このページの先頭

洛和会音羽病院

交通アクセス

呼吸器内科 研修医募集

呼吸器科

呼吸器内科・呼吸器外科スタッフと研修医、コメディカルとの親睦会

当科での研修の特色

1. 呼吸器内科として多種多様な疾患の診療(入院・外来)を行えます

呼吸器疾患は、肺がんなどの腫瘍、気管支喘息・COPDなどの気道炎症性疾患、間質性肺炎などのびまん性肺疾患など多岐にわたるため、幅広く実践的な臨床能力が求められ、我々も診療を通して切磋琢磨しています。当院は救急指定病院でもあるため、救急医療が必要な急性期疾患から長期管理が必要な慢性期疾患まで、幅広い症例が経験できます。

後期研修医のうちから外来診療も可能ですので、入院患者を退院後も診療することができます。喘息やCOPDなど外来診療が重要な疾患も、初診時から担当することができます。肺音や身体所見などの基本的な診察から、最先端の医療機器を使った画像検査を駆使し診療を行っています。(⇒ 著書『呼吸器カンファレンス』)

当院では、経験困難な肺移植症例や希少疾患などの知見を深めるため、京都大学医学部附属病院 呼吸器内科のカンファレンスに毎週参加しています(交代制)。近隣施設との合同症例検討会や、近隣開業医の先生方との勉強会を定期的に行い、貴重な症例の共有や地域医療の充実を図っています。

2. 他科・他職種との協力や自由度の高い柔軟な研修で医師としての総合力を上げることが可能です

呼吸器内科・呼吸器外科の枠を超えて、検査・カンファレンス・回診などを共同で行っているため、手術症例でも、担当医として一貫した診断・治療を行うことが可能です。放射線科放射線治療科とも合同のカンファレンスを毎週行っており、画像診断・放射線治療に関してのより深い知識を得ることができます。リハビリテーション科ともカンファレンス・研究などを共同で行っており、呼吸リハビリを含めたリハビリテーションにも力を入れています。

呼吸器内科以外の専門科をローテートし、呼吸器以外の知識を深めることも可能です。総合内科をはじめとする内科各科で内科医として総合的な力を高めることや、ICU・麻酔科などで全身管理を勉強することも可能です。希望があれば、皮膚科整形外科などのローテーションも可能です。院内だけではなく、国内・海外への短期留学(1~6カ月)も行っています。なるべく希望に添った研修ができるよう柔軟に対応しておりますので、希望があればご相談ください。

3. 学会活動・論文執筆などを通じて知識を深めることが可能です

各学会や研究会に参加し、発表も積極的に行っており、発表後の論文の執筆なども精力的に行っております。(⇒ 学術活動)

当科 所長の長坂行雄(元近畿大学堺病院 呼吸器内科 教授)の指導で、呼吸リハビリテーションの分野での臨床研究や肺音研究を行っています。2013(平成25)年11月には、「世界肺音学会」と「肺聴診セミナー」を京都で主催しました。

週間予定

  回診・カンファレンス・検査・手術
月曜日  手術
火曜日

10:00~ 部長回診(土谷医師)

13:30~ 呼吸器内科・呼吸器外科合同カンファレンス

水曜日

9:30~ センター長回診(長坂医師)

手術

17:00~ 抄読会(当番制)

18:00~ リハビリカンファレンス(呼吸器内科・リハビリテーション科)

木曜日

午前…京都大学医学部附属病院 呼吸器内科カンファレンス参加

  (京都大学医学部附属病院にて、交替制)

13:00~ 気管支鏡検査

金曜日

8:30~ 放射線治療カンファレンス

9:30~ 呼吸器病棟カンファレンス
13:00~ 気管支鏡検査
16:30~ 放射線画像診断カンファレンス (呼吸器内科・呼吸器外科・放射線科)
17:30~ 薬剤説明会

18:00~ 科内連絡会

当科での研修で取得可能な資格

  • 日本内科学会認定医、総合内科専門医
  • 日本呼吸器学会専門医
  • 日本アレルギー学会専門医
  • 日本感染症学会専門医
  • 日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医

 

サイトマップ




交通アクセスマップ

〒607-8062
京都市山科区音羽珍事町2
075(593)4111(代)

詳しくはこちら


京都府子宮頸がん検診啓発キャンペーン

ページトップ