とは、複数の診療科の対象となる重症重篤な患者を含む、全ての救急患者に対して「24時間365日体制」で高度な救急医療を担う、「3次救急医療機関」として指定された施設です。

重篤な患者さまの受け皿を担う3次救急医療機関として、地域の方々や周辺医療機関と連携し、救急医療を充実させ、今後も一丸となって応えていけるよう、頑張ってまいります。

 

⇒ 救命救急センター・京都ER


救急医療の体系

  • 1次救急・・・初期救急として、外来診療を中心に、比較的軽度な救急患者への対応
  • 2次救急・・・初期救急では、対応が困難で入院が必要な救急患者への対応
  • 3次救急・・・重症重篤な救急患者への、24時間体制で高度な医療の提供

洛和会音羽病院「救命救急センター・京都ER」

洛和会音羽病院が「救命救急センター」に指定されたことに伴い、京都ER救急救命センターの名称を救命救急センター・京都ERに変更しました。

京都市山科地区はもちろん、名神京都東インター横という立地から、京都南インター、大山崎インター、さらに京滋バイパスに及ぶ京都全域、また湖西道路を結ぶ救急医療病院の拠点としての役割を果たします。

お問い合わせ 075(593)4111(代)

循環器救急

狭心症、急性心筋梗塞、急性心不全などの突然の心臓発作には、専門医の迅速な診断、治療が不可欠です。
洛和会京都血管内治療センター・心臓内科」および「心臓血管外科」が協力し、両科の長所を生かして、より質の高い医療を提供できる体制を整えています。

小児救急

子どもが急に熱を出したときや、異物をのみ込んだときなど、いざというときにどうすればいいのか困った経験のある方は多いものです。

当院では、ニーズの高い、休日や夜間の小児救急を行い、地元はもちろんのこと、京都府外からも数多くの患者さまを受け入れています。

⇒ 小児科

急性期の脳卒中にも対応

脳卒中は、早く正確な診断をくだし、早く適切な治療を行うほど、良い治療結果が期待できます。

診断に必要なCTやMRIが24時間365日稼動する当院では、血栓溶解療法(t-PA療法)を行っており、超急性期の脳卒中に即座に対応することで、早期発見・早期治療をめざします。

日本救急医学会専門医指定施設

当院の救命救急センター・京都ERは、救急専門医の育成もできる高度な技術・体制をもっていることが認められ、日本救急医学会救急科専門医指定施設に認定されています。

日本救急医学会の専門医になるためには、専門医指定施設で3年以上の臨床修練を行うことが条件の1つにあげらてれいます。

救急医療機能を取得

高度な救急医療機関にふさわしいスタッフ、医療、設備を備えた病院として、2007(平成19)年1月に日本医療機能評価機構から「救急医療機能」に認定されました。

広域災害支援

当院は「広域災害救急医療バックアップセンター」に登録しています。災害時に、迅速かつ的確な医療救護活動を実施するために必要となる受け入れ可能患者数、医療スタッフ要請状況などの広域災害医療情報について、全国の都道府県システムと連動しており、地域災害だけでなく、広域災害に対する支援体制も整えています。
大規模災害救助用救急車を導入し、救援物資の搬送や拠点救命活動の対応も行います

⇒ 詳しくはこちら

トリアージナース

洛和会音羽病院 救命救急センター・京都ERでは、救急車以外で来院された患者さまに対して、問診と観察を行って病態を予測し、緊急度から患者さまの診察の優先順位を決定する「トリアージナース」を配置しています。
トリアージとは「優先割り当て」の意。緊急度に応じて、より適切な医療を提供するためのシステムです。

ACLS講習会

人工呼吸、心臓マッサージ、除細動などの1次救命処置に対して、気道挿管、薬剤投与といった高度な心肺蘇生法を駆使する2次救命処置がACLSです。当院では、職員が少しでも地域の救命救急に役立つように、定期的にACLS講習会を開催し、地域の医療機関の医師や看護師、救急救命士とともに、救命処置を学んでいます。

サイトマップ




交通アクセスマップ

〒607-8062
京都市山科区音羽珍事町2
075(593)4111(代)

詳しくはこちら


京都府子宮頸がん検診啓発キャンペーン

ページトップ