このページの先頭

洛和会音羽病院

交通アクセス

外科・脈管外科

外科部長 粟根 雅章 脈管外科 武田 亮二

 

当科は日本外科学会および日本消化器外科学会、日本胆道学会の認定施設、日本乳癌学会の関連施設です。腹部疾患、乳腺疾患、一般外科疾患(ヘルニア・下肢静脈瘤)を中心に診察し、救急疾患にも幅広く対応しています。ガイドラインおよび最新のエビデンスに基づいた治療を行っていますが、あくまでも患者さま本位の治療を基本とし、常に患者さまおよびご家族と十分な話し合いのうえ、納得していただいたうえで治療方針を決定しています。

腹部手術では、病状に応じて腹腔鏡手術を積極的に導入させていただいており、緊急手術でも、傷を小さくするためにも可能な限り第一選択としています。

病状によっては、最善の治療は外科手術だけとは限りません。このため消化器内科や放射線科および病理検査とも連携を密にし患者さま一人ひとりの治療をベストなものにさせていただくようカンファレンスを随時行っています。手術は合併症をできるだけ減らすように腐心し、手術のあとはクリニカルパスにのっとり、医師だけでなく、看護師、薬剤師、リハビリ、事務方まで、幅広いチームを組みバックアップさせていただくことで、がんセンターの入院期間とほぼ同じ程度に設定させていただいております。

近年は、がんの手術症例、特に胃がん、大腸がんが増えている状況です。

 

診療内容

腹部外科

食道・胃・十二指腸(上部消化管)、小腸・結腸(大腸)・直腸、肝臓・胆のう・胆管・膵臓(胆肝膵)、脾臓・腹膜の病気など、おなかの中の病気と食道の病気の外科治療。

診療方針

消化器疾患に対しては、体に大きな傷をつけずに、数箇所の小さな傷で手術できる腹腔鏡下手術を広く行っています。急性虫垂炎や胆石症ではほとんど全症例で、胃がんや大腸がんでは半分以上の症例で、腹腔鏡下手術を行っています。さらに、腸閉塞症などの救急疾患にも腹腔鏡下手術の適応を拡大しています。最近では、1カ所だけの小さな傷(数センチ)で手術ができる単孔式腹腔鏡下手術を、急性虫垂炎や胆石症の手術で導入しています。もちろん、疾患を治療することが手術の目的なので、低侵襲であることに重点を置きすぎて、疾患の治療自体が甘くなることは絶対に許されません。そのために私どもは、低侵襲治療と標準的治療の両立のための研究と技術的研鑚(さん)を忘れることはありません。

一般外科

虫垂炎(盲腸炎)、ヘルニア(いわゆる脱腸)、外傷による臓器損傷、すり傷・切り傷・咬傷などのけがの治療。

乳腺科

乳がん、良性の乳腺腫瘍(乳腺線維腺腫など)、乳腺症、乳腺炎などの乳房に発生する病気の治療。⇒詳しくはこちら「乳腺科」

脈管外科

下肢静脈瘤(りゅう)や深部静脈血栓症といった下肢脈疾患やリンパ浮腫の診断・治療を行います。下肢静脈瘤の治療は、従来からの圧迫療法、硬化療法、結さつ術、ストリッピング術に加えて、2011(平成23)年より血管内レーザー治療を導入し、400肢以上治療をしています。また、2014(平成26)年より保険収載された下肢静脈性潰瘍の治療としてSEPS(内視鏡下筋膜下穿通枝手術)も行っています。京都で唯一の保険実施施設です(2016年6月時点)。水曜日・木曜日の武田の外来で診察しています。⇒外来担当医一覧

 

2015(平成27)年の診療実績

手術件数:834件

  • 大腸・直腸がん:97件(うち腹腔鏡50例)
  • 胃がん:40件
  • 肝胆膵悪性手術:8件
  • 食道がん:1件
  • 胆のう摘出術:106件(うち腹腔鏡58例)
  • そけいヘルニア根治術:85件
  • 下肢静脈瘤手術:184件
  • 虫垂切除:56件(うち腹腔鏡51例)
  • そのほか:204件

 

1年間で入院加療された患者さまの数:607人

外科2013実績

 

 

サイトマップ




交通アクセスマップ

〒607-8062
京都市山科区音羽珍事町2
075(593)4111(代)

詳しくはこちら


京都府子宮頸がん検診啓発キャンペーン

ページトップ