お電話

メニュー

診療科・部門のご案内

形成外科

患者さん一人ひとりに合った治療をします

井上 唯史部長
井上 唯史

当院は、日本形成外科学会認定施設で、形成外科疾患全般に対応する体制を整えています。特に力を入れていることは、外傷、褥瘡(じょくそう)などの慢性潰瘍、手術後の再建です。
お困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。


外来担当医

形成外科

*…女性医師

 
午前 1診 井上唯史 井上唯史 井上唯史
井上唯史
[リンパ浮腫外来併診(2,4,5週)]
土岐博之
午後 1診 土岐博之
[乳房再建外来]
(完全予約制)
    担当医
[レーザー外来]
 
2診 リンパ浮腫外来
(再診のみ)
  リンパ浮腫外来
(再診のみ)
リンパ浮腫外来  

急性期病院の形成外科として

山科地区で形成外科がある病院は当院しかなく、急性期病院としての役割から、特に次の3つの疾患の診療に重点を置いています。

  1. 救急外傷
    交通外傷や労務災害での顔面外傷や四肢外傷に対して、外科治療を多く行っています。
  2. 慢性創傷
    京都下肢創傷センターとともに、糖尿病や閉塞性動脈硬化性疾患による慢性潰瘍の治療を行っています。
  3. 腫瘍切除後の再建
    口腔外科の悪性腫瘍切除後の再建、乳腺科による乳がん切除後の乳房再建など、ほかの診療科とともにチーム医療で行っています。

対応疾患

救急外傷
  • 体の表面のあらゆる外傷
  • 顔のけが
  • 顔面骨骨折
  • 皮膚欠損
  • 切断指
  • 動物によるかみ傷
  • 熱傷
  • 外傷後瘢痕(はんこん)
  • 手術後瘢痕
  • 瘢痕拘縮 など
腫瘍
  • 皮膚のできもの
  • 母斑(ほくろ・色あざなど)
  • 血管腫
  • ケロイド
  • 肥厚性瘢痕
  • 皮膚がん
  • 腫瘍切除後の再建
潰瘍
  • 褥瘡(床ずれ)
  • 難治性潰瘍(糖尿病潰瘍・壊死(えし)など)
先天異常
  • 顔面裂、唇裂・口蓋裂、小耳症などの顔面奇形
  • 多指症、合指症などの手足の奇形
  • 漏斗胸(ろうとむね)
  • へそヘルニア
  • 腹壁ヘルニア など
そのほか

眼瞼下垂手術

以下のようないろいろな理由で、まぶたが開けにくくなることがあります。

  1. 年齢に伴う変化(加齢性)
  2. 長期間コンタクトレンズを使用されていた方(機械的刺激)
  3. 外傷性(事故など)
  4. 生まれつき(先天性)
  5. 病的(顔面神経まひ ほか) など

症状により治療方法は異なりますが、手術治療によって改善できる場合も多くあります。
単純なふたえまぶた手術とは異なりますが、ぜひご相談ください。

医療設備

  • CO2レーザー

色素性病変への対応が可能です。また、皮下腫瘍摘出などでは、ご希望に応じて、小さい傷から摘出できるよう内視鏡を用いた施術も行っております。

2017(平成29)年の診療実績

手術件数:1,018件

  • 母斑・血管腫・良性腫瘍:374件
  • 悪性腫瘍:88件
  • 顔面骨骨折:38件
  • 瘢痕・ケロイド:21件
  • 褥瘡・難治性潰瘍:12件
  • 先天異常:8件
  • 美容:0件
  • そのほか:477件

1年間で入院加療された患者さんの数:176人

〒607-8062
京都市山科区音羽珍事町2



  • 075(593)4111
  • 外来受付時間

    午前8時20分~正午
    午後1時~午後3時30分※診療科により受付時間が一部異なります。

    詳細
  • 面会時間

    午前8時~午後9時30分

    詳細

介護タクシー

介護用品レンタル