このページの先頭

洛和会音羽病院

交通アクセス

呼吸器内科・洛和会京都呼吸器センター

呼吸器科

呼吸器内科は生命の維持に必要な呼吸を行う肺の病気の診断・治療を行う診療科です。

呼吸器の病気では、咳・痰、呼吸困難感などの症状がよく見られますが、症状が無くレントゲン写真で異常が発見されることもあります。

呼吸器疾患には、救急受診が必要な急性疾患から長期療養が必要な慢性疾患まで幅広い疾患が含まれており、救急対応からリハビリテーションまでさまざまな治療を行っております。当科では、呼吸器疾患のなかでも手術の適応とならない疾患を主に診察しておりますが、手術の適応となる患者さまも、内科・外科の枠を超えて検査・カンファレンス・回診などを共同で行っているため、一貫した診断・治療が行えます。

患者さまにご負担・ご迷惑のかからない範囲内で、新たな診断・治療のための臨床試験などへも積極的に参加しております。担当医師からご案内させていただくことがあるかもしれませんので、ご協力をよろしくお願いします。

 

診療内容

検査

レントゲン検査

肺機能検査

CT検査

最新の機器を用いており、放射線の被ばくをより少なく、呼吸を止める時間も少なく行えます。

気管支鏡検査

がんや感染症、間質性肺炎などの疾患の診断のために必要な内視鏡検査です。当院では、安全かつ苦痛が少なく検査できるよう検査中に鎮静薬を使用し、1泊2日の入院で行っております。

簡易アプノモニター

睡眠時無呼吸症候群の検査です。自宅でモニターをつけて一晩寝ていただき、睡眠中の無呼吸がどの程度起こるのか、おおよその判定を行います。

ポリソムノグラフィー(PSG)検査

睡眠時無呼吸症候群の検査です。多数のモニターをつけて寝ていただき、睡眠中の無呼吸の程度だけでなく、睡眠の深さや呼吸努力が無呼吸にどのように関わっているのかを精密に調べる、一泊入院で行う検査です。

対象とする疾患と治療

肺がん

当院は最新の検査機器を備えており、迅速かつ適切な診断を行っております。手術が可能な場合は呼吸器外科と協力し、診断・治療を行います。放射線治療科ともカンファレンスを週に1回行い、放射線による症状緩和・治療など行います。化学療法は入院・外来でも行っており、最新の分子標的薬も含め、患者さまに合わせた適切な治療を行います。つらい症状をとるための緩和医療にも力を入れています。

喘息(ぜんそく)

吸入薬の普及により入院が必要な方は減少していますが、継続的な治療が必要な疾患ですので、近隣の開業医の先生とも協力して治療を行っています。

COPD(肺気腫)

タバコが原因で起こる疾患で、近年増加傾向です。禁煙指導や、吸入薬・感染予防のためのワクチンの投与、筋力維持のためのリハビリテーションを行います。重症度や症状に合わせて在宅酸素療法や在宅人工呼吸管理を行います。

睡眠時無呼吸症候群

無呼吸の程度に応じてCPAP(鼻に装着したマスクによって風圧で喉を広げる方法)を行います。無呼吸の原因によっては、当院の京都口腔健康センターでのマウスピース製作や耳鼻咽喉科での咽頭形成術などの治療をご案内したり、糖尿病・内分泌・生活習慣病センターに紹介したりしています。

肺炎

高齢の患者さまが多く、合併症を併発することも多いため、専門科とも連携を取り、治療を行っています。

間質性肺炎

薬剤や膠原病などさまざまな原因で起こる難病で、診断や治療に難渋することもあります。他院とも積極的に情報交換を行い、適切な治療を行えるようにします。診断のために気管支鏡による肺胞洗浄(BAL)、胸腔鏡下肺生検(VATZ)を行うこともあります。

呼吸器感染症

一般的な肺炎や高齢者に多い誤嚥(ごえん)性肺炎以外にも、結核や非結核性抗酸菌症、肺真菌症などの慢性的な気道感染症の診療を行っています。

 

2014(平成26)年の診療実績

1年間で入院加療された患者さまの数:530人

呼吸器科実績

 

 

サイトマップ




交通アクセスマップ

〒607-8062
京都市山科区音羽珍事町2
075(593)4111(代)

詳しくはこちら


京都府子宮頸がん検診啓発キャンペーン

ページトップ