出産について

費用

出産費用は、全額自己負担になりますが、異常妊娠・異常分娩の場合は、一部保険扱いとなります。お支払いは、退院時にご精算ください。

分娩費用(7日間入院の場合):52万円~55万円

※時間外、休日や異常分娩、入院日数・室料などにより、料金が異なることがあります。詳しくは、お問い合わせください。
※上記の分娩費用に個室の部屋代は含まれておりません。

出産後の個室利用について

出産から6日間に限り、1,080円/1日で個室をご利用いただくことができます。
※部屋の空き状況も含め、ご利用には条件がございますので、病棟スタッフまでお問い合わせください。

出産で受けられる補助について

出産育児一時金

当院では、国の制度である「出産育児一時金等の医療機関等への直接支払制度」(平成21年10月1日より開始)をご利用いただくことができます。
詳しくは厚生労働省のホームページをご覧ください。

出産育児一時金の支給額・支払方法について/厚生労働省(外部サイト)

高額療養費について

帝王切開での出産を予定されている方は、加入されている保険会社から「限度額適用認定証」を入手し、事前にご提示いただければ、退院時の窓口支払いが減額されることがあります。
詳しくは厚生労働省のホームページをご覧ください。

高額療養費制度を利用される皆さまへ/厚生労働省(外部サイト)

産科医療補償制度について

洛和会音羽病院は、平成21年1月1日以降の分娩に適応される「産科医療補償制度」に加入いたしました。
産科医療補償制度とは、出産時に重度の脳性麻痺となった赤ちゃんとご家族の支援に加え、その原因分析・再発防止の機能を併せ持つ補償制度で、国の主導により新しく創設されました。
詳しくは日本医療機能評価機構のホームページをご覧ください。

産科医療補償制度/日本医療機能評価機構(外部サイト)