お電話

メニュー

診療科・部門のご案内

神経内科

和田 裕子部長
和田 裕子

 「神経内科って、一体どんな病気でかかればよいの?」と、思われている方がまだまだ多いと思います。ズバリ、その名のとおり、「脳」「脊髄」「手足の先の末梢神経や筋」まで、多岐にわたる病気を診断、治療させていただいております。基幹病院として質の高い診断や治療を行い、地域の皆さんのために貢献できますように努力していきます。


外来担当医

神経内科 ※午前は全て[物忘れ外来]併診

*…女性医師

 
午前 1診 和田裕子* 和田裕子* 小澤恭子*
[神経難病
外来併診]
後藤和也 木下智晴
2診 平山典宏
(再診のみ)
木下智晴
(再診のみ)
猪野正志
(再診のみ)
大井由貴
(再診のみ)
後藤和也
(再診のみ)
3診 猪野正志
(再診のみ)
平山典宏
(再診のみ)
    和田裕子*
[MCI外来]
(完全予約制)
午後 1診   木下智晴
(再診のみ)
(完全予約制)
小澤恭子*
[神経難病
外来併診]
(完全予約制)
  木下智晴
(再診のみ)
(完全予約制)
2診     猪野正志
(再診のみ)
(完全予約制)
   

神経内科とは?

神経内科は、主に脳や神経、筋の器質的障害を診る専門診療科で、欧米では、Neurology(神経科)と呼ぶのが一般的です。難しそうですが、実際には、頭痛やめまい、手足のしびれ、ふるえ、こわばり、ふらつき、物忘れなど、日常で起こる、ごくありふれた症状が対象となります。
病気としては、脳血管障害(脳卒中)、認知症、パーキンソン病、脊髄小脳変性症など、数々の神経難病、重症筋無力症、多発性硬化症などの免疫性神経疾患、髄膜脳炎、てんかん、末梢神経・筋疾患などを扱っており、それらをきちんと診断、治療するのが使命といえます。
高齢化に伴い、対象の方々が急速に増加している分野です。

脳卒中の診療

急性期から、回復リハビリテーション、在宅・社会復帰までの一貫した流れ

2005(平成17)年より発足した脳卒中センターでは、当院の救命救急センター・京都ERと連動して脳卒中学会ガイドラインに準拠した急性期脳卒中の診療を、24時間対応(脳神経外科との協力による急性期脳卒中チーム)で行っています。充実した診断器機(MRI、CT、血管エコー、脳血流SPECT、脳血管撮影など)による検査を、必要に応じ、来院時すぐに施行し、正確な診断のうえ、最適な治療を選択し、開始します。話題の超急性期脳梗塞(発症3時間以内)に対するtPA療法(血栓溶解療法の一つ)にも対応しています。
脳卒中クリニカルパスを積極的に運用し、急性期から慢性期へ、一貫した質の高い脳卒中チーム医療が可能となっています。同時にリハビリテーションセンターと連携し、ベッドサイドの早期リハビリから「回復期リハビリ」、在宅訪問リハビリまで、患者さんの状態に応じて充実したリハビリ治療が提供されます。
京都府東部地域のみならず、滋賀県を含む広い地域の脳卒中診療のレベルアップに貢献したいと考えています。

認知症 ―最適な医療介護を求めて

認知症に関して、洛和会ヘルスケアシステムでは、さまざまな医療、介護の取り組み(認知疾患治療病棟、グループホーム、通所介護など)を積極的に行っています。そのなかで神経内科は、診断面での中心的役割を果たしています。
「物忘れ・認知症外来」では、対象の方々をきちんと診断、評価し、ご家族とも相談のうえ、早期に適切な医療・介護を利用していただくよう努めています。また、介護者のサポートを心掛けています。必要に応じ、「認知症評価入院」も行っており、精神科と協力のもと、認知症治療病棟での治療導入も行っています。新薬による治療も、洛和会京都新薬開発支援センターと協力し、積極的に導入しています。

緊急・重症神経疾患への対応

薬物中毒、肝性脳症など中毒性、代謝性脳症や、ギラン・バレー症候群、重症筋無力症など急速に進行する免疫性神経疾患に対しては、免疫グロブリン療法、ステロイドパルス療法などに加え、厳重なICU管理のもと、当院のアフェレシス部門(腎臓内科)で、緊急の血液浄化療法がいつでも可能となっています。

神経難病の診断・治療・在宅サポート

パーキンソン病、脊髄小脳変性症、筋萎縮性側索硬化症、多発性硬化症などの正確な診断治療、臨床治験を含む新しい治療の試み、地域における在宅療養、リハビリのサポートなどを、他科・他施設とも協力して行っています。

専門外来

  • 神経難病外来:水曜日 午前・午後
  • 物忘れ(高次脳)・認知症外来
    初診: 随時

専門外来初診の方は神経内科外来に電話でお問い合わせください。
外来のご案内外来担当医一覧もあわせてご覧ください。

2017(平成29)年の診療実績

診療件数

  • 脳梗塞:255件
    うちtPA施行 : 14件
  • 一過性脳虚血発作:10件
  • パーキンソン病と関連疾患:25件
  • けいれん発作:24件
  • 末梢(まっしょう)神経障害:10件
  • 多発性硬化症:6件
  • 髄膜炎:6件
  • 認知症疾患:4件
  • 運動ニューロン疾患:3件
  • 重症筋無力症:3件
  • そのほか:49件

1年間で入院加療された患者さんの数:395人

1年間で入院加療された患者さんの数:356人

〒607-8062
京都市山科区音羽珍事町2



  • 075(593)4111
  • 外来受付時間

    午前8時20分~正午
    午後1時~午後3時30分※診療科により受付時間が一部異なります。

    詳細
  • 面会時間

    午前8時~午後9時30分

    詳細

介護タクシー

介護用品レンタル