このページの先頭

洛和会音羽病院

交通アクセス

甲状腺腫瘍

 

CT画像

【写真1】 CT画像

前頸部(ネクタイの結び目あたり)に存在する甲状腺ホルモンをつくる臓器が甲状腺です。甲状腺腫瘍は前頸部のしこりとして発見されることもあれば、検診で偶然に発見される場合もあります。
良性・悪性の判断が大切で、そのための検査として、血液検査、CT検査(【写真1】)、エコー検査、そしてエコーガイド下の針生検を行います。
細胞診でがん細胞(悪性腫瘍)が見つかった場合は、手術が必要です。また、がんであることが否定できない場合や、良性でも腫瘍が大きい場合には、手術をする場合があります。このような場合は、得られた検査結果を基に、患者さまとよく相談し、最終的な治療方針を決定します。

甲状腺腫瘍摘出手術

手術

【写真2】 手術

手術は全身麻酔で行い、片側の甲状腺切除で約1.5時間程度で、出血はほとんどありません。(【写真2】)手術当日または翌日から食事、歩行、トイレなどを開始していただきます。手術後5日で抜糸、手術後6日で退院できます。
退院時または退院後の外来受診時に、手術で切除した甲状腺の病理組織の結果(良性か悪性かなど)をご説明します。
術後の傷は、体質により異なりますが、通常は術後半年程で目立たなくなってきます。

入院から治療終了までの基本的なスケジュール

入院 ・手術

〔1日目〕入院

〔2日目〕手術(1.5~2時間)

〔7日目〕抜糸

〔8日目〕退院

術後の通院

良性腫瘍の場合:半年間に2~3回の通院 → 終診へ
悪性腫瘍の場合:3カ月または6カ月ごとに1回の定期通院の継続

入院費用の目安(3割負担の場合)

良性腫瘍の場合:約12~15万円
悪性腫瘍の場合:約17~20万円
※入院費用は病状などにより変動いたします。

 

サイトマップ




交通アクセスマップ

〒607-8062
京都市山科区音羽珍事町2
075(593)4111(代)

詳しくはこちら


京都府子宮頸がん検診啓発キャンペーン

ページトップ