このページの先頭

洛和会音羽病院

交通アクセス

病理診断科

部長 安井寛

 

2008(平成20)年4月1日に“病理診断科” が新たに診療標榜科名となったことで、患者さまとより積極的な関わりをもつ「見える病理医」に変わりつつあります。また、これを契機に、病理診断結果について、患者さまと一緒に標本を見ながら、病理医が直接説明をすることも検討しています。 希望される方は、主治医にご相談ください。病気について客観的に理解することも、治癒への力になり得るのではないでしょうか。

 

診療内容

「病理診断」は、組織や細胞に現れた病変を、「病理医」が顕微鏡を通して詳細に観察して行うもので、胃腸・肺・乳腺など、あらゆる臓器を対象にしています。病理診断の結果は速やかに主治医に報告され、診療に生かされます。特にがんに対しては、より有効な治療を行うために、病理診断は欠かすことができません。当科では、臨床医・臨床検査技師をはじめとするスタッフとの連携のもとに、細胞診断、生検組織診断、手術で摘出された組織の病理診断、手術中の迅速診断を行い、患者さまに対する医療の質向上に貢献しています。

 

病理診断の3分野

組織診断

生検(メスや針で幹部の一部を取る検査)や、内視鏡・手術で採取された病変部位の組織の一部を、顕微鏡で詳しく調べます。その結果が確定診断または最終診断となります。

 

細胞診断

たん・尿や、子宮・気管支などの粘膜からこすり取ったものなどに含まれる細胞を顕微鏡で調べるもので、細胞検査士の資格をもった臨床検査技師(スクリーナー)と協力して行います。

 

病理解剖

不幸にして亡くなられた方の全身を詳しく調べることにより、生前の診断・治療の検証、死因推定を行います。

 

 

サイトマップ




交通アクセスマップ

〒607-8062
京都市山科区音羽珍事町2
075(593)4111(代)

詳しくはこちら


京都府子宮頸がん検診啓発キャンペーン

ページトップ