このページの先頭

洛和会音羽病院

交通アクセス

PET-CT画像診断センター

PET-CT画像診断センター 部長 友井正弘

 

PET検査では「がん細胞は正常の細胞に比べて多くのブドウ糖を取り込む」という性質を利用します。ブドウ糖に18-Fという放射性同位元素をくっつけた薬剤(FDG)を注射すると、がん細胞は正常な細胞よりも多くのFDGを取り込み、そこから放出される微量の放射線により、がん組織の位置や大きさ、進行の度合いがわかります。いわばFDGは、探索と発信器の役割をこなしてくれる優れものです。
当院では、従来のPETのみでなく、PETにCTを組み込んだ最新のPET-CTを稼働させており、さらに一歩進んだ画像診断を行っています。早期胃がんを除く全ての悪性腫瘍を対象に診療を行っており、がん病変の有無をみる“がん検診”にも積極的に取り組んでおります。

 

診療部長のひとこと

従来のPETは、CTやMRなど形態を評価する画像診断とは異なり、ブドウ糖の取り込みという“機能診断” として発達してきました。現在では、PETの弱点であった、形態・空間情報の不足をカバーするPET-CTが、最新装置として医療現場で活躍しています。CT、MR、超音波など、ほかの画像診断に長らく携ってきた医師として、その威力を日々実感しているところです。
最適な治療は、正確な診断なくしてはあり得ません。PET-CTのみではなく、全ての画像をきめ細かく検討し、また、他診療科とも協力し合って、より正確な診断を心掛けております。
なお、検査の保険適用の有無や、そのほか疑問点がありましたら、お気軽に声をお掛けください。

 

PET-CT

PET-CTは、病巣部を速やかに診断する「PET画像」と、細かな位置情報を見つける「CT画像」が一つになったシステムです。
PETの機能(体の組織の働きの検査)と、CTの機能(組織の形の検査)が一体化したもので、両者の画像を融合することにより、がん細胞の大きさや進行の度合いがわかり、病気を高い精度で見つけることができます。

 

PET-CT

特徴

  • 苦痛が少ない
    薬剤を注射して安静にした後、20分ほど撮影を行うだけです。
  • 一度の検査で全身撮影
    PET検査では、一度の検査で全身の状態を調べることができます。
  • 組織の活動状態がわかる
    薬剤の集まり具合で、組織の活動を見たり、良性・悪性を識別することができます。

 

 

サイトマップ




交通アクセスマップ

〒607-8062
京都市山科区音羽珍事町2
075(593)4111(代)

詳しくはこちら


京都府子宮頸がん検診啓発キャンペーン

ページトップ