このページの先頭

洛和会音羽病院

交通アクセス

看護教育について

看護師募集中!
365日24時間保育対応。新卒・既卒者はもちろん、ママさん看護師も大募集。

クリニカルラダーシステム

2006(平成18)年度より導入し、看護師の臨床実践能力を評価し、質的向上と専門職としての役割遂行が高められるよう、支援体制を強化しています。2017(平成29)年度には、日本看護協会版「看護師のクリニカルラダー」(下記表)に準拠して洛和会ヘルスケアシステムの5病院で評価基準を統一しました。

レベル 定義
基本的な看護手順に従い必要に応じ助言を得て看護を実践する
標準的な看護計画に基づき自立して看護を実践する
ケアの受け手に合う個別的な看護を実践する
幅広い視野で予測的判断をもち看護を実践する
より複雑な状況において、ケアの受け手にとっての最適な手段を選択しQOLを高めるための看護を実践する

ラダーレベルに基づいた研修体制

1. ビギナーナース(新卒看護師対象の必修研修)

若葉マーク新卒の看護師には、レベルⅠ「基本的な看護手順に従い必要に応じ助言を得て看護を実践する」の認定にふさわしい能力を獲得するための支援として以下の必修研修を行っています。

2017年度の必修研修

  • 感染防止対策について
  • 医療安全対策について
  • 看護技術演習1
  • 看護技術演習2
  • 看護技術演習3
  • 看護技術演習4
  • 電子カルテ操作1
  • PNS®について
  • 看護必要度
  • 輸液ポンプ、シリンジポンプの取り扱い
  • 心電図モニターの取り扱い
  • 急変時シミュレーション
  • 褥瘡予防ケアと創傷管理の基本
  • 救急カートの薬品と取り扱い
  • 多重課題シミュレーション
  • ケーススタディのまとめ方
  • ケーススタディ発表会

※詳しくは「ビギナーナース(新卒看護師)必修研修[PDF(94KB)]」をご覧ください

2. レベルⅡナースのための実践能力強化研修

レベルⅠの認定を受け、レベルⅡ「標準的な看護計画に基づき自立して看護を実践する」へのステップアップをめざす看護師、あるいは、レベルⅡで実践能力の向上に努めている看護師には、以下のような選択研修を用意しています。

2017年度上半期の選択研修

  • 呼吸器系のフィジカルアセスメント(基礎編)
  • 脳神経系のフィジカルアセスメント(基礎編)
  • 呼吸器系合併症予防のためのポジショニングと気道ケア
  • 循環器系モニタリング(致死的不整脈の判読とリスク回避)
  • 知識と根拠に基づいた正しいインスリンの使用と患者指導
  • 周術期看護①:手術に伴うリスクファクターの術前アセスメント
  • 周術期看護②:全身麻酔手術患者の安全管理/術直後ケアを含む

※詳しくは「レベルⅡナース選択研修(平成29年度上半期)[PDF(94KB)]」をご覧ください

研修風景 研修風景

この研修では、テーマに応じた事前・事後課題を提示し、明確に学習目標が達成できるよう学習者のレディネスを整えるための支援をしています。また、院内のエキスパートナースが講師となり、参加型のシミュレーション研修を駆使し、明日からの看護実践に取り入れられる内容に工夫しています。

3. レベルⅢ以上のナースの学習支援

レベルⅢ以上では、各々のキャリア目標や役割に合わせて、E-learningを計画的に活用できるよう豊富な内容を用意しています。レベルⅢ以上の看護師に求められる実地指導者や教育担当者の役割に関する内容は必修研修として用意しています。

専門看護師や認定看護師の資格取得をめざす看護師には、奨学金制度を利用して長期研修を受けられる体制が整備されています。

新人看護師の教育体制 ~プリセプター制度~

新人看護師の教育体制として、プリセプター制度を導入しています。新人看護師は採用後1年間、担当のプリセプターによる支援と実地指導者からの評価・指導を受けることができます。

さらに、2017(平成29)年度からは、看護体制をパートナーシップ・ナーシング・システム®に変更したことにより、経験の浅い看護師も「二人三脚型」の看護提供でパートナーのスキルを実践的に学べるよう、教育体制を補強できる看護実践の実現に、日々取り組んでいます。

E-learningの導入と活用 ~院内研修(off-JT)とOJTの連動を強化~

Eラーニングイメージ2017(平成29)年度より、常勤・非常勤を問わずすべての看護職員に『学研ナーシングサポート/ナーシングメソッド』のIDを付与し、「それぞれのタイミングで、個々の課題や関心に応じて」学習ができるよう、E-learningを導入しました。

ナーシングメソッドの活用により、根拠に基づいた看護技術をいつでも臨床場面で確認しながら提供することが可能になりました(ネット環境を整備)。

また、ナーシングサポートは基礎習得コースや中堅コース、管理者コースなど幅広い医療・看護に必要な最新テーマが用意されているので、個々のモチベーションに応じた学習の展開に役立てることが可能です。

洛和会音羽病院では、特に、ビギナーナース、レベルⅡナースの院内研修へ積極的に活用し、off-JTとOJTの連動を強化しています。導入間もないですが、当院看護師の視聴状況は、京滋地区の学研ナーシングサポートユーザーの中でもトップレベルにあり、看護師の学習意欲の高さがうかがえます。

サイトマップ




交通アクセスマップ

〒607-8062
京都市山科区音羽珍事町2
075(593)4111(代)

詳しくはこちら


京都府子宮頸がん検診啓発キャンペーン

ページトップ