お電話

メニュー

診療科・部門のご案内

頸椎後縦靭帯骨化症

頸椎後縦靭帯骨化症

後縦靭帯が肥厚、骨化し、脊髄症、神経根症、頸部痛、頸椎可動域制限などの臨床症状が生じる病気です。原因不明で重篤な障害を引き起こします。

脊髄の圧迫による麻痺(まひ)症状
  • 手指のしびれ、痛み、感覚鈍麻(どんま)
  • 手指の巧緻(こうち)運動障害(箸が使いにくい、書字困難、ボタンが掛けにくい)
  • 下肢の痙性麻痺による歩行障害(速歩困難、転倒)
  • 膀胱症状(頻尿、排尿遅延、尿勢低下、残尿感)

静的因子(靭帯骨化による物理的圧迫)と動的因子(脊髄の異常な動き)により、脊髄および神経根が障害されます。
東南アジアに多く(欧米の約10倍)、有病推定率は人口10万人に対し6.33人であり、1975年に厚生省の特定疾患に指定されました。

※ページ内の画像は全てクリックすると拡大されます。

  • 頸椎後縦靭帯骨化症

頸椎椎体亜全摘前方除圧固定術

  • 頸椎椎体亜全摘前方除圧固定術
  • 頸椎椎体亜全摘前方除圧固定術
  • 頸椎椎体亜全摘前方除圧固定術

前方より椎間板、椎体を削開し、骨化巣を摘出あるいは前方に移動させて、脊髄の除圧をします。腸骨あるいは腓骨を移植して、固定します。

頸椎後縦靭帯骨化症症例(68歳男性)

  • 症状:四肢のしびれ感、手指巧緻運動障害、歩行障害
  • 糖尿病を合併
  • 頸椎後縦靭帯骨化症 症例

    術前MRI

  • 頸椎後縦靭帯骨化症 症例

    (左)術前側面レントゲン (右)CT

第4・5・6頸椎亜全摘前方除圧固定術

第4・5・6頸椎前方除圧固定術により脊髄の圧迫を取り除き、症状は著明に改善しました。

  • 第4・5・6頸椎亜全摘前方除圧固定術
    術後MRI
  • 第4・5・6頸椎亜全摘前方除圧固定術
    術後正面レントゲン
  • 第4・5・6頸椎亜全摘前方除圧固定術
    (左)術前側面レントゲン (右)CT

混合型後縦靭帯骨化症症例(62歳女性)

  • 症状:頸部痛、左手足のしびれ、脱力感、痙性不全麻痺
  • 多椎間に広範な後縦靭帯骨化巣を認めました。
    第2頸椎~第5頸椎、第7頸椎~第1胸椎、第2/3胸椎、第4/5胸椎、第6~7胸椎に骨化巣
  • 混合型後縦靭帯骨化症 症例

第1頸椎後弓切除、第2頸椎〜第8胸椎椎弓形成術

第1頸椎から第8胸椎まで広範に後方から除圧することにより、症状は改善しました。

  • 第1頸椎後弓切除、第2頸椎〜第8胸椎椎弓形成術
  • 第1頸椎後弓切除、第2頸椎〜第8胸椎椎弓形成術
  • 第1頸椎後弓切除、第2頸椎〜第8胸椎椎弓形成術

〒607-8062
京都市山科区音羽珍事町2



  • 075(593)4111
  • 外来受付時間

    午前8時20分~正午
    午後1時~午後3時30分※診療科により受付時間が一部異なります。

    詳細
  • 面会時間

    午前8時~午後9時30分

    詳細

介護タクシー

介護用品レンタル