このページの先頭

洛和会音羽病院

交通アクセス

肺がんの診断から治療まで

日本における死因の第1位は「がん」(全体の約30%)です。なかでも臓器別のがんの死亡率で「肺がん」は第1位で、男女とも増加傾向にあります。

肺がんの種類

肺がんには、肺から発生したがん(原発性肺がん)と、乳がんや大腸がんなどほかの臓器に発生したがんが肺に転移したもの(転移性肺腫瘍)があります。一般に肺がんとは、原発性肺がんのことをいいます。肺がんは、組織所見により「腺がん」「扁平(へんぺい)上皮がん」「大細胞がん」「小細胞がん」などに分かれます。

 

肺がんの検査

画像検査

胸部X線検査は、異常な影を見つけることができる比較的簡便な検査です。半面、ある程度大きな腫瘍でないと見つけにくい、死角になる部分が存在するなどの欠点があります。胸部CT検査は、死角になる部分が少なく、淡い陰影や小型病変も発見可能なので、病変の存在診断には最も有効な検査方法です。

 

PET検査

PET検査は、陽電子放射断層撮影(PET)装置を用いた検査です。がん細胞はブドウ糖を多く取り込む性質があり、ブドウ糖に微量の放射性物質を混ぜた薬剤を注射して断層撮影することで、がんの診断や病気の広がりを診断することができます。がんの発見には有効な検査方法ですが、京都ではまだ数少ない病院でしか導入されていません。

 

内視鏡検査

肺がんの診断をするためには細胞や組織を取ることが必要ですが、その方法の一つに、細くて柔らかい内視鏡を口や鼻から気管支に挿入し、細胞や組織を取って調べる気管支鏡検査があります。麻酔が十分でないと苦しい検査なので、当院では1泊入院をしていただき、十分な麻酔をしたうえで、眠っている間に検査が終了するようにしています。内視鏡検査にはこのほか、胸腔鏡を用いて胸腔内や肺表面の観察や生体検査を行う胸腔鏡検査があります。

 

病理診断とは

病理診断とは、画像診断で胸部異常影を認める部位から細胞や組織を採取し、それを顕微鏡で見て、がんかどうかを診断することです。がんの確定診断には、原則として病理診断が必要です。

 

肺がんの治療法

肺がんに対する有効な治療法は、手術、放射線療法、化学療法の3つです。病気の種類や進行の程度により、この3つを単独で行ったり、組み合わせたりして治療を行います。

 

手術

切除可能な状況であれば、最も治癒の可能性が高い治療法です。できるだけ、「肺葉切除」などの標準手術を行いますが、肺機能が悪い場合は、患者さまの状態に合わせて「区域切除」や「部分切除」などの縮小手術を行うことがあります。

※以下の画像はクリックすると大きいサイズで見ることができます。

 

 

当院では、患者さまの体の負担を少なくするために、最新のハイビジョン内視鏡手術システムを用いた胸腔鏡下手術で肺がんの外科治療を行っています。

 

 

手術による主な合併症には、出血や空気漏れ、肺炎などがあります。手術による死亡率は全国平均で1~2%です。

ただ、喫煙者の場合、肺機能の低下により手術そのものができなかったり、術後に重い合併症が起きる可能性が高くなります。禁煙は手術の成功のために大変重要です。

 

放射線療法

がんが局所にとどまっている場合には、手術に次いで有効な治療法です。治癒が望みにくい状況でも、症状緩和などに有効です。放射線療法は、放射線を照射した部位にしか効果がありませんが、体への負担が比較的小さいため、治癒だけでなく疼痛管理(痛みを抑える)などにも使用されます。

放射線療法の副作用としては、放射線による一種のやけどのような炎症症状(食道炎、肺臓炎、皮膚炎)が現れますが、副作用軽減の技術も進んでいます。

 

科学療法

科学療法は、生存期間の延長や生活の質(QOL)の改善を目的として行われます。化学物質を基にした薬剤で、がん細胞のDNA合成に必要な代謝物やDNA合成を直接阻害するなどして、がん細胞を減少させる治療法です。

抗がん剤が肺がんに対して医学的に「有効である」とは、がんの大きさが半分以下に縮小し、その状態が4週間以上続くことをいいます。一般に考えられている「がんが治る」とは少し違います。

 

おわりに

当院には、肺がんの診断と治療に必要なものが全て整っています。専門の呼吸器内科医や呼吸器外科医たちが、最新鋭の医療機器(ハイビジョン内視鏡手術システム、マルチスライスCTやPET-CT、放射線治療のリニアックなど)を活用しながら、患者さまの負担ができるだけ少ない方法で肺がんの治療を行っています。

 

サイトマップ




交通アクセスマップ

〒607-8062
京都市山科区音羽珍事町2
075(593)4111(代)

詳しくはこちら


京都府子宮頸がん検診啓発キャンペーン

ページトップ