このページの先頭

洛和会音羽病院

交通アクセス

呼吸器外科

呼吸器外科

 

肺がん、気胸、縦隔腫瘍などの疾患を中心に、幅広く診療しています。肺がんに対しては、先進の医療機器を用いて診断を行い、手術、化学療法、放射線治療など、それぞれの患者さまに合った治療をお勧めしています。

何か気になる症状があれば、そのときに受診していただくことが、的確な診断・治療につながります。また、ご自身の病気のことや症状についてよくわかっていただくことが、より良い治療の選択につながると考えていますので、不安や疑問などがございましたら、ご相談ください。

 

肺がんを患う最大の原因は喫煙。タバコを吸っている人は要注意です。

診療内容

呼吸器外科では、主に肺がんに対する肺切除術を行っています。最新のハイビジョン内視鏡手術システムを用いた胸腔鏡下手術を導入し、患者さまの体に負担の少ない治療を心掛けています。そのほかに、気胸、肺のう胞症に対する胸腔鏡下切除術、縦隔腫瘍の摘出術や重症筋無力症に対する拡大胸腺摘出術などを行っています。

びまん性肺疾患、間質性肺炎など、診断に難渋する症例に対しては、HRCTを中心とした画像診断に加え積極的に肺生検(胸腔鏡下手術)を行い、呼吸器内科病理診断科放射線科と連携して正確な診断に基づいた適切な治療を行っています。

 

2015(平成27)年の手術件数

全身麻酔:90件

  • 肺がん:20件
  • 転移性肺腫瘍:3件
  • 気胸:20件
  • 縦隔腫瘍:7件
  • そのほか:40件

     

1年間で入院加療された患者さまの数:188人

脳神経外科・脳卒中センター2013年データ

 

 

サイトマップ




交通アクセスマップ

〒607-8062
京都市山科区音羽珍事町2
075(593)4111(代)

詳しくはこちら


京都府子宮頸がん検診啓発キャンペーン

ページトップ