お電話

メニュー

診療科・部門のご案内

学術活動

2017(平成29)年の業績

誌上発表(原著・論文・単行本など)

学術誌
  1. Toyonaga H, Tsuchiya M, Sakaguchi C, Ajimizu H, Nakanishi Y, Nishiyama S, Morikawa N, Hayashi Y, Nagasaka Y, Yasui H: Pulmonary tumor thrombotic microangiopathy caused by a parotid tumor: early antemortem diagnosis and
    long-term survival. Intern Med 56(1). 67-71. 2017.
  2. Shimoda T, Obase Y, Nagasaka Y, Nakano H, Kishikawa R, Iwanaga T: Lung sound analysis can be an index of the control of bronchial asthma. Allergol Int 66(1) 64-69. 2017.
  3. Shimoda T, Obase Y, Nagasaka Y, Kishikawa R, Mukae H, Iwanaga T: Peripheral bronchial obstruction evaluation in patients with asthma by lung sound analysis and impulse oscillometry. Allergol Int 66(1). 132-138. 2017.
  4. Shimoda T, Obase Y, Nagasaka Y, Nakano H, Kishikawa R, Iwanaga T: Airway inflammation phenotype prediction in asthma patients using lung sound analysis with fractional exhaled nitric oxide. Allergol Int 66(4). 581-585. 2017.
  5. Shimoda T, Obase Y, Nagasaka Y, Nakano H, Ishimatsu A, Kishikawa R, Iwanaga T: Lung sound analysis helps localize airway inflammation in patients with bronchial asthma. J Asthma Allergy 27(10). 99-108. 2017.
  6. Habukawa C, Murakami K, Endoh M, Horii N, Nagasaka Y: Treatment evaluation using lung sound analysis in asthmatic children. Respirology 22(8). 1564-1569. 2017.
  7. Shimoda T, Obase Y, Nagasaka Y, Nakano H, Kishikawa R, Iwanaga T: Lung sound analysis is useful for monitoring therapy in patients with bronchial asthma. J Investig Allergol Clin Immunol 27(4). 246-251. 2017.
  8. Shimoda T, Obase Y, Nagasaka Y, Asai S: Phenotype classification using the combination of lung sound analysis and fractional exhaled nitric oxide for evaluating asthma treatment. Allergol Int Oct 21. pii: S1323-8930(17)30153-3. 2017.
雑誌
  1. 長坂行雄:喘息は肺音でここまでわかる 肺音とは? 肺音と喘息病態.日本小児呼吸器学会雑誌
    28(1). 117-121. 2017.
  2. 西山聖也、土谷美知子、坂口才、味水瞳、中西陽祐、林康之、森川昇、一瀬増太郎、岡本圭伍、
    長坂行雄、安井寛:呼吸器カンファレンス Pulmonary grand round-第32回うふいち会呼吸器症例検討会―亜急性に呼吸困難が増悪した80歳女性.Progress in Medicine 37(2). 269-276. 2017. ライフサイエンス
  3. 中西陽祐、土谷美知子、二宮清:若手医師のための呼吸器診療スキルアップ―苦手意識を克服しよう 治療 薬物療法 呼吸器感染症に対する抗菌薬の使い方.呼吸器ジャーナル65(2). 274-283. 2017. 医学書院
  4. 森川昇:主治医力がさらにアップする!入院患者管理パーフェクトPart2 第3章 病棟で欠かせない基本的手技のコツ 4. 病棟で役に立つ肺エコー.レジデントノート増刊19(14). 116-122. 2017. 羊土社
  5. 長坂行雄:Dr. 長坂の身体所見でアプローチする呼吸器診療・8 肺の聴診 断続性雑音と胸膜摩擦音.呼吸器ジャーナル65(2). 354-359. 2017.
  6. 長坂行雄:Dr. 長坂の身体所見でアプローチする呼吸器診療・9 スターリング曲線とスターリングの式(equation).呼吸器ジャーナル65(3). 518-525. 2017.
  7. 長坂行雄:Dr. 長坂の身体所見でアプローチする呼吸器診療・10 胸部画像と身体所見.呼吸器ジャーナル65(4). 694-700. 2017.
書籍・単行本
  1. 長坂行雄:今日の治療指針2017年版.診療ガイドライン1 喘息予防・管理ガイドライン2015.1792-1801.2017.医学書院

口頭発表(学会発表・シンポジウム・一般演題など)

学会
  1. 青木一晃、土谷美知子、坂口才、味水瞳、中西陽祐、西山聖也、林康之、森川昇、長坂行雄、一瀬増太郎:瘢痕様陰影(scar-like lesion)を呈した肺癌の1例.第215回内科学会近畿地方会.2017.3.25.兵庫
  2. Nagasaka Y, Tsuchiya M, Sakaguchi C, Nakanishi Y, Ajimizu H, Hayashi Y, Morikawa N, Nishiyama S: Auscultation of Asthma: Rumbling Rhonchi Suggest Airway Inflammation. The 57th Annual Meeting of the Japanese Respiratory Society. 2017.4.21. Tokyo
  3. Tsuchiya M, Nagasaka Y, Sakaguchi C, Nakanishi Y, Ajimizu H, Hayashi Y, Morikawa N, Nishiyama S: The Effect of Body Position on the Lung Sounds Intensity in Patients with Interstitial Pneumonia. The 57th Annual Meeting of the Japanese Respiratory Society. 2017.4.23. Tokyo
  4. Nakanishi Y, Tsuchiya M, Nagasaka Y, Sakaguchi C, Ajimizu H, Hayashi Y, Morikawa N, Nishiyama S: The Power Spectrum of Lung Sounds during Acute Exacerbation of Interstitial Pneumonia. The 57th Annual Meeting of the Japanese Respiratory Society. 2017.4.23. Tokyo
  5. 土生川千珠、村上佳津美、長坂行雄:乳幼児気道評価法の新しい展望 吸入ステロイド治療効果判定法の開発.第66回日本アレルギー学会学術集会.2017.6.16.東京
  6. 瀧川萌子、味水瞳、森川昇、中西陽祐、坂口才、一瀬増太郎、土谷美知子、長坂行雄:SCLCによる高度気道狭窄に対し気管支ステント留置を行い救命し得た一例.第106回日本肺癌学会関西支部学術集会.2017.6.24.大阪
  7. 長坂行雄、山崎岳志、倉壮二郎、上羽玲央、伊左治良太、坂口才、土谷美知子:呼吸ケア、リハビリテーションに必要な呼吸状態の観察.日本呼吸ケア・リハビリテーション学会第3回近畿支部学術集会.2017.6.27.大阪
  8. 山崎岳志、倉壮二郎、上羽玲央、伊左治良太、坂口才、土谷美知子、長坂行雄:腰痛による呼吸困難感がリハビリの介入によって改善した一症例.日本呼吸ケア・リハビリテーション学会第3回近畿支部学術集会.2017.6.24.大阪
  9. 山野隆史、坂口才、森川昇、味水瞳、中西陽祐、土谷美知子、一瀬増太郎、長坂行雄:気管支異物による膿胸の一例.第89回 日本呼吸器学会近畿地方会.2017.7.8.大阪
  10. Tsuchiya M, Nagasaka Y, Sakaguchi C, Ajimizu H, Nakanishi Y, Morikawa N: Comparing lung sounds intensity betweeen sitting, supine and prone position in patients with interstitial pneumonia. the 42nd annual conference of International Lung Sounds Association. 2017.9.15. Norway
  11. Tsuchiya M, Nagasaka Y, Sakaguchi C, Ajimizu H, Nakanishi Y, Morikawa N: Michiko Tsuchiya: Lung sounds of patients with interstitial pneumonia in left and right lateral decubitus position. the 42nd annual conference of International Lung Sounds Association. 2017.9.15. Norway
  12. Nagasaka Y, Tsuchiya M, Sakaguchi C, Ajimizu H, Nakanishi Y, Morikawa N: Rumbling rhonchi in bronchial asthma: Their relationship to airway inflammation. the 42nd annual conference of International Lung Sounds Association. 2017.9.15. Norway
  13. Nagasaka Y, Tsuchiya M, Sakaguchi C, Ajimizu H, Nakanishi Y, Morikawa N: Making an illustated lung auscultation guide book for nurses: are these illustrations appropriate? the 42nd annual conference of International Lung Sounds Association. 2017.9.15. Norway
  14. 大國晧平、土谷美知子、坂口才、味水瞳、中西陽祐、森川昇、長坂行雄:IgG4関連肺疾患が疑われた若年女性の1例.第43回京都医学会.2017.9.24.京都
  15. 味水瞳、坂口 才、森川 昇、中西 陽祐、土谷 美知子、長坂 行雄:当院における進行・再発非小細胞癌に対する免疫チェックポイント阻害剤の使用経験.第58回日本肺癌学会学術集会.2017.10.15.神奈川
  16. 土生川千珠、村上佳津美、長坂行雄:在宅用喘鳴自動検出器の開発.第54回日本小児アレルギー学会学術集会.2017.11.18.栃木
  17. 山崎岳志、倉壮二郎、上羽玲央、伊左治良太、坂口才、土谷美知子、長坂行雄:COPDの6分間歩行試験における完歩と非完歩の性差による特徴.第27回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会.2017.11.27.宮城
  18. 倉壮二郎、上羽玲央、山崎岳志、伊左治良太、坂口才、土谷美知子、長坂行雄:間質性肺炎患者におけるサルコペニアが6分間歩行試験に及ぼす影響.第27回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会.2017.11.27.宮城
  19. 大國皓平、中西陽祐、土谷美知子、坂口才、味水瞳、森川昇、長坂行雄:びまん性陰影を認めたIgG4関連肺疾患と考えられる一例.第90回日本呼吸器学会近畿地方会.2017.12.16.大阪
  20. 森川昇、中西陽祐、味水瞳、坂口才、土谷美知子、長坂行雄、一瀬増太郎、上田桂子:特発性肺線維症急性増悪(AE-IPF)で急性期のみのステロイドとニンテタニブ急性期導入で奏功した1例:第90回日本呼吸器学会近畿地方会.2017.12.16.大阪
  21. 山崎岳志、應地隆明、上羽玲央、倉壮二郎、井上実緒、坂口才、土谷美知子、長坂 行雄:COPD に対し外来呼吸リハビリテーションが自覚症状の改善に有効であった一例.第90回日本呼吸器学会近畿地方会.2017.12.16.大阪
  22. 味水瞳、森川昇、中西陽祐、坂口才、土谷美知子、長坂行雄:悪性高血圧により肺胞出血をきたした一例:第90回日本呼吸器学会近畿地方会.2017.12.16.大阪
研究会
  1. 味水瞳、土谷美知子、西山聖也、森川昇、林康之、中西陽祐、坂口才、長坂行雄、岡本圭伍、一瀬増太郎、浦崎晃司、安井寛、北市正則:画像上NSIPパターンを示し、組織学的には生検で類上皮細胞肉芽腫を認めた一例.第146回びまん性肺疾患研究会.2017.1.28.大阪
  2. 青木 一晃、土谷 美知子、坂口 才、味水 瞳、中西 陽祐、西山 聖也、林 康之、森川 昇、長坂 行雄、岡本圭伍、一瀬 増太郎:瘢痕様陰影(scar-like lesion)を呈した肺癌の1例.第57回京都呼吸器研究会.2017.3.2.京都
  3. 土谷美知子、坂口才、味水瞳、中西陽祐、西山聖也、林康之、森川昇、長坂行雄:間質性肺炎患者の体位が肺音に及ぼす影響.第25回バイオフィジオロジー研究会.2017.3.17.京都
  4. 味水瞳:咳と血痰で来院した一例.第33回うふいち会.2017.4.22.東京
  5. 中西陽祐:EGFR陽性肺腺癌から小細胞肺癌へ形質転換を生じた2例.肺がん診療討論会.2017.5.26.京都
  6. 坂口才:EGFR陽性肺癌における脳転移の当院での現状.第39回京滋肺癌研究会.2017.7.7.京都
  7. 森川昇:当院でのCPFE(Combined pulmonary fibrosis with emphysema)における肺高血圧症の検討.第5回京都膠原病と肺循環研究会.2017.9.22.京都
  8. 長坂行雄、土谷美知子、坂口才、中西陽祐、森川昇、味水瞳:気管支喘息における吸気ランブル(inspiratory rumble)の検討.第42回肺音(呼吸音)研究会.2017.11.12.東京
  9. 土谷美知子、長坂行雄、坂口才、味水瞳、中西陽祐、森川昇:間質性肺炎におけるクラックルの体位による影響 1.座位、背臥位、腹臥位 2.側臥位.第42回肺音(呼吸音)研究会.2017.11.12.東京

そのほか(講義・テレビ出演など)

  1. 長坂行雄:聴診.京都呼吸ケア研究会呼吸ケア研修会.2017.2.18.京都
  2. 長坂行雄:すぐに使える呼吸器の身体所見.Respiratory Education Meeting(REM).2017.2.21.大阪
  3. 土谷美知子:当院における喘息患者へのスピリーバ使用経験.第3回京都呼吸器セミナー.2017.2.23.京都
  4. 長坂行雄:教育講演 聴診:肺音発生のメカニズムと意味.第104回日本呼吸器学会東北地方会.2017.3.4.仙台
  5. 長坂行雄:吸入療法の指導.第4回ともに学ぼう吸入薬物療法.2017.3.30.京都
  6. 長坂行雄:症状よりみる呼吸ケア.第14回呼吸ケアカンファレンス プライマリーコース.2017.4.21.東京
  7. 長坂行雄:聴診.第14回呼吸ケアカンファレンス 理学療法の実習1.2017.4.21.東京
  8. 長坂行雄:教育講演13 肺聴診のサイエンス.第57回日本呼吸器学会学術講演会.2017.4.22.東京
  9. 長坂行雄:咳の診療で使える呼吸音(肺音)の話‐とくに喘息とCOPDについて-. 解決コンコン懇話会.2017.4.27.京都
  10. 土谷美知子:間質性肺炎 見逃してませんか?京都北部呼吸器セミナー.2017.5.11.京都
  11. 坂口才:各施設における転移性脳腫瘍の治療形態.京都肺癌ミーティング.2017.5.11.京都
  12. 長坂行雄:日常診療で役立つ呼吸器の聴診と身体所見.伏見呼吸器研究会学術講演会.2017.5.13.京都
  13. 長坂行雄:画像と身体所見で診る呼吸器症例.平成29年度名古屋市立大学大学院医学研究科呼吸器・免疫アレルギー内科学、血液腫瘍内科学合同集談会.2017.6.3.愛知
  14. 長坂行雄:呼吸と健康~長寿の秘訣~.平成29年度市民福祉講座(八幡市).2017.9.23.京都
  15. 土谷美知子:IPFの治療について~抗線維化薬に期待するもの.オフェブカプセル WEB Conference idiopathic Pulmonary Fibrosis(特発性肺線維症)~臨床における診断と治療~.2017.10.12.京都
  16. 長坂行雄:咳の診療で使える呼吸音(肺音)の話.解決コンコン懇話会in 湖北.2017.11.2.滋賀
  17. 土谷美知子:“老け込まない”を目指すCOPD治療.高齢化を見据えたCOPD治療を考える会.2017.11.2.滋賀
  18. 坂口才:脳転移治療の実際.第2回京都肺癌ミーティング.2017.11.2.京都
  19. 長坂行雄:呼吸器疾患における身体所見~聴いて、視て、触って~.第2回田園調布呼吸器勉強会.2017.11.24.東京

〒607-8062
京都市山科区音羽珍事町2



  • 075(593)4111
  • 外来受付時間

    午前8時20分~正午
    午後1時~午後3時30分※診療科により受付時間が一部異なります。

    詳細
  • 面会時間

    午前8時~午後9時30分

    詳細

介護タクシー

介護用品レンタル