お電話

メニュー

診療科・部門のご案内

そけいヘルニア・大腿ヘルニア

そけいヘルニアとは、一般に脱腸とも言われ、太ももの付け根(そけい部)の腹壁の弱くなった部分から腹膜が突出してヘルニア嚢と呼ばれる袋ができ、その中に腸などが脱出してくる病気です。小児のそけいヘルニアは、精巣が陰嚢まで移動する過程で、腹膜が一緒におりて、袋状に残るために発生するもので、原因は先天的なものです。大腿ヘルニアは、大腿輪という脚につながる血管や神経が通る、トンネルの入り口が広がってしまい、そこから腹膜が伸びてヘルニア嚢ができるもので、そけいヘルニアよりやや脚に近い所にふくらみができます。

いずれも、当科では、全身麻酔下でヘルニア根治手術を行っています。手術では、腹壁の弱くなった部分を、ポリプロピレンメッシュ(PHS)という人工の網をあてることによって補強しています。網をあてた患部は、そけい部に緊張がかからず、創部の不快感が少なくなり、再発の危険も小さくなります。この手術は、通常、2泊3日または3泊4日の入院で可能です。

〒607-8062
京都市山科区音羽珍事町2



  • 075(593)4111
  • 外来受付時間

    午前8時20分~正午
    午後1時~午後3時30分※診療科により受付時間が一部異なります。

    詳細
  • 面会時間

    午前8時~午後9時30分

    詳細

介護タクシー

介護用品レンタル