お電話

メニュー

診療科・部門のご案内

変形性脊椎症

変形性脊椎症

椎間板の変性(老化現象)により、脊椎が変形する病気です。椎間板がつぶれて狭くなり、椎間関節も変形します。脊椎の変形により神経が圧迫されると、足のしびれや痛みなどの症状が現れ、腰痛、臀部痛、大腿前面の痛み、下肢のしびれ、坐骨神経痛、脊柱管狭窄(きょうさく)症の症状などが生じます。

※ページ内の画像は全てクリックすると拡大されます。

  • 変形性脊椎症

腰椎変性側弯症症例(77歳女性)

症状:高度の変性側弯により体が左に傾いて支えられなくなり、強い腰痛と下肢痛のため、歩行が困難となっていました。

  • 腰椎変性側弯症 症例
  • 腰椎変性側弯症 症例

第1/2、2/3、3/4、4/5腰椎椎体間固定と第10胸椎から仙骨の固定手術を行い、歩行が可能になりました。

  • 腰椎変性側弯症 症例
  • 腰椎変性側弯症 症例

〒607-8062
京都市山科区音羽珍事町2



  • 075(593)4111
  • 外来受付時間

    午前8時20分~正午
    午後1時~午後3時30分※診療科により受付時間が一部異なります。

    詳細
  • 面会時間

    午前8時~午後9時30分

    詳細

介護タクシー

介護用品レンタル