このページの先頭

洛和会音羽病院

交通アクセス

研修医の方へ

 

当科では、消化器外科をめざす後期研修医の皆さんの応募をお待ちしています。
後期研修では、日本外科学会専門医のレベルに達することを第一目標に指導します。当科の症例数は、年度別全身麻酔下手術件数に掲載しているように、決して非常に多いわけではありません。しかしながら、緊急症例も含め対象疾患は幅広く、それらの貴重な症例を、自らの経験となるように丁寧に細かく指導します。後期研修3年終了時をめどに日本外科学会専門医を取得することを目標に、症例不足・症例の偏りが起こらないように配慮して、症例を担当してもらいます。担当症例は、力量の向上を確認しながら徐々に難易度の高いものにしていきます。そして、最終的には、完全に1人で術前診断に手術執刀、術後加療を任せられるようになることをめざして指導します。そのために、症例ごとに日本外科学会・日本消化器外科学会指導医がマンツーマンで指導します。抗がん剤療法などの経験をある程度積んだ段階で、外来も担当してもらいます。
スタッフ間の意見交換も密に行っていますので、外科医としての知識・力量の向上にも十分役立つものと考えています。
もし興味をお持ちでしたら、いつでも本院までご連絡ください。

サイトマップ




交通アクセスマップ

〒607-8062
京都市山科区音羽珍事町2
075(593)4111(代)

詳しくはこちら


京都府子宮頸がん検診啓発キャンペーン

ページトップ