お電話

メニュー

診療科・部門のご案内

閉塞性動脈硬化症の治療

閉塞性動脈硬化症(ASO)は、手や足の血管の動脈硬化により、狭窄(きょうさく:血管が狭くなる)や閉塞(へいそく:血管が詰まる)を起こして、血液の流れが悪くなり、手先や足先へ栄養や酸素を十分に送り届けることができなくなる病気で、手足(特に足)にさまざまな障害が現れます。

閉塞性動脈硬化症による手足の障害

ASO治療の基本は、まず、運動療法と薬物療法で、適度な歩行運動を行うことと血液をサラサラに保つことが重要です。内服薬には、本来の動脈経路以外にも、側副血行路という血液の脇道を発達させる作用のあるものもあり、外来ではそれらを組み合わせて処方し、運動療法のコツを御伝授しています。また、古来、炭酸泉浴がASOに効果があると知られており、外来では、日々これを続けられるよう、その場を提供しています。
しかし、ASOが進行すると、積極的治療が必要になります。積極的治療とは、カテーテル治療(バルーン治療やステント術)や外科的バイパス術(※)のことです。

※バイパス術とは、流れが悪くなっている血管に別の血管(グラフト血管)をつなげて、血液の通り道を作る手術です。

大動脈-膝窩動脈間バイパス術大動脈-膝窩動脈間バイパス術

外科的バイパス術は、一般には膝から上の手術に限られていますが、当院では、膝関節より下の下腿小動脈に対しての特殊なバイパス術(BKバイパス)も積極的に施行しています。自家静脈の弁を切除し、そのままの状態で動脈にバイパスを架けるin situ vein bypassという方法をとり、良好な結果を収めております。
ASOはLDLコレステロール(悪玉コレステロール)との関係が深く、これを十分にコントロールする必要があります。その方法として、当院ではLDLアフェレーシスを行っています。これは、悪玉コレステロールを取り除くだけでなく、新しい血管の形成に効果があることも知られており、これまで治療不可能といわれていた患者さまへの新しい治療の切り札となる可能性があります。重症ASOであるにも関わらず積極的治療を行えない方には、アフェレーシスと炭酸泉浴を用いたフットケア、リハビリテーションによる治療で、治りにくい皮膚潰瘍も完治することが可能です。


〒607-8062
京都市山科区音羽珍事町2



  • 075(593)4111
  • 外来受付時間

    午前8時20分~正午
    午後1時~午後3時30分※診療科により受付時間が一部異なります。

    詳細
  • 面会時間

    午前8時~午後9時30分

    詳細

介護タクシー

介護用品レンタル