発展、ともに前へ… 洛和会ヘルスケアシステム

洛和会音羽病院 アイセンター厚生労働省認定 先進医療実施施設

洛和会音羽病院

疾患と治療

  • 白内障
  • 緑内障
  • 網膜剥離
  • 硝子体出血
  • 加齢黄斑変性
  • 糖尿病網膜症
  • 網膜静脈閉塞性
  • 黄斑前膜
  • 黄斑円孔
白内障の症状

白内障とは、眼の中のレンズの役割をする水晶体が濁る病気です。
白内障は、加齢に伴って発生する場合が最も一般的です。日常生活に支障が出てきている場合は手術を行うことができます。症状としては、霧視(ぼやっとして見える)、視力低下、光がまぶしく見える、ものが二重に見えるといったさまざまなものがあります。

白内障の検査
コントラスト感度視力検査

通常の視力検査だけではわからない白内障による見えにくさを判定する検査です。

細隙灯顕微鏡検査

白内障の程度を判定するために最も大切で基礎となる検査です。

白内障の治療

通常は眼のみの局所麻酔で行います。眼を洗浄して周囲を消毒し仰向けに寝た状態で顔の上にカバーをかけて手術を行います。
白内障手術は、濁った水晶体を取り除き、その代わりに人工の水晶体(眼内レンズ)を挿入します。
眼はまぶたを開く器具で固定されており、一生懸命眼を開いておく必要はありませんので、体の力を抜いてください。局所麻酔のため、体は自由に動かすことができますが、急に動くと危険です。もし何か異常を感じるようなことがあれば、お声掛けください。

水晶体の内部の皮質と核を取り出す   水晶体の膜の内部に眼内レンズを挿入する
手術後の見え方

人工のレンズを入れているので、自分の思った通りの場所に、ピントを合わせることが出来ません。焦点が1個の単焦点眼内レンズを入れた方は、眼内レンズのピントの距離以外を見るために、眼鏡を必要とすることが多いです。眼鏡は目の状態が安定してから(1カ月後以降)作ってください。
また、人工レンズではまぶしさや色味の変化を感じることがあります。

〈最先端治療〉多焦点レンズ+レーザー白内障手術

複数の距離にピントが合う多焦点レンズを入れる方を対象としたレーザー白内障手術も行います。最先端医療機器を用い、誤差がほとんど出ない正確なレーザー照射や、切開する半径を十分の一ミリ単位で設定できるなど、患者さまに精密で安全な治療を提供することが可能です。

コンピューター制御で安全かつ精密な手術

  • 1.角膜を切開
  • 2.水晶体前嚢を切開

    角膜・水晶体前嚢を十分の一ミリ単位で正確に切開

  • 3.水晶体を分割・吸引

    最新鋭の超音波乳化吸収装置で、水晶体をより安全に破砕、吸引除去

※多焦点レンズの手術は、保険適用外のため、自費診療となっております。単焦点レンズでの白内障手術については、保険適用内です。

白内障手術のための検査

より正確な白内障手術、眼内レンズ移植のために下記のような検査が行われます。

  • 眼軸長検査
  • 角膜形状解析検査
  • 前眼部OCT
  • 前眼部イメージング検査
さらに詳細な説明
取り扱い多焦点眼内レンズ
緑内障の症状

緑内障の自覚症状としては、見えない場所(暗点)が出現する、あるいは見える範囲(視野)が狭くなる症状が最も一般的です。しかし、病気の進行は緩やかなので、初期は視野障害があっても全く自覚しないことがほとんどです。実際、緑内障の患者さまが自覚症状で気がつくのは、かなり進行して視野や視力が悪化してからということが多いです。視野障害が進行した場合は、場合によっては失明することもあります。

目の中には房水と呼ばれる液体が流れています。房水は毛様体で作られ、シュレム管から排出されます。目の形状は、この房水の圧力によって保たれており、これを眼圧と呼びます。つまり、眼圧とは、眼の硬さであるといえます。眼圧の上昇が緑内障になる病因の一つといわれています。

前眼部の断面図(各部の名称と房水の流れ)
緑内障の種類

緑内障にはいくつかの種類があります。主に閉塞隅角緑内障、開放隅角緑内障に分けられます。その他、ほかの疾患や薬剤により眼圧上昇が起こるものは続発緑内障、生まれつき隅角が未発達であることから起こるものは先天緑内障と分けられます。

閉塞隅角緑内障

閉塞隅角緑内障とは、隅角が狭いために、房水の流出が障害され眼圧が上昇する緑内障であることを意味します。急速に隅角が閉じてしまうことで、劇的で著しい眼圧上昇を来すことがあり、これを急性緑内障発作と呼びます。急性発作では、眼痛、頭痛、吐き気などの激しい自覚症状が出現します。このような発作が起きた場合はすぐに治療を行い、眼圧を下げる必要があります。

開放隅角緑内障

隅角が開放されているのに、眼圧が上昇し視神経が障害される緑内障です。線維柱帯(とその奥にあるシュレム管)と呼ばれる場所が目詰まりを起こし、うまく房水が流出されないために眼圧が上昇すると考えられています。

正常眼圧緑内障

開放隅角緑内障のうち、眼圧が正常範囲にありながらも視神経が障害されるタイプの緑内障を正常眼圧緑内障といいます。近年行われた全国的な調査の結果から、日本人では、正常眼圧緑内障の患者さまが緑内障の約6割を占めていることが判明しました。

緑内障の検査
眼圧検査

直接、目の表面に測定器具を当てて測定する方法と目の表面に空気を当てて測定する方法があります。緑内障発見のための重要な検査です。

隅角検査

主に診断のために行う検査で、専用のコンタクトレンズを用いて行います。この特殊なコンタクトレンズを患者さまの目に押し当てて隅角を観察して診断します。

眼底検査

視神経の障害の程度を判定するために行う検査です。視神経の眼球の出口(視神経乳頭)には、小さなくぼみがあり、緑内障ではこのくぼみが拡大します。健康診断などでは、よく「視神経乳頭陥凹拡大」と判定されます。最近では、光干渉断層計(OCT)などの三次元画像解析装置を用いて視神経乳頭や網膜の神経線維の厚みを測ることにより、緑内障をより適確に診断できることが増えています。

視野検査

見える範囲を調べる検査です。特殊な機械の前に座って、小さな光が見えるか見えないかでボタンを押します。緑内障の進行具合を判断するために、最も重要な検査です。

緑内障の治療

緑内障の進行は常に一方通行であり、喪失した視野や視力を治療によって取り戻すことができません。緑内障の治療は、あくまでも緑内障の進行を遅くするためのものであり、見え方を改善することはできません。
緑内障の治療は病気の進行を食い止めるため、眼圧を低く下げることが最も有効とされています。 治療法としては薬物療法やレーザー治療、手術が一般的です。レーザー治療や手術を受け、眼圧が下降しても、その効果が維持されるとは限らず、再度手術を行う場合もあります。

薬物療法

多くの緑内障では、薬物療法が治療の基本となります。現在では、さまざまな薬効を持った点眼薬が発売されており、緑内障のタイプ・重症度・眼圧の高さなどに応じて処方されます。一種類の目薬だけで効果が少ないと判断された場合は、複数の目薬を組み合わせて処方されます。また、眼圧を下げる飲み薬もありますが、全身の副作用が強く出ることがあり、内服できない場合もあります。

レーザー治療

レーザー治療には主に二つの方法があります。ひとつは、虹彩に孔を開けて、眼内の房水の流れを変えるというもので、多くの閉塞隅角緑内障がこの方法によって治療可能です。虹彩に孔を開けるときにレーザーを使用します。もうひとつは、線維柱帯に照射することで房水の排出を促進するためのレーザー治療です。一部の開放隅角緑内障に効果があります。レーザー治療は外来で行うことができます。

手術療法

薬物療法やレーザー治療が功を奏さなかった場合に行われる治療です。大まかには、房水を眼外に染み出すように細工をする手術と、線維柱帯を切開して房水の排出をしやすくする手術の二つがあります。緑内障の手術方法は年々改良が進み、治療成績もかなり改善されてきました。

網膜剥離の症状

網膜はカメラのフィルムに当たる組織です。網膜剥離とは、網膜が何らかの原因により眼球壁側から剥がれた(剥離した)状態です。網膜剥離で最も多い原因は網膜に孔(網膜裂孔・網膜円孔)が開くことです。その孔から眼の中にある水(液化硝子体)が網膜の下に入り込むことで網膜剥離が発生します。治療が行われないと失明に至る可能性が高い病気です。
自覚症状としては、視野が欠けてくる、視力低下、飛蚊症などがあります。

裂孔原性網膜剥離の状態
網膜に裂け目ができる   水が入り込み、網膜が剥がれる
網膜剥離の検査
眼底検査

網膜剥離の有無および程度を判定するために行う検査です。

広角眼底撮影装置(Optos California)

約200度までの広角の眼底像を撮影できる装置です。

視野検査

見える範囲を調べる検査です。特殊な機械の前に座って、小さな光が見えるか見えないかでボタンを押します。網膜剥離の範囲を判断するために重要な検査です。

網膜剥離の治療

網膜剥離の手術は大きく分けて2つの方法があります。

1.強膜内陥術

眼の外から網膜裂孔に相当する部分に当て物を当てて、さらに孔の周りに熱凝固や冷凍凝固を行って剥離した網膜を剥がれにくくし、必要があれば網膜の下に溜まった水を抜く方法です。必要に応じて、当て物を眼球に一部当てるだけでなく、眼球を輪状に縛ることもあります。剥がれた網膜を眼の中から押さえつけるために、眼内に空気や特殊なガスを注入することがあり、この場合は手術後にうつ伏せなどの体位制限を伴う安静が必要です。

2.硝子体手術

眼の中に細い手術器具を入れ、眼球内から網膜剥離を治療する方法です。この方法では、剥がれた網膜を押さえるために、ほぼ全例で眼の中に空気や特殊なガスあるいはシリコンオイルを入れます。手術後にうつぶせなどの体位制限が必要となります。空気やガスは自然に吸収されます。シリコンオイルは適切な時期に手術で除去します。
硝子体切除術の後には白内障が進行しやすくなります。また治療効果を上げるためにも白内障手術を同時に行うことがあります。人工レンズは同時あるいは二期的に挿入します。

硝子体出血の症状

硝子体とは眼球内を満たしているゼリー状の無色透明な組織です。さまざまな部位からの出血が、硝子体腔の中にたまった状態を硝子体出血といいます。出血自体は、短期で止まることがほとんどですが、自然吸収されないと光が出血によってさえぎられて網膜にうまく届かなくなるので、飛蚊症(ひぶんしょう)・霧視(むし)・視力低下などを起こします。

硝子体出血の原因

硝子体出血を起こす疾患はさまざまあり、代表的なものとして裂孔原性網膜剥離、糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症、加齢黄斑変性症、後部硝子体剥離、網膜細動脈瘤、くも膜下出血、ぶどう膜炎、外傷があります。ただし手術前に原因が特定できないことが多くあります。これは出血により眼内の観察が妨げられるためです。

硝子体出血の検査
眼底検査

硝子体出血の程度、およびその原因を判定するために行う検査です。

超音波検査

硝子体出血で眼底の状態がわからない場合は、超音波検査により網膜剥離の有無などを調べることができます。

網膜電図(ERG)

硝子体出血で網膜の詳細が不明な場合は、その網膜の機能を調べるために行われます。

硝子体出血の治療
硝子体手術

硝子体手術では、まず血液が混ざった硝子体を切除します。続いて必要であれば原因疾患を治療して、再出血を予防します。原因疾患の治療には、光凝固、増殖膜除去などを行い、必要に応じて空気やガス、シリコンオイルを眼内に注入して手術を終了します。ガスやシリコンオイルを注入した場合には、術後うつ伏せの姿勢を保つ必要があります。うつ伏せ期間は注入した物質や病状によって異なりますが、ガスのある2~3週間はできるだけ仰向けにならないでください。空気、ガス、シリコンオイルを注入せずに終了した場合は、うつ伏せの必要はありません。ガスは自然に眼内液と置き換わります。シリコンオイルは将来的に手術で抜去します。硝子体切除術の後には白内障が進行しやすくなります。また治療効果を上げるためにも白内障手術を同時に行うことがあります。人工レンズは同時あるいは二期的に挿入します。

手術後の視力

原因疾患によって異なります。特に視力に関わる網膜の黄斑部が障害されていると良好な視力が得られません。

加齢黄斑変性の症状

網膜はカメラのフィルムに当たる組織です。網膜の中心部に黄斑と呼ばれる視力の鋭敏な場所があります。「加齢黄斑変性」とはこの黄斑の網膜に加齢性の障害を来す病気です。最も視力が鋭敏な部分が障害を受けるため、大きな影響が現れます。初期には物がゆがんで見えたり、視力が低下します。大きな病巣が形成されてしまうと、視野の中心部に見えないところ(中心暗点)が生じます。
加齢黄斑変性には大きく分けて萎縮型と滲出型の2つのタイプがあります。萎縮型は色素細胞が徐々に萎縮していき、網膜が障害され視力が徐々に低下していきます。この萎縮型に対しての有効な治療法は現時点ではありません。滲出型は異常な血管(新生血管)が侵入してきて網膜が障害されるタイプで、急激な変化を伴うこともあります。治療法については、下記「加齢黄斑変性の治療」をご参照ください。

加齢黄斑変性の検査
眼底検査

黄斑変性の程度、範囲を判定するために必要な検査です。

蛍光眼底造影(HRA)

新生血管の程度や漏出の程度を判定するために必要な検査です。

OCT(網膜断層撮影)

黄斑部の網膜を断層撮影することにより加齢黄斑変性による黄斑部の障害の程度を判定できます。また蛍光剤を使用せずに黄斑部の血液動態を測定するOCTアンギオ[下図撮影イメージ]という最新鋭機器も登場しています。

加齢黄斑変性の治療
網膜光凝固術

レーザーを新生血管に照射することにより新生血管の拡大を予防する目的で行います。

硝子体内注射

黄斑浮腫および新生血管の治療のために、硝子体の中に種々の薬剤を注射します。現在は血管内皮増殖因子を抑制する薬剤を投与することが主流です。この注射は1回で治癒することはまれで数回にわたって注射をすることが多いです。

硝子体手術

硝子体出血になった場合は、硝子体手術が選択されます。
硝子体手術では、まず硝子体を切除し、同時に硝子体出血を除去します。続いて光凝固・増殖膜除去・止血などを行い、必要に応じて空気やガス・シリコンオイルを眼内に注入して手術を終了します。空気・ガス・シリコンオイルを注入した場合には、術後うつ伏せ姿勢を保つ必要があります。うつ伏せ期間は注入した物質や病状によって異なりますが、ガスのある2~3週間はできるだけ仰向けにならないでください。注入した空気やガスは吸収され眼内液に自然に置き換わっていきます。シリコンオイルは状態が落ち着けば除去します。

手術後の視力

加齢黄斑変性の程度によって異なります。黄斑部の障害が甚大な場合は良好な視力の回復は不可能なことが多いです。

糖尿病網膜症の症状

網膜は、カメラのフィルムに当たる組織です。糖尿病の合併症である細小血管障害によって網膜が血流不足(酸欠状態)になると、網膜に新生血管が生じ「増殖糖尿病網膜症」となります。新生血管は出血しやすく「硝子体出血」を起こしたり、網膜表面に増殖膜を形成して「網膜剥離」を併発したりします。また、虹彩に新生血管が生じると「新生血管緑内障」を併発します。これらの合併症は単独で生じる場合もありますが、しばしば組み合わさって生じます。

糖尿病網膜症の検査
眼底検査

糖尿病網膜症の程度、範囲を判定するために必要な検査です。

蛍光眼底造影(Optos California&HRA)

新生血管の有無や網膜の細小血管障害の範囲を判定するために必要な検査です。

OCT(網膜断層撮影)

黄斑部の網膜を断層撮影することにより糖尿病による黄斑浮腫の程度を判定できます。

糖尿病網膜症の治療
網膜光凝固術

レーザーを網膜に照射することにより主に網膜の酸素不足を解消し、新生血管の発生を予防する目的で行います。この治療は、現時点の網膜症の悪化を防ぐための治療であって、決して元の状態に戻すための治療ではありません。網膜症の進行具合によって、レーザーの照射数や照射範囲が異なります。網膜光凝固術は早い時期であればかなり有効で、将来の失明予防のために大切な治療です。

硝子体手術

増殖糖尿病網膜症になった場合は、硝子体手術が選択されます。
硝子体手術では、まず硝子体を切除します。続いて増殖膜の治療を行います。増殖膜の治療には、光凝固・増殖膜除去・止血などを行い、必要に応じて空気やガス・シリコンオイルを眼内に注入して手術します。
空気・ガス・シリコンオイルを注入した場合には、術後うつ伏せ姿勢を保つ必要があります。うつ伏せ期間は注入した物質や病状によって異なりますが、ガスのある2~3週間はできるだけ仰向けにならないでください。注入した空気やガスは吸収され眼内液に自然に置き換わっていきます。シリコンオイルは状態が落ち着けば除去します。
硝子体切除術の後には、白内障が進行しやすくなります。また治療効果を上げるために、白内障手術を同時に行うことがあります。人工レンズは同時あるいは二期的に挿入します。

手術後の視力

増殖糖尿病網膜症の病状によって異なります。また増殖糖尿病網膜症以外に、視力に悪影響のある疾患を併発している場合は、良好な術後視力を得られないこともあります。

網膜静脈閉塞症の症状

網膜はカメラのフィルムに当たる組織です。網膜全体に分布する血管の一つが網膜静脈で、いろいろな原因で網膜静脈が途絶えると、網膜に出血する網膜静脈閉塞症という疾患になります。網膜静脈の根元が閉塞した場合は網膜中心静脈閉塞症となり、網膜全体に出血します。また、静脈の分枝が閉塞すると網膜静脈分枝閉塞症となり、網膜の限局した部位に出血します。症状としては、急激な視力低下や視野障害、ものが歪んで見える(変視症)、飛蚊症などがありますが、何も自覚症状がない場合もあります。

網膜静脈閉塞症の検査
眼底検査

網膜静脈の閉塞の程度、範囲を判定するために必要な検査です。

蛍光眼底造影(Optos California&HRA)

新生血管の有無や網膜の細小血管障害の範囲を判定するために必要な検査です。

OCT(網膜断層撮影)

黄斑部の網膜を断層撮影することにより網膜静脈閉塞症による黄斑浮腫の程度を判定できます。

網膜静脈閉塞症の治療
網膜光凝固術

レーザーを網膜に照射することにより主に網膜の酸素不足を解消し、新生血管の発生を予防する目的で行います。

硝子体内注射

黄斑浮腫の治療のために、硝子体の中に種々の薬剤を注射します。現在は血管内皮増殖因子を抑制する薬剤を投与することが主流です。この注射は1回で治癒することはまれで、数回にわたって注射をすることが多いです。

硝子体手術

硝子体出血になった場合は、硝子体手術が選択されます。
硝子体手術では、まず硝子体を切除し、同時に硝子体出血を除去します。続いて光凝固・増殖膜除去・止血などを行い、必要に応じて空気やガス・シリコンオイルを眼内に注入して手術を終了します。空気・ガス・シリコンオイルを注入した場合には、術後うつ伏せ姿勢を保つ必要があります。うつ伏せ期間は注入した物質や病状によって異なりますが、ガスのある2~3週間はできるだけ仰向けにならないでください。注入した空気やガスは吸収され眼内液に自然に置き換わっていきます。シリコンオイルは状態が落ち着けば除去します。硝子体切除術の後には白内障が進行しやすくなります。また治療効果を上げるためにも白内障手術を同時に行うことがあります。人工レンズは同時あるいは二期的に挿入します。

手術後の視力

網膜静脈閉塞症症の病状によって異なります。また網膜静脈閉塞症以外に、視力に悪影響のある疾患を併発している場合は良好な術後視力を得られないこともあります。

黄斑前膜の症状

網膜はカメラのフィルムに当たる組織です。網膜の中心部に黄斑と呼ばれる視力の鋭敏な場所があります。「黄斑前膜」とは、網膜の手前に膜が張って、黄斑がそれに遮られてしまう病気です。膜の形成が進むにつれて、ゆっくりと視力が低下していきます。また、物が歪んで見えたり、大きく見えたりもします。

黄斑前膜の検査
眼底検査

黄斑前膜の有無および程度を判定するために行う検査です。

OCT(網膜断層撮影)

黄斑部の網膜を断層撮影することにより黄斑前膜の程度、範囲等をミクロン単位で測定できます。

マイクロペリメーター(MP3)

黄斑部の視感度を測定する検査です。黄斑部の視機能を判断するために重要な検査です。

黄斑前膜の治療
硝子体手術

眼球に3カ所の創(灌流用、照明用、カッター用)を作成します。まず硝子体を切除し、次に黄斑前膜を剥がします。また網膜の最も内側の内境界膜を剥がします。こうすることで術後の再発を減らせます。必要に応じて空気やガスを眼内に注入して手術を終了します。ガスを注入した場合には、術後うつ伏せの姿勢を保つ必要があります。うつ伏せ期間は注入した物質や病状によって異なりますが、ガスのある2~3週間はできるだけ仰向けにならないでください。空気、ガスを注入せずに終了した場合、うつ伏せの必要はありません。ガスは自然に眼内液と置き換わります。
硝子体手術の後には白内障が進行しやすくなります。また治療効果を上げるためにも白内障手術を同時に行うことがほとんどです。人工レンズは同時あるいは二期的に挿入します。

手術後の視力

術後に視力はゆっくりと回復していきます。回復には個人差があり2・3カ月から半年程度かかる場合もあります。術前から歪みがある場合は、視力が向上しても、歪みは完全に治らないことがあります。

黄斑円孔の症状

網膜はカメラのフィルムに当たる組織です。網膜の中心部に黄斑と呼ばれる視力の鋭敏な場所があります。「黄斑円孔」とはこの黄斑に穴(孔)が開く病気です。穴自体はごく小さなものですが、最も視力が鋭敏な部分にできるため、大きな影響が現れます。初期には物が歪んで見えたり、視力が低下します。完全な穴が形成されてしまうと、視野の中心部に見えないところ(中心暗点)が生じます。

黄斑円孔の検査
眼底検査

黄斑円孔の有無および程度を判定するために行う検査です。

OCT(網膜断層撮影)

黄斑部の網膜を断層撮影することにより、黄斑円孔の大きさ、硝子体との癒着などをミクロン単位で測定できます。

マイクロペリメーター(MP3)

黄斑部の視感度を測定する検査です。黄斑部の視機能を判断するために重要な検査です。

黄斑円孔の治療
硝子体手術

眼球に3カ所の創(灌流用、照明用、カッター用)を作成します。まず硝子体を切除し、次に網膜の最も内側に当たる内境界膜という薄い膜を剥がします。こうすることで術後の再発を減らせます。最後に眼球内部にガスを注入します。
術後、円孔周囲の網膜がガスで抑えつけられることで、円孔が小さくなっていき、数日で完全にふさがります。
ただし、ガスが円孔部分からずれないように、うつ伏せの姿勢を保つ必要があります。これが守られないと、ふさがらない確率が高くなります。ガスが無くなるまで(2~3週間)はできるだけ仰向けにならないようにしてください。硝子体手術の後には白内障が進行しやすくなります。また治療効果を上げるためにも白内障手術を同時に行うことがほとんどです。人工レンズは同時あるいは二期的に挿入します。

手術後の視力

円孔がふさがり、黄斑部の組織が修復されるとともに、ゆっくりと回復していきます。古い円孔や大きい円孔では穴が閉鎖しなかったり、視力が回復しないことがあります。