このページの先頭

洛和会音羽病院

交通アクセス

血液内科

 

不治の病の印象が強い血液疾患ですが、近年、分子標的薬などの進歩が見られ、治療成績が向上してきています。びまん性大細胞型リンパ腫では60〜70%、急性骨髄性白血病でも30%程度の長期生存率が得られています。治癒困難とされる多発性骨髄腫や骨髄異形成症候群においては、生活の質を保ちながら暮らせる生存期間が2倍以上に延びてきています

特色

日本血液学会血液研修施設であり、血液専門医による最新の標準的薬物療法を実施しています。種々の合併症をおもちの高齢患者さまに対してはいたずらに治癒にこだわらず、バランスの取れた治療を行います。造血幹細胞移植の必要な場合は、京都大学医学部附属病院など、関連の病院を紹介しています。

 

2016(平成28)年の診療実績

入院加療された患者さまの数:130人

血液内科実績

 

サイトマップ




交通アクセスマップ

〒607-8062
京都市山科区音羽珍事町2
075(593)4111(代)

詳しくはこちら


京都府子宮頸がん検診啓発キャンペーン

ページトップ