このページの先頭

洛和会音羽病院

交通アクセス

骨盤臓器脱・排尿障害外来

 

団塊の世代が60歳代後半を迎え、いわゆる高齢者といわれる人口が爆発的に増加してきています。女性では50歳前後の閉経を機に卵巣ホルモンの欠如から、骨盤臓器を支持する靭帯の脆弱化が起こります。特に出産を経験した女性に、骨盤内臓器の下垂や脱出に悩まされている方が増えています。
骨盤臓器脱、代表的には子宮脱ですが、この疾患は以前より、“なすび”と呼ばれ、一般的にもよく知られている疾患です。しかしながら、生命を脅かす疾患でないことと、羞恥心から男性医師の多い産婦人科では受診しにくいといったこともあるため、その潜在的患者数は予想以上に多いのではないかと思われます。骨盤の臓器が下垂してくると、これに伴う不快感のみならず、物理的な尿路の位置の変化による排尿障害を伴うことが多くなります。

外陰部の違和感や排尿障害など、骨盤臓器脱や下垂の症状でお悩みの方は、同世代の女性医師が診察しますので、恥ずかしがることなく、気軽に外来を受診してご相談ください。

骨盤臓器脱の治療法

骨盤臓器脱の治療法は大きくは2つに分けられ、装具を用いた保存的治療根治をめざす手術療法があります。

保存的療法

膣内にペッサリーと呼ばれるシリコン製の直径5~10cmのリング状の装具を挿入し、下降してきている臓器の挙上(きょじょう)を図るというものと、フェミクッションと呼ばれる下着状のサポーターで、臓器が骨盤外に下降することを防ぐという2通りの方法があります。いずれも生活の質という点において手術療法には劣りますが、何らかの事情による手術待機の間、あるいは患者さまの体調が悪く麻酔や手術が困難な場合に、手術の代替治療として活用されています。
ただし、ペッサリーリング留置では、長期間放置することによって、稀ではありますが直腸膣瘻(ちょくちょうちつろう)などの重篤な合併症が発症することがあります。そのため、治療の前に患者さまに対して十分に説明を行ったうえで、最低6カ月に1回程度は膣洗浄と装具の位置確認のために通院していただく必要があります。 

手術療法

骨盤底で臓器の骨盤外へ脱出を支えているのは、主に膀胱と子宮の間にある恥骨頸部筋膜と後方の直腸膣筋膜という薄い膜状の組織です。このため、骨盤臓器脱の主因は、これら筋膜の損傷と考えられています。
今までは、脆弱化した筋膜を折りたたむなどして筋膜損傷部位の修復、補強を図る手術が行われてきましたが、再発率が30~50%と高いことが問題視されてきました。これに対して筋膜全体をポリプロピレン・メッシュに代行させるTVM手術が開発されました。この方法により術後の再発率は低く抑えられるようになりましたが、盲目的な手術操作が必要とされることや、体内への異物留置によるさまざまなトラブルが発生したため、米国FDA(食品医薬品局)は2度にわたる警告を発し、現在我が国の輸入業者も取り扱いから撤退するという事態に至っています。
こういったことを踏まえて、近年、従来の自らの組織を用いた修復法に工夫を加えた新しい筋膜再建術が考案されており、再発率においてはTVMに勝るとも劣らない成績を残しています。術後合併症の少なさを考えると、これからの治療の主流となると考えられ、当院でもこの方法論を採用し、安全かつ確実な手術療法として骨盤臓器脱に悩む多くの女性たちの生活の質改善に役立つことができれば、と考えています。

担当医師

横田医師当院では、上記の手術療法の開発者から直接指導を受けた横田医師が、全く同じ術式で行っています。

 

副部長

横田 浩美(よこた ひろみ)

 

専門分野

周産期、腫瘍、更年期、思春期

専門医認定・資格など

日本産婦人科学会産婦人科専門医
母体保護法指定医
臨床遺伝専門医
日本周産期・新生児医学会認定 新生児蘇生法「専門」コース インストラクター
FMF NT資格

 

 

サイトマップ




交通アクセスマップ

〒607-8062
京都市山科区音羽珍事町2
075(593)4111(代)

詳しくはこちら


京都府子宮頸がん検診啓発キャンペーン

ページトップ