このページの先頭

洛和会音羽病院

交通アクセス

放射線科

放射線科 部長 久保

 

直接、患者さまと顔を合わせることが少ないので、放射線科医師の業務は一般の方々にはあまりなじみがないかもしれませんが、病院の医療レベルの向上維持のためには、不可欠の存在です。

 

診療内容

最新の医療を皆さまに

MRI、CT、超音波検査(腹部、頭頸部、そのほか表在部)、核医学検査、腹部血管造影など、さまざまな検査を行っており、種々の疾患のスクリーニング、精密検査を実施しています。

各診療科からの依頼に応じて、近年目覚ましい進歩を遂げている画像診断装置を駆使し、病気の有無や種類、程度などを診断します。また、血管内にカテーテルという細い管を通して行う、肝臓がんへの塞栓療法や外傷による大出血時の止血などの治療も担当しています。

 

医療設備

  • CT (64スライスCT、Dual Source CT:128スライス×2):2台
  • MRI:2台
  • RI:1台
  • 血管造影装置:2台
  • X線撮影装置:5台
  • 乳房撮影装置:1台 、マンモトーム:1台
  • X線TV撮影装置:2台
  • DR撮影装置:1台
  • 結石破砕装置:1台
  • 骨塩定量装置:1台
  • 超音波:11台(腹部用:6台、心血管用:5台)

 

64列マルチスライスCT

現在稼動中の64列マルチスライスCTは、1回の息止めで、全腹を0.6mmの薄層で撮像可能です。専用のワークステーションで画像処理することで、即座に広範囲の鮮明な血管造影像を得ることができます。これ以外にも、心臓冠動脈の評価など、多くの領域で威力を発揮しています。

 

64列マルチスライスCT

64列マルチスライスCTによる腹部血管の3次元画像。
この検査により右腎動脈瘤、脾動脈瘤が発見された。

 

2015(平成27)年の業務実績

  • CT検査数:24,995件
  • MRI検査:10,900件
  • RI検査:1,090件
  • 一般撮影:52,911件
  • マンモグラフィー検査:2,499件
  • 骨塩定量:914件
  • PET-CT検査:1,509件

 

 

サイトマップ




交通アクセスマップ

〒607-8062
京都市山科区音羽珍事町2
075(593)4111(代)

詳しくはこちら


京都府子宮頸がん検診啓発キャンペーン

ページトップ