このページの先頭

洛和会音羽病院

交通アクセス

リウマチ科

リウマチ科 医長 山口

診療内容

リウマチ科では、関節リウマチだけでなく、膠原(こうげん)病の早期診断・治療にも力を入れています。膠原病は、関節の痛みだけでなく、さまざまな全身の症状を引き起こします。膠原病の診療では、専門医による早期診断と、臓器障害に応じてほかの専門科とも連携し、適切な治療選択をすることが重要です。
当科では、リウマチ専門医が、関節リウマチや膠原病を早期に診断し、多くの専門家と連携して診療を行っています。下記のような症状のある方は、関節リウマチや膠原病が疑われますので、ぜひ当科を受診してください。

 

関節リウマチや膠原病が疑われる症状
  • 手がこわばる
  • 口が渇く
  • 手足に力が入りにくい
  • 疲れやすい
  • 体重が減少する
  • 皮膚に赤色や紫色の斑点ができる

 

  • 顔や足がむくむ
  • 目がコロコロする(乾燥する)
  • 関節が痛い
  • 微熱が続く
  • 寒いところに行くと手指が白から紫色になる
  • 手や腕の皮膚が硬くなる など

 

 

ひとこと

皆さまは関節に痛みを感じることがありませんか? 関節リウマチは、手足の関節が痛むことでよく知られており、多くの膠原病でも関節が痛くなることがあります。

関節リウマチは、体の免疫反応が手足の関節を攻撃し、関節の痛みや変形が起きる病気です。いったん関節リウマチになると治りにくいとされていましたが、最近では、関節の破壊・変形を予防することができるようになってきています。特に、生物学的製剤と呼ばれる薬は、関節の破壊を予防するばかりでなく、壊れた関節を修復するほど治療効果が高いことが示されています。

関節リウマチ治療の重要な点は、早期発見と適切な治療です。関節リウマチではないかと思われる方は、早めに当科を受診してください。

 

サイトマップ




交通アクセスマップ

〒607-8062
京都市山科区音羽珍事町2
075(593)4111(代)

詳しくはこちら


京都府子宮頸がん検診啓発キャンペーン

ページトップ